204件中 71 - 80件表示
  • 経済産業省

    経済産業省から見た国家公務員法

    労働基本権のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。団結権は保障されており、職員は労働組合として国公法の規定する「職員団体」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法108条の2第3項)。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た天然ガス

    石油、可燃性天然ガス、石炭、亜炭その他の鉱物等並びにこれらの製品の安定的かつ効率的な供給の確保(49号)経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た特許

    前身の通商産業省は、かつては日本経済ないし「日本株式会社」の総司令塔として高度経済成長の牽引役とされ、海外でも「Notorious MITI」(ノートリアス・ミティ、悪名高い通産省)ないし「Mighty MITI」(マイティ・ミティ、力強い通産省)と呼ばれ、その名は日本官僚の優秀さの代名詞として広く轟いていた。 その持てる許認可や行政指導をあまねく駆使し、さらに政府系金融の割り当て融資(財政投融資)、予算手当て、補助金などを力の源泉として主に産業政策を掌り、のみならず通商や貿易、技術革新に応じた科学技術開発に加え、特許、エネルギー政策、中小企業政策など幅広い権限を保持した。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た特別会計

    一般会計とはべつに特別会計としてエネルギー対策特別会計、貿易再保険特別会計、特許特別会計及び東日本大震災復興特別会計を所管する。エネルギー対策特会は経済産業省が主管するが、内閣府、文部科学省及び環境省も共管する。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た天下り

    電力業界を管轄していることから、電力会社・原子力関連企業は早期退職した経済産業省の幹部職員の主要な再就職先の一つであった。福島第一原子力発電所事故以降、この天下り慣行は資源エネルギー庁(旧原子力安全・保安院)が所掌による原子力発電所の安全規制を形骸化させる背景として批判にさらされた(現在は環境省に事務を移管)。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た原子力規制委員会 (日本)

    2012年9月19日、原子力規制委員会設置法の施行により、原子力安全保安院に関する事務が環境省に移管された。また原子力安全・保安院(資源エネルギー庁)は廃止され、組織は原子力規制委員会(環境省)に移行した。また、旧保安院の産業保安系の5課(保安課、ガス安全課、液化石油ガス保安課、電力安全課、鉱山保安課)は商務情報政策局の3組織(保安課、電力安全課、鉱山・火薬類監理官付)に、産業保安監督部は本省の地方支分部局に再編された。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た消費者

    一般消費者の利益の保護(43号)経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た自転車

    自転車競走及び小型自動車競走の施行(37号)経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た国家公務員

    経済産業省職員は一般職の国家公務員なので、給与は一般職の職員の給与に関する法律(一般職給与法)によって規律される。俸給表は基本的に行政職俸給表、専門行政職俸給表、専門スタッフ職俸給表、指定職俸給表が適用される。専門行政職俸給表は特許庁の一部職員に適用され、2013年1月現在、2131人在籍する。これは一般職全体の適用職員8165の26%を占め、国土交通省の4282人に次ぐ多さである。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

  • 経済産業省

    経済産業省から見た名古屋中小企業投資育成

    特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)は2017年4月1日現在、日本商工会議所、全国商工会連合会、日本弁理士会、全国中小企業団体中央会、東京中小企業投資育成株式会社、名古屋中小企業投資育成株式会社、大阪中小企業投資育成株式会社、高圧ガス保安協会及び日本電気計器検定所の9法人である。経済産業省 フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「経済産業省」のニューストピックワード