600件中 41 - 50件表示
  • 河原龍夫

    河原龍夫から見た結婚式結婚式

    地元名古屋のテレビ番組やラジオの深夜放送で人気を博した。当時の深夜放送では宮地佑紀生や笑福亭鶴瓶も活躍していた。河原の結婚式には鶴瓶も出席した。河原龍夫 フレッシュアイペディアより)

  • フッパー

    フッパーから見た結婚式結婚式

    フッパー('' chuppāh, アシュケナジム式ヘブライ語:der chuppo, chíppe, 複数形:chuppôth, chíppes)はユダヤ教徒の結婚式で用いる覆いで、「天蓋」とも訳される。フッパー フレッシュアイペディアより)

  • ウロコダンゴ

    ウロコダンゴから見た結婚式結婚式

    ダンゴはもち米を主原料とし、「ういろう」に似た柔らかな食感で甘さは控えめである。当初は白餡の入ったものだけだったが、現在はあずき味のもの・抹茶味のものを加えた3種類がセットで販売されている他、結婚式の引き出物や祝典の記念品等のための「紅白ウロコダンゴ」も調製される。ウロコダンゴ フレッシュアイペディアより)

  • カメヤマキャンドルハウス

    カメヤマキャンドルハウスから見た結婚式結婚式

    キャンドルサービスは1970年代初旬に同社社員の結婚式に導入したのがきっかけとなり日本全国に広まった。カメヤマキャンドルハウス フレッシュアイペディアより)

  • 下中座

    下中座から見た結婚式結婚式

    相模人形芝居五座の中で公演機会が最も多いとされるが、下中座の自主的な企画による公演は少なく、地方公共団体・企業・福祉施設等が公演を依頼するケースが多い。稀に結婚式や建前等の個人的な行事についても、依頼を受けて「序三番叟」を披露することがある。公演が好評な場合、定番化することもある。下中座 フレッシュアイペディアより)

  • 葛籠

    葛籠から見た婚礼結婚式

    元禄時代になり、葛籠屋甚兵衛という江戸の商人が規格サイズ(約87×53×45cm)を婚礼の道具として作り出し、庶民にも親しみやすいものになっていった。葛籠 フレッシュアイペディアより)

  • きらきらフェスティバル

    きらきらフェスティバルから見た結婚式結婚式

    きらきらウェディング - 12月10日。市民立会いのもと行われる人前結婚式きらきらフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • コティホローシュコ

    コティホローシュコから見た結婚式結婚式

    豌豆はスラヴ人の神話や民話にしばしば登場する植物である。農業社会にとっての豌豆は、生命力・肥沃・繁栄を象徴している。特に東スラヴ人の文化において、豌豆は世界の誕生を祝う大祭(現在のクリスマス)や多産を祈る結婚式などで用いられる。コティホローシュコ フレッシュアイペディアより)

  • 松井達也

    松井達也から見た結婚式結婚式

    1983年、浦和競馬場・鹿沼良作厩舎からデビュー。浦和競馬場のリーディング騎手争いで常に中番手の位置を確保し、将来を嘱望されていたが、2000年11月23日に行われた第3競走(サラブレッドC3クラス・1400mダートコース)にヒヤマレディに騎乗中、前の馬に接触し、それに巻き添えとなった3頭の競走馬が落馬する事故が発生。松井は転倒した上に後続馬にも撥ねられてしまう。しかし、落馬した直後は意識がはっきりしており胸が苦しいと訴えながら直ちに病院に運ばれたが、出血性ショックによりまもなく死亡した。当時、松井は婚約済みで12月には結婚式を控えていた矢先の大惨事となった。松井達也 フレッシュアイペディアより)

  • 遺影

    遺影から見た結婚式結婚式

    本来は自分の気に入った写真を用意すべきだが大半が旅行や結婚式などに参加した時の集合写真などからの拡大・修正が多い。今後は、デジタルカメラなどのデータで残された場合、家族が見つけることも困難である事から、後世に残す重要な写真として確実に保存する必要性がある。遺影 フレッシュアイペディアより)

600件中 41 - 50件表示