47件中 31 - 40件表示
  • ピカレスク小説

    ピカレスク小説から見た結婚詐欺結婚詐欺

    また、これらとは別に、悪漢を主人公とした軽いタッチの「ピカレスク風」小説と呼ぶべき物も様々な作家によって多く作られている。また、スポーツ新聞や男性週刊誌などに連載される官能小説でも、色事師や結婚詐欺師といった悪漢を主人公としたピカレスク小説の要素を持つものが存在していた。これらは本来のピカレスク小説に比して娯楽小説の要素が強い。ピカレスク小説 フレッシュアイペディアより)

  • 脅迫屋シリーズ

    脅迫屋シリーズから見た結婚詐欺結婚詐欺

    澪と同じ大学に通う大学生。母親が過去に結婚詐欺を働き、そのことで千川に脅迫されるが、逆に後述の戸田を脅迫するよう依頼する。脅迫屋シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ポルフィの長い旅

    ポルフィの長い旅から見た結婚詐欺結婚詐欺

    セシルたちと別れたあと、ポルフィが船着場で逢った女性。結婚詐欺から救ってくれた礼に、知り合いのいる修理工場を紹介する。ポルフィの長い旅 フレッシュアイペディアより)

  • クロサギ (漫画)

    クロサギ (漫画)から見た結婚詐欺結婚詐欺

    FILE.9 結婚詐欺 羽田美咲(アカサギ) ●クロサギ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 怨み屋本舗

    怨み屋本舗から見た結婚詐欺結婚詐欺

    第4部にも登場しており、中国の結婚詐欺の手口を後に怨み屋の標的となる男に伝授するなど謎が多く、菊荷本人は「社会への復讐」と述べている。藤堂とは知り合いである模様。怨み屋本舗 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川慶喜家

    徳川慶喜家から見た結婚詐欺結婚詐欺

    『週刊新潮』2004年6月24日号で、「慶喜直系の末裔・徳川慶圀」を名乗って結婚詐欺や寸借詐欺を働いている男の存在が報じられた。徳川慶喜家 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏連続不審死事件

    首都圏連続不審死事件から見た結婚詐欺結婚詐欺

    その結果、Cは被疑者の住所不定・無職の女、木嶋 佳苗(きじま かなえ、1974年(昭和49年)11月27日生まれ、当時34歳)と交際していたことがわかり、捜査していくにつれて、木嶋には他にも多数の愛人がおり、その愛人の何人かも不審死を遂げていることが分かった。埼玉県警は木嶋が結婚を装った詐欺をおこなっていたと断定し、9月25日に木嶋を詐欺の容疑で逮捕した。また、逮捕時に同居していた千葉県出身の40代男性から450万円を受け取っていた。首都圏連続不審死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国際結婚

    国際結婚から見た結婚詐欺結婚詐欺

    2010年の厚生労働省人口動態統計年報によれば、結婚総数(婚姻件数)の約4.3%(=30,207/700,214)が国際結婚であり、この数値は1980年の0.9%(=7,261/774,702)と比較すれば大幅に増加していることがわかる。しかし、2000年代半ばまで急増した国際結婚数はその後、減少し始めている。これは、ビザ取得目的のための偽装結婚・結婚詐欺などの摘発が多くなったことも影響している。国際結婚 フレッシュアイペディアより)

  • 業界用語

    業界用語から見た結婚詐欺結婚詐欺

    赤詐欺(あかさぎ。結婚詐欺や結婚詐欺師の事)業界用語 フレッシュアイペディアより)

  • 99.9 -刑事専門弁護士-

    99.9 -刑事専門弁護士-から見た結婚詐欺結婚詐欺

    岩下の恋人。結婚詐欺で2回、振り込め詐欺で2回の前科をもつ。99.9 -刑事専門弁護士- フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「結婚詐欺」のニューストピックワード