前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示
  • 絢香×コブクロ

    絢香×コブクロから見た絢香絢香

    絢香×コブクロ(あやか・コブクロ)は、絢香とコブクロが結成したユニット。絢香×コブクロ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見た絢香絢香

    年間TOP10中にベストアルバムが5作と依然多い中、Def Techのオリジナルアルバムが120万枚を超えるヒットを記録。また年度末発表の絢香の1stオリジナルアルバムも、翌年度売上を含めると100万枚を超え、6位の中島美嘉と同等のヒットとなる。2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾芳彦

    西尾芳彦から見た絢香絢香

    西尾 芳彦(にしお よしひこ、1961年7月20日 - )は、日本の作曲家、音楽プロデューサー。プロデュースをした代表アーティストはYUI、絢香、玉城千春(Kiroro)、家入レオ、Sowelu、Chay、井上実優、等。血液型はB型。西尾芳彦 フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見た絢香絢香

    森三中(大島) (三日月/絢香) vs FUJIWARA(原西&藤本) (アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士/DJ OZMA)お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 安藤美姫

    安藤美姫から見た絢香絢香

    歌手の絢香と親交があり、2006年?2007年の時期のエキシビションで絢香の「I believe」を使用し、2007年世界選手権のエキシビションでは共演した絢香に「I believe」を生演奏を依頼した。安藤美姫 フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た絢香絢香

    活動休止前最後のステージとなった絢香はステージ上からファンにメッセージを送り、活動休止前最後の発表曲「みんな空の下」を熱唱した。歌唱後、阿部から「絢香さん、また是非このステージに帰ってきてください」とメッセージが述べられた。直後、阿部からコメントを求められたゲスト審査員の西田敏行は絢香のステージに関し、「素晴らしかったですね。生きる力をもらいました」と話し、感動の余り涙も見せた。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • DREAMS COME TRUE

    DREAMS COME TRUEから見た絢香絢香

    芸能界でもMISIA、中島美嘉などドリカムのファンは多い。この他にも、倖田來未「ドリカムの影響で歌手を志した」、絢香「小学生の時に初めて耳にして以来、ずっと大好きで尊敬するバンド。高校生の時にバンドを組んで『決戦は金曜日』を歌いまくっており、デビュー日の前日、ドリカムのライブに行って号泣したのが忘れられない」、E-girls「物心ついた頃からずっとドリカムを聴いていた」、水樹奈々は「子供の頃から演歌とアニメソングしか聴いてこなかった自分にとって、ドリカム楽曲との出会いは衝撃だった」と語っているように、ドリカムの影響を受けている女性ボーカリストは少なくない。その影響力はアーティストだけでなく、スポーツ界においてもドリカムファンは多く、女子レスリング個人で世界大会16連覇の記録を持ち霊長類最強女子の異名を持つ吉田沙保里をはじめ、女子サッカー元日本代表で歴代トップ出場数とゴール数記録を持つ澤 穂希、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの本多雄一は自身の登場曲に「何度でも」を使用、同じく福岡ソフトバンクホークスの内川聖一もまたドリカムの「AGAIN」を登場曲に使用するなどその影響力は各界に及んでいる。DREAMS COME TRUE フレッシュアイペディアより)

  • 城南海

    城南海から見た絢香絢香

    三日月(作詞:絢香/作曲:西尾芳彦・絢香/編曲:ただすけ)(絢香のカバー。)城南海 フレッシュアイペディアより)

  • みんな空の下

    みんな空の下から見た絢香絢香

    「みんな空の下」(みんなそらのした)は、日本の歌手・絢香の10枚目のシングル。2009年7月8日にワーナーミュージック・ジャパンから発売された。みんな空の下 フレッシュアイペディアより)

  • 東京人形夜

    東京人形夜から見た絢香絢香

    絢香「にじいろ」MV ピエロ・犬役 2014/6/18東京人形夜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示

「絢香」のニューストピックワード