47件中 21 - 30件表示
  • 愛ぬすびと

    愛ぬすびとから見た結婚詐欺結婚詐欺

    旅行会社に勤めるサラリーマン、愛誠が独身の女性を狙い、結婚詐欺を繰り返す。しかしそれは、難病を患う妻の優子への治療費を充てるためでもあった。だが誠のその行動は徐々に裏目に出る様になってゆく。愛ぬすびと フレッシュアイペディアより)

  • ラブコンプレックス

    ラブコンプレックスから見た結婚詐欺結婚詐欺

    秘書室には、美人で優秀な女性秘書が七人いる。秘書のスペシャリストである彼女達は、実はそれぞれの理由で男嫌いだった。大企業の社長の娘で売れないコメディアンのパンチライン・ミノル(中川礼二)と同棲をしている荒瀬シズク(木村佳乃)。結婚詐欺に遭い、男は悪魔、女が一番と唱える宗教にはまっている柊サダ(りょう)。異常なダイエットにハマり、夜はキャバクラで男から金を巻き上げている蜷川キイコ(小雪)。40代でお局といわれているが、実生活で20年の愛人生活にうんざりしている佐原アミ(高橋ひとみ)。どこか別世界に生きているレズビアンの野乃リリ(伊東美咲)。ほのぼのさで年寄りの人気者、その実、もっとも冷静な島木ミン(一戸奈未) など、筋金入りの男嫌いが集まっていた。一人、連城ミヤビ(西田尚美)だけは、本当は男が好きだったがリリに言い寄られて拒否できない。ラブコンプレックス フレッシュアイペディアより)

  • クヒオ大佐

    クヒオ大佐から見た結婚詐欺結婚詐欺

    1970年代から90年代にかけて、「アメリカ空軍パイロットでカメハメハ大王やエリザベス女王の親類」と名乗り結婚話を交際女性に持ちかけ、約1億円を騙し取った実在の結婚詐欺師で自称を「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」と名乗った日本人を描く。原作は吉田和正の『結婚詐欺師 クヒオ大佐』(新風舎文庫、また映画公開に合わせ幻冬舎アウトロー文庫から大幅改訂された『クヒオ大佐』が発売)。クヒオ大佐 フレッシュアイペディアより)

  • ハーレムもの

    ハーレムものから見た結婚詐欺結婚詐欺

    ハーレムものとは、1人のキャラクターに対し、数多くの異性キャラクターが恋愛対象として対置されている設定のフィクション作品を指すが、結婚詐欺・浮気・不倫・偶像崇拝・アイドルとも異なる。ドリーム小説によく見受けられる。また、男性同性愛を題材としたやおい・ボーイズラブ作品において、他の男性キャラクターに対して常に「受け」(受動的・女性的な役割)を担う男性キャラクターを「総受け」と呼ぶが、このキャラクターが全員から好かれている状況をハーレム状態と呼ぶ場合もある。ハーレムもの フレッシュアイペディアより)

  • 世界でいちばんNGな恋

    世界でいちばんNGな恋から見た結婚詐欺結婚詐欺

    天性の男運の悪さを持ち、家を出て早々に駆け落ち相手に逃げられたうえ、収入を得ようと行き着いた先々でも男に関するトラブルを引き起こす。1年後に婚約者を得てようやく戻ってくるが、その相手すらも結婚詐欺師であった。世界でいちばんNGな恋 フレッシュアイペディアより)

  • くいこみ海女 乱れ貝

    くいこみ海女 乱れ貝から見た結婚詐欺結婚詐欺

    2人が裸になり男女の交わりをしているちょうどそのとき、刑事がやって来て、由紀を結婚詐欺の常習犯として逮捕した。心から源太郎を愛おしく思っていた由紀は、寂しそうな微笑みを残して、島を立ち去っていった。くいこみ海女 乱れ貝 フレッシュアイペディアより)

  • ロンリーハート

    ロンリーハートから見た結婚詐欺結婚詐欺

    1940年代のアメリカ合衆国。結婚詐欺師のレイモンド・フェルナンデスは、今日も新聞の恋人募集欄「ロンリーハート・クラブ」で獲物を物色していた。彼はそこに名前が載っていたマーサ・ベックを次の標的にすることを決めるが、実際に会ってみると彼女は決して裕福ではなく、レイモンドは彼女の元から去ることにする。ロンリーハート フレッシュアイペディアより)

  • 連続人形活劇 新・三銃士

    連続人形活劇 新・三銃士から見た結婚詐欺結婚詐欺

    炎のような赤毛と針金のような姿態を持つ美女。色仕掛けや巧みな話術を用いて人の心を掴むのが得意で、結婚詐欺を繰り返していたがロシュフォールとの出会いをきっかけにリシュリュー枢機卿のスパイになる。その後リシュリュー枢機卿の命令により「シャルロット」と名乗ってアンヌ王妃の侍女になる。アトスとは元夫婦。連続人形活劇 新・三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • ごちそうさん (2013年のテレビドラマ)

    ごちそうさん (2013年のテレビドラマ)から見た結婚詐欺結婚詐欺

    め以子は偶然、捨蔵の正体は故人とされていた義父・西門正蔵と知る(第8週)。め以子は正蔵の受け入れを懇願し、家族を捨てた正蔵を憎む和枝・悠太郎と対立するが、め以子と話し合った悠太郎は家族の気持ちが揃ったら正蔵を受け入れることを約束する(第9週)。間もなく迎えた天神祭は、当初はそれぞれの事情でバラバラになるも、いっときの形のみだが家族全員揃って獅子舞を迎えることが叶う(第10週)。和枝は心新たに再婚を決めるが、相手が結婚詐欺師と判り失意で自殺を謀る。その直後、め以子の妊娠が判明する。どれほどのいけずな仕打ちを受けても慕ってくるめ以子を前に居たたまれなくなった和枝は、家族ぐるみの知人である倉田義男の薦めで西門家を離れ他所に嫁ぐことを決め、出発の日め以子と清々しく言葉を交わし去っていく(第11週)。ごちそうさん (2013年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 嫁不足

    嫁不足から見た結婚詐欺結婚詐欺

    日本国内では(社会通念上)跡取りの長男となる嫁が不足しているという問題を指した。これは地方の農家とされている家庭において特に問題となっている事柄であり、これは日本の農業そのものの深刻な問題でもある。このような嫁不足が発生している原因としては、多くの女性は農家の嫁になりたがらないということであり、農家で生まれ育った女性であっても多くは農家の嫁にならずに都市部に移住しているという状態である。このため多くの農家は外国人の女性を嫁として迎え入れているという状態である。この嫁不足という問題に即応して新たなビジネスも生まれているということであり、それは外国人の嫁を日本の農家に紹介するというビジネスである。これは1985年に山形県の農家がフィリピン人女性を嫁として迎え入れたことから広まってきており、タイ人や韓国人や中国人の女性も嫁として迎え入れられることが多くなってきている。だがこのビジネスを元として結婚詐欺が発生しているということもあり、たとえば嫁が実家への仕送りを望むため仕送りをし続けた後に嫁が実家に戻ったきりで日本の農家に戻ってこなくなったという例が存在している。嫁不足 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「結婚詐欺」のニューストピックワード