600件中 71 - 80件表示
  • s@ko

    s@koから見た結婚式結婚式

    仕事はパーソナリティやタレントが主だが、イベントMCやCM、ナレーションや結婚式の司会も行っている。s@ko フレッシュアイペディアより)

  • お姫様だっこ

    お姫様だっこから見た結婚式結婚式

    一般では結婚式を終えハネムーンに旅立つ新郎が花嫁を抱きかかえて幸せをアピールするポーズとしても広く知られているが、元々は古代ローマの風習で、新郎新婦が新居に入る際に花嫁が入り口から屋内まで抱きかかえられたまま運ばれたことに由来する。これは花嫁が入り口でけつまづくことが凶兆であるとみなされたことにちなみ、こういった風習は現代の洋風結婚式に継承され、これが日本にも伝わったものだと解される。お姫様だっこ フレッシュアイペディアより)

  • ウェディングシューズ

    ウェディングシューズから見た結婚式結婚式

    ウェディングシューズ()とは、結婚式や結婚式用の写真撮影の際にタキシード、ドレスに合わせて履く靴である。ウェディングシューズ フレッシュアイペディアより)

  • 五色生菓子

    五色生菓子から見た婚礼結婚式

    五色生菓子(ごしきなまがし)は、石川県で古くから伝わる和菓子。婚礼などの祝いの場で振舞われる縁起菓子である。五色生菓子 フレッシュアイペディアより)

  • 定園

    定園から見た結婚式結婚式

    また蘇州は結婚式ビジネスが盛んであり、結婚式の記念写真撮影の舞台としてもよく利用されている。定園 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本美穂

    橋本美穂から見た結婚式結婚式

    ZIP-FMでの活動がきっかけで気象予報士講座を受講、3度目の受験となった2003年に合格。以降は気象予報士としても活動している。また、名古屋圏で行われる著名人のトークショーでのMCや結婚式での司会など、活動は多岐に渡る。橋本美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 振袖

    振袖から見た結婚式結婚式

    振袖(ふりそで)は、未成年の者が着る和服。袖の「袂」(たもと)が長いためにこの名がある。現在では未婚の女性が、裾模様の黒留袖や色留袖、訪問着に相当する格式の礼装として着ることが多い。なお、振袖を着用する機会として、現在もっともポピュラーな場は成人式であり、それに次いで結婚式の披露宴である。振袖 フレッシュアイペディアより)

  • ダマ奈津子

    ダマ奈津子から見た結婚式結婚式

    20歳で上京。英会話教室を主催し成功を収める。その後「株式会社カルチャービジネス」を設立し、結婚式のプロデュース、北野町(神戸市)の異人館のイベント企画等を展開するとともに、人材派遣(アウトソーシング)事業、コミュニティー活動などに尽力する。ダマ奈津子 フレッシュアイペディアより)

  • 生神女福音大聖堂 (アテネ)

    生神女福音大聖堂 (アテネ)から見た結婚式結婚式

    生神女福音大聖堂はアテネの主要なランドマークとなっており、国家の重要な式典の場となっており、富裕層や著名人の結婚式・埋葬式の場ともなっている。生神女福音大聖堂 (アテネ) フレッシュアイペディアより)

  • 赤ちゃんはどこからくるの?

    赤ちゃんはどこからくるの?から見た結婚式結婚式

    結婚式のケーキカットの要領で相性診断を行う。ここで産まれた子供はツウシンで他のプレイヤーの赤ちゃんと会った際にお互いに模様の交換を行う。赤ちゃんはどこからくるの? フレッシュアイペディアより)

600件中 71 - 80件表示