449件中 61 - 70件表示
  • 山陽鉄道列車強盗殺人事件

    山陽鉄道列車強盗殺人事件から見た給与給与

    犯人2人は岡山共立絹糸紡績会社の職工で、11月30日に給料を受け取った後、福山に遊びにいって一泊していた。12月1日の夜に上り列車に乗車し金銭を奪う計画を立てたが、何も出来ずに鴨方駅で降り、相手を物色するために同駅を午前2時01分に発車する下り列車の三等切符を購入。ここで足立大尉一人が乗車していた二等客車を確認して乗り込んだ。山陽鉄道列車強盗殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 昇進

    昇進から見た給料給与

    昇進となった者は、地位上昇に伴う権限の増加、給料ないし報酬の増額、地位に伴う社会的名誉や特権等の便益を享受するとともに、地位に応じた様々な職務上あるいは倫理的ないし道徳的な責任を負うのが通例であるが、昇進にどのような便益や責任が伴うのか、昇進によって便益や責任がどのようなバランスでもたらされるのかは、各人に地位を与えている組織や部分社会(業界)、昇進後の地位や責任の内容ごとにまちまちである。例えば外食産業におけるチェーン店やコンビニエンスストア、宅配サービス業界などの一般従業員から現場管理責任者(いわゆる店長)への昇進、警察組織等における巡査から巡査長などといった職種への昇級は、職階に応じたベースアップや手当の支払いが生じうる他は特に便益を生まず、一般従業員の行う業務を行う義務に加えて管理監督責任や報告義務といった業務上の責任が付随する。反対に、官公庁や中規模以上の民間企業のホワイトカラーの職種における課長または部長以上への昇進(級)をした場合、責任を負う業務が末端従業員の日常の業務とは全く異なるものへと変わる場合もある。また、部署内での予算執行や予算請求における裁量権や、文書の承認権、経営戦略会議等への出席権、場合によっては人事上の採用権をそのようなクラスの管理職に与えている組織も多く、与えられる権限(および責任)も大きくなる。(業界慣習や組織文化により実際の程度は様々ながら)相応の昇給や福利厚生の向上がなされるのは事実であり、また肩書き上、様々な場に招待され饗応や接待を受ける機会が増えることから社交の機会も得やすく、そこから得られる便益も大きなものになりやすい。昇進 フレッシュアイペディアより)

  • 就職難

    就職難から見た給与給与

    就職が困難となる状況は、景気などのマクロ経済的要因と、おおむね求職者と採用企業とのニーズのずれによって発生する要因に分かれている。採用企業のニーズには、年齢、地域、専門的技能(スキル)、ソーシャルスキル、ヒューマンスキル、給与、学歴などさまざまな視点があり、これらが複合的に関連している。就職難 フレッシュアイペディアより)

  • 自転車通勤

    自転車通勤から見た給与給与

    この改革は、環境都市の確立を目指し、短距離自動車通勤の抑制と自転車利用の促進を図ったもので、金銭面だけでなく環境への貢献という心理的な後押しも効果を発揮したとみられている。環境を意識した施策であるが、発案は直接環境関連業務に従事しているわけではない給与課によるもので、給与課は異動時期になると健康のためにもなるとPRしている。また職員用シャワールームの設置など設備面の整備も進んだ。自転車通勤 フレッシュアイペディアより)

  • 大放言

    大放言から見た給料給与

    大放言(だいほうげん)とは2015年8月15日に新潮社から出版された書籍の名称。レーベルは新潮新書。著者は百田尚樹。著者本人の発言やツィッターが物議をかもし、マスメディアに取り上げられ批判されることが多い中で、あえて挑発的なタイトルを冠して刊行されたエッセー集である。この書籍に書かれていることはいつか著者本人が言おうと思っていたことである。特に言いたかったのはマスコミへの批判である。近年では表現者や言論者が、下手なことを言うとマスコミにバッシングされるということから、誰もがそれて思い切ったことが言えなくなり、その結果毒にも薬にもならない発言ばかりになっているということなどが述べられている。百田尚樹はこの大放言が売れなかったならば作家を引退しようと本気で思っていたものの、そこそこ売れているようなのでもう少し続けようと思うようになったとのこと。この引退撤回に対してツィッター上では、引退しろや辞めろなどといった怒りの声が飛び交ったが、引退撤回を喜ぶファンも見られた。中には引退宣言というのは販売促進のためであったと思っていた人も多かったもよう。8月25日の時点では発行部数が17万部であり、50万部売れたならば大阪市長選に出ようかと計画した。そしてもし市長になったならば市長の給料は0円、市議は日当1万円にするなどと計画した。殉愛に関する記述が大放言に書かれていなかったということから批判が殺到した。大放言 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ユシチェンコ

    ヴィクトル・ユシチェンコから見た給料給与

    1976年から、銀行勤務した。ソ連時代、著名な財務官ヴァディーム・ヘーチマンにその手腕を認められ、ウクライナ独立後、1993年から1999年まで、ウクライナ国立銀行理事長を務めた。任期中、通貨発行の抑制に努め、IMF等から高い評価を受けるが、その一方で貨幣不足による給料・年金の遅配・欠配が生じ、政界から不興を買った。ヴィクトル・ユシチェンコ フレッシュアイペディアより)

  • 公務員庁

    公務員庁から見た給与給与

    現在の人事院や総務省行政管理局等に分散されている給与制度や定員の管理、人件費などの権限を移管・集約するという。公務員庁 フレッシュアイペディアより)

  • 出欠

    出欠から見た給料給与

    特に学校や会社等での出欠確認は、遅刻・欠席の把握が主である。こうしたデータは評価や成績、給料などに反映される。出欠 フレッシュアイペディアより)

  • 正親司

    正親司から見た給与給与

    正親司は皇籍を管理し皇族への給与(季禄・時服)に関する事務を執り行う。令制以前にはこのような機関は無く、唐の律令制における宗正寺(そうせいじ)を模倣したと考えられる。皇族の名簿を管理するため、長官の正には奈良時代には王が任命されることが多く、平安時代以後は代々白川家(花山源氏)が任じられた。司であるにもかかわらず他の司のように統廃合されることがなく、逆に別当が正の上に置かれた。別当は貴族がつとめその機関を総裁する職で寮に置かれることが多く、司では他に内膳司にしか置かれていない。このことから、この機関は時代が下っても重要な存在であったことがうかがい知れる。正親司 フレッシュアイペディアより)

  • 住宅ローン

    住宅ローンから見た給与給与

    住宅ローンの貸出条件としては、融資を受ける借り手(債務者)本人に安定した収入(給与、事業所得など)があり、銀行等が指定した信用保証会社が貸し手に対して連帯保証を承諾し、債務保証委託契約を締結させる事を最低限の条件としている事が一般的である(但し、福利厚生での融資や住宅金融支援機構、ネット銀行などの融資では保証会社を使わない場合もある)。保証会社を伴わずに銀行が直接融資する住宅ローンは特にプロパーローンと言われる。住宅ローン フレッシュアイペディアより)

449件中 61 - 70件表示

「給与・ボーナス」のニューストピックワード