79件中 41 - 50件表示
  • 経済産業省

    経済産業省から見た財政投融資

    前身の通商産業省は、かつては日本経済ないし「日本株式会社」の総司令塔として高度経済成長の牽引役とされ、海外でも「Notorious MITI」(ノートリアス・ミティ、悪名高い通産省)ないし「Mighty MITI」(マイティ・ミティ、力強い通産省)と呼ばれ、その名は日本官僚の優秀さの代名詞として広く轟いていた。 その持てる許認可や行政指導をあまねく駆使し、さらに政府系金融の割り当て融資(財政投融資)、予算手当て、補助金などを力の源泉として主に産業政策を掌り、のみならず通商や貿易、技術革新に応じた科学技術開発に加え、特許、エネルギー政策、中小企業政策など幅広い権限を保持した。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た福島第一原子力発電所事故

    福島第一原子力発電所事故以降、経済産業省と電力会社の天下り問題が監督官庁である経産省の原子力発電所の安全基準のチェックを甘くさせる構造として批判が集まった。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見たアドバルーン

    しかし日本の高度成長期が終わると、幅広い権限を保持する割に他の省庁に比して許認可行政や補助金行政ができないことから、この省では否応なしに単発の政策アイディアで勝負せざるを得なくなってきている。毎年五月六月頃から様々な新政策のアドバルーンを打ち上げてくる。このため、財務省が財政ないし予算査定、税制を通して、依然として広く政策決定に関与する「総合官庁」であるのに対して、経済産業省はほとんどの産業を所管する「行政のデパート」であるにしても「限定された総合官庁」であるとも評されている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た水資源機構

    水資源機構(水路事業部の事業を農林水産省・厚生労働省・国土交通省と共に所管する)経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た中小企業金融公庫

    旧・日本開発銀行・旧・中小企業金融公庫(輸銀と共に「体制金融」を担った通産省関連財投機関)経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た沖縄総合事務局

    ※九州経済産業局の管轄に沖縄県は含まれない(内閣府の地方支分部局である沖縄総合事務局経済産業部が担当する)。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た臨時教育審議会

    天谷直弘 - 臨時教育審議会第一部長、電通総研所長経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た特許庁

    発足当時は資源庁、工業技術庁、特許庁、中小企業庁の4つの外局があったが、1952年(昭和27年)に組織改革が行われ、外局は特許庁と中小企業庁の2つになった。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た産業

    民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展、並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ることを任務とする。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た商工省

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「経済産業省」のニューストピックワード