135件中 41 - 50件表示
  • 結婚式

    結婚式から見た接吻

    そして実際の式が始まる。順序の違いや省略はあるが、参式者一同による賛美歌の斉唱、聖職者による聖書の朗読または簡略な説教、新郎と新婦による抱負の言葉、それに対する祝福、指輪の交換(指輪をこの時まで保管して新郎と新婦に渡すのはベスト・マンの役目)、神前での宣誓、聖職者による夫婦の認証、夫婦として初めて参式者の前でキス、などがこれに続き、式は終わる。結婚誓約書への署名や婚姻簿への記入も以前は式の一部として行われたが、現在ではカトリック教会の一部を除いて、これらは式後に別室で、または後日聖職者を再訪して行うことが一般的になっている。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た熊野牛王符

    吉原遊郭で遊女と馴染みの客が熊野神社(熊野三山)の熊野誓紙(熊野牛王符)3枚に2人の結婚を誓う旨を記載し1枚を神社に収めるという擬似的結婚がなされたという。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た神無月

    婚席に神々が臨在するという考えは中世の床飾りから見られ、江戸中期の貞丈雑記に明文化された。新郎の自宅に身内の者が集まり、高砂の尉と姥の掛け軸を床の間に掛け、鶴亀の置物を飾った島台を置き、その前で盃事をして結婚式をする、いわゆる祝言が行われた。家の床の間は神様が居るとされる神聖な場所で、掛け軸や島台も神さまの拠り所でもあるとされ、当時から結婚式は宗教と密接な関係があった。10月 (旧暦)は「神無月」であったので、結婚式はこの月を避けて行われた。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た婚姻

    結婚式(けっこんしき)は、婚姻を成立させるため、もしくは確認するための儀式である。英語では「wedding」。カタカナで、ウェディングまたはウエディングと表記する。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た

    具体的な式順としては巫女の先導で新郎新婦、媒酌人、新郎両親、新婦両親、新郎親族、新婦親族の順に入場し、最後に斎主が入場。典儀と呼ばれる司会進行役(巫女が行う場合もある)が式の始まりを宣言、斎主の拝礼に合わせ一堂が起立して神前に礼。祓を行う為、斎主がを用いて穢れを祓う。一堂は起立したまま軽く頭を下げ、これを受ける。斎主が神前で二人の結婚をその神社に鎮座する神と氏神、そして祖先神に報告する祝詞を奏上し、神の加護を願う。一堂は起立して頭を下げる。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見たアナロイ

    聖堂入り口に近い所で行われる聘定式(へいていしき・指輪の交換が行われる)と、聖堂中央で行われる戴冠礼儀とで構成される。戴冠礼儀の直前にあたって新郎新婦に対し、他の相手との約束は無いかといった質問が司祭からなされるが、婚配機密のより重要な部分は、新郎新婦の戴冠・葡萄酒を飲み交わすこと・聖堂中央のアナロイ(イコン等を置く台)の周りを廻ること、などと捉えられている。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た明治維新

    1885年(明治18年)、元日蓮宗僧侶であった田中智学によって創設された「国柱会」の前身「立正安国会」において日本で最初の正式な結婚式(本化正婚式)の規定が定められた。田中智学の思想「仏教夫婦論」により、明治維新以降の日本において夫婦の結婚を制度化することは国家の近代化に不可欠であるとされた。この立正安国会による仏前結婚式が、仏教史上はじめての正式な結婚式である。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見たクリスチャン

    戴冠は夫婦が今後ハリステアニン(クリスチャンのロシア語読み)としての生活の王となって夫婦揃って自らの生活を共同して支配していく事を表し、聖体礼儀に由来する形式である葡萄酒を飲み交わす行為は夫婦が聖体礼儀に示されたハリストス(キリストのギリシャ語読み)を中心にした生活を行う事を表し、聖堂中央のイコンの載せられた台案を廻るのは信仰を中心にして楽しい時も苦難の時も共に歩む事を表すものである。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た宮中三殿

    1900年(明治33年)5月10日に皇太子嘉仁親王と九条節子公爵令嬢が結婚(後の大正天皇・貞明皇后)。皇族の慣例通り、正装した男女が、宮中三殿に拝礼し、神の前で夫婦の誓いを立てる形式の結婚の儀である。すると市民から神前での挙式を望む声が上がり、神宮奉斎会(現在の東京大神宮)が結婚の儀を模した形で「神前式」の儀式を新たに創設。国民の間に定着していった。結婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚式

    結婚式から見た公爵

    1900年(明治33年)5月10日に皇太子嘉仁親王と九条節子公爵令嬢が結婚(後の大正天皇・貞明皇后)。皇族の慣例通り、正装した男女が、宮中三殿に拝礼し、神の前で夫婦の誓いを立てる形式の結婚の儀である。すると市民から神前での挙式を望む声が上がり、神宮奉斎会(現在の東京大神宮)が結婚の儀を模した形で「神前式」の儀式を新たに創設。国民の間に定着していった。結婚式 フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示

「ウエディング・ブライダル」のニューストピックワード