135件中 31 - 40件表示
  • 結婚式

    結婚式から見た東京大神宮

    1900年(明治33年)5月10日に皇太子嘉仁親王と九条節子公爵令嬢が結婚(後の大正天皇・貞明皇后)。皇族の慣例通り、正装した男女が、宮中三殿に拝礼し、神の前で夫婦の誓いを立てる形式の結婚の儀である。すると市民から神前での挙式を望む声が上がり、神宮奉斎会(現在の東京大神宮)が結婚の儀を模した形で「神前式」の儀式を新たに創設。国民の間に定着していった。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た教会堂

    新郎新婦の双方もしくはいずれかが信者であって、宗教的な施設(教会堂、寺院、神社など)において、宗教的な権威を体現する人によって結婚を宣言してもらう形態。世界中で見られる形態。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た神社

    新郎新婦の双方もしくはいずれかが信者であって、宗教的な施設(教会堂、寺院、神社など)において、宗教的な権威を体現する人によって結婚を宣言してもらう形態。世界中で見られる形態。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た結婚

    仏に結婚を誓う様式。1892年に浄土真宗本願寺派の藤井宣正が東京白蓮社会堂に結婚式を挙げ、各宗派において仏前結婚式が普及される。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た司祭

    かつては教会法上の例外規定を適用し、片方が信徒であれば、子に必ず洗礼を受けさせるなどの条件付きでこの機密の実行が認められる事もあったが、現在ではそのような事例はまずない。また正教会の婚配機密は司祭による司祷のもと聖堂で行われるものであり、結婚式場などで行われることは無い。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た正教会

    日本で行われるいわゆる「キリスト教式結婚式」は、キリスト教徒の結婚式を模した結婚式である。すなわち本物の教会堂や聖堂でなく、結婚式のためだけにつくられた教会堂風の施設(宗教施設でなく集会場として登録されるいわゆる「結婚式教会」)において、特定の教会に所属しない者によって行われるケースが大多数である。また、様式としてもカトリックとプロテスタントを混同している場合も多い。但し、正教会の様式が参考にされているケースはない。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た初夜権

    ヨーロッパには結婚式に初夜権があったとされ、喜劇オペラのフィガロの結婚の題材となっている。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た旧約

    これらのほかに婚配機密の大部分に渡り、司祭による祝文朗誦と、輔祭もしくは司祭と詠隊(聖歌隊)によって行われる連祷とが行われる。これらの内容は旧約・新約の両方に亘って聖書に記された教会史上の数々の夫婦に対する神の配慮を記憶し、同様の庇護が新郎新婦にも行われるように祈願するものである。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見たウェディングブーケ

    一般的な進行としては、牧師が司式し、主に先に新郎が入場して祭壇の前で待つ。ウェディングブーケを持ち、ウェディングドレスを身にまとった新婦がエスコートする者(通常は実父)と共に入場。中央通路を進み、エスコートする者が新郎に新婦を引き渡す。以下順序等の違いはあるが、賛美歌(聖歌)、聖書の朗読、誓いの言葉、それに対する祝福、指輪の交換などが行われる。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見たコリントの信徒への手紙一

    賛美歌、祈祷、聖書朗読(エペソ5.22?33、Iコリント13章など)、司式者による式辞、新郎新婦による誓約、指輪の交換、祈祷、(独唱)、司式者が二人は夫婦となったことを宣言、短い説教、賛美歌、司祭者による祝祷(祝福の祈り)、新郎新婦退場、親族代表挨拶。その後出口にて、新郎・新婦、その両脇に証人、さらに外側に双方の両親が並び、退場する列席者からの祝福の言葉を受け、お礼の言葉を述べる。結婚式 フレッシュアイペディアより)

135件中 31 - 40件表示