79件中 51 - 60件表示
  • 経済産業省

    経済産業省から見た許認可

    前身の通商産業省は、かつては日本経済ないし「日本株式会社」の総司令塔として高度経済成長の牽引役とされ、海外でも「Notorious MITI」(ノートリアス・ミティ、悪名高い通産省)ないし「Mighty MITI」(マイティ・ミティ、力強い通産省)と呼ばれ、その名は日本官僚の優秀さの代名詞として広く轟いていた。 その持てる許認可や行政指導をあまねく駆使し、さらに政府系金融の割り当て融資(財政投融資)、予算手当て、補助金などを力の源泉として主に産業政策を掌り、のみならず通商や貿易、技術革新に応じた科学技術開発に加え、特許、エネルギー政策、中小企業政策など幅広い権限を保持した。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た通商産業大臣

    1972年(昭和47年)に田中角栄が通商産業大臣から内閣総理大臣に就任した時、通商産業省出身者が総理大臣秘書官を担当するようになった。これが前例となり、後の内閣も通商産業省から出向で総理大臣秘書官を担当するようになり、首相への通商産業省の影響度が大きくなった。1973年(昭和48年)に新たな外局・資源エネルギー庁を設置。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た鉱工業指数

    鉱工業指数、製造工業生産予測調査、鉱工業出荷内訳表・鉱工業総供給表、第3次産業活動指数、第3次産業活動能力・稼働率指数、全産業活動指数・全産業供給指数経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た中小企業庁

    発足当時は資源庁、工業技術庁、特許庁、中小企業庁の4つの外局があったが、1952年(昭和27年)に組織改革が行われ、外局は特許庁と中小企業庁の2つになった。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た日本の経済

    前身の通商産業省は、かつては日本経済ないし「日本株式会社」の総司令塔として高度経済成長の牽引役とされ、海外でも「Notorious MITI」(ノートリアス・ミティ、悪名高い通産省)ないし「Mighty MITI」(マイティ・ミティ、力強い通産省)と呼ばれ、その名は日本官僚の優秀さの代名詞として広く轟いていた。 その持てる許認可や行政指導をあまねく駆使し、さらに政府系金融の割り当て融資(財政投融資)、予算手当て、補助金などを力の源泉として主に産業政策を掌り、のみならず通商や貿易、技術革新に応じた科学技術開発に加え、特許、エネルギー政策、中小企業政策など幅広い権限を保持した。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た法令データ提供システム

    経済産業省設置法 - 法令データ提供システム経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た外局

    通商産業省の沿革は、1949年(昭和24年)5月25日、商工省とその外局である貿易庁、石炭庁を統合して発足した。この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三や平井富三郎、佐橋滋、今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た産業政策

    前身の通商産業省は、かつては日本経済ないし「日本株式会社」の総司令塔として高度経済成長の牽引役とされ、海外でも「Notorious MITI」(ノートリアス・ミティ、悪名高い通産省)ないし「Mighty MITI」(マイティ・ミティ、力強い通産省)と呼ばれ、その名は日本官僚の優秀さの代名詞として広く轟いていた。 その持てる許認可や行政指導をあまねく駆使し、さらに政府系金融の割り当て融資(財政投融資)、予算手当て、補助金などを力の源泉として主に産業政策を掌り、のみならず通商や貿易、技術革新に応じた科学技術開発に加え、特許、エネルギー政策、中小企業政策など幅広い権限を保持した。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た首相秘書官

    1972年(昭和47年)に田中角栄が通商産業大臣から内閣総理大臣に就任した時、通商産業省出身者が総理大臣秘書官を担当するようになった。これが前例となり、後の内閣も通商産業省から出向で総理大臣秘書官を担当するようになり、首相への通商産業省の影響度が大きくなった。1973年(昭和48年)に新たな外局・資源エネルギー庁を設置。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た内閣総理大臣

    1972年(昭和47年)に田中角栄が通商産業大臣から内閣総理大臣に就任した時、通商産業省出身者が総理大臣秘書官を担当するようになった。これが前例となり、後の内閣も通商産業省から出向で総理大臣秘書官を担当するようになり、首相への通商産業省の影響度が大きくなった。1973年(昭和48年)に新たな外局・資源エネルギー庁を設置。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「経済産業省」のニューストピックワード