449件中 91 - 100件表示
  • 皇室経済法

    皇室経済法から見た給与給与

    内廷費 - 天皇及び内廷皇族の日常の費用その他内廷諸費に充てる。別に法律で定める定額を、毎年支出する。内廷費として支出されたものは、御手元金となるものとし、宮内庁の経理に属する公金としない。所謂個人のポケットマネー、給与、収入に相当する。内廷費の給付には所得税法第9条第12号により、所得税を課されない。皇室経済法 フレッシュアイペディアより)

  • Tech総研

    Tech総研から見た給与給与

    社会人のための転職ポータルサイト「リクナビNEXT」をブランドロゴに掲げているが、Tech総研自体に求人広告は掲載しておらず、主に上司・部下など職場のコミュニケーションノウハウ、注目されているエンジニアの開発秘話、また給与・キャリアプラン、などを対象とした情報を提供している。Tech総研 フレッシュアイペディアより)

  • 結婚披露宴

    結婚披露宴から見た給与給与

    また、祝辞には定番も多い。「菊作り 菊見る時は 蔭の人」という吉川英治の俳句を季節構わず引用して花嫁の父の気持ちを慮ったり、「人生には大切にしなければならない三つの袋がある」として訓戒を垂れるなどである。なお、この「袋」には様々なバリエーションがあり、代表的なものとしては堪忍袋、給料袋、お袋、知恵袋、胃袋、池袋、沼袋、紙袋、ビニール袋、エチケット袋、手袋、足袋、有袋類、コアラ、カンガルーなどがある。結婚披露宴 フレッシュアイペディアより)

  • 客員准教授

    客員准教授から見た給与給与

    客員准教授の採用基準や任期、処遇や給与に関しては、各大学機関、研究機関、教授会によって異なり、給与を支払う義務も特にないなど個別の法令は存在しない名称上のものである。他の大学教員と同様に、学位がなくても任じることが出来る。客員准教授 フレッシュアイペディアより)

  • パサラちゃん

    パサラちゃんから見た給料給与

    男性。一見渋いロマンスグレーの初老の紳士。実は、パサラのパパと精神的には同族で、賄賂の類を平気でもらい、その尻拭いを部下の先生たちにさせる。しかし、部下の収賄は許さず宅配便のアルバイトをしてまで、彼女等の収賄に目を光らせている。闇収入は多額に登るはずだが、先生たちへの給料の支払いは渋い。どんな非常事態が起きても、表情は変えない。パサラちゃん フレッシュアイペディアより)

  • 銀のしっぽ

    銀のしっぽから見た給料給与

    「シルバー」のホステス。正体はネコ。イケメンにはとても愛想がいいが、そうでない男にはかなりの毒舌。高級ブランド品や健康器具に目がなく、給料はほとんどその衝動買いに使われる。一時他の店に移っていたがすぐに戻ってきた。銀のしっぽ フレッシュアイペディアより)

  • 封筒

    封筒から見た給料給与

    主に紙類を移送、受け渡し、保存する際に用いる袋である。郵便で手紙を送る際に便箋をこれに入れて封書とするほか、金融機関の現金封筒や給料袋や月謝袋として貨幣を入れたり、書類の受け渡しや保存に多く使われる。封筒 フレッシュアイペディアより)

  • 科学者

    科学者から見た給料給与

    現代の科学者のほとんどは、18世紀までのアマチュア・サイエンティストのように独りで趣味的に自然を探求しているのではなく、大学あるいは何らかの研究機関と雇用契約を結び、給料を支払われ、研究設備の使用を許可され、研究費を割り当てられている。科学者 フレッシュアイペディアより)

  • レシェク・バルツェロヴィチ

    レシェク・バルツェロヴィチから見た給与給与

    バルツェロヴィチ・プランとは、ポーランドが共産主義体制から資本主義体制に転換した1990年代の制度移行期においてハイパーインフレーションを終了させて国家財政を均衡させることを目的とした一連の改革政策の総称。大半の消費財の価格を自由化し、国の各部門の職員給与の額に上限を設けた。これによりポーランドの通貨ズウォティは国内での兌換が可能となり、財やサービスの価格は実態に即した上昇に落ち着き、国営企業は競争力を回復した。この政策はポーランド経済に対する真のショックとなった。レシェク・バルツェロヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン

    ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベンから見た給料給与

    しかし1769年、わずか数年前に辛くも死刑を免れ、皇帝の命令で法の保護を奪われていたにも関わらず、トートレーベンはロシアに戻る。女帝エカチェリーナ2世は彼を赦免したのである。以前の階級に復帰すると、彼は一軍の先鋒として露土戦争へ送られた。トートレーベンの事件における、異例の寛容な待遇(自宅監禁のみで拷問なし)と処罰(拘禁中の分まで含めた、給料の支給)は、著名な反逆者である彼への赦免と並び、現在に至るまで憶測を呼んでいる。これに関して興味深いことに、彼を密告したアッシュ中佐は投獄され、そのまま生涯を終えた。同中佐は十九年間、ダウガフクリーヴァ要塞で過ごした後、修道院を改築した牢獄で精神病に罹った政治犯として死を迎えた。ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン フレッシュアイペディアより)

449件中 91 - 100件表示

「給与・ボーナス」のニューストピックワード