197件中 81 - 90件表示
  • 住民税

    住民税から見た給与給与

    給与所得者については、給与を支払う者(事業主)が、その年の6月から翌年の5月までの12回に分けて給与から天引きし、事業主が取りまとめて納付する。なお、普通徴収分の住民税を事業主を通じて申請することで特別徴収に切り替えることも可能である。住民税 フレッシュアイペディアより)

  • アター

    アターから見た給与給与

    アター( `A?ā')とは、イスラーム世界において軍人・官僚に支払われた俸給。アラビア語の「贈り物」に由来する語。アター フレッシュアイペディアより)

  • ノヴァ (外国語教室)

    ノヴァ (外国語教室)から見た給与給与

    9月20日、講師に対する給与の遅配が生じるなど、悪化した経営建て直しのため、最大で200箇所の教室の閉鎖が予定されていると報じられる。ノヴァ (外国語教室) フレッシュアイペディアより)

  • 乃木勝典

    乃木勝典から見た給与給与

    陸軍士官学校に3度目で漸く合格した時、父である乃木希典から合格祝いとして1000円を貰うが、当時の1000円は陸海軍の各大将クラスが給与で貰う数ヶ月分であり、それだけの額を貰ってしまえば生活が傾き、静子に多大な迷惑を掛けると考えた勝典は、500円の雙眼鏡を購入し残りの金は返したと言われる。乃木勝典 フレッシュアイペディアより)

  • ナデプロ!!

    ナデプロ!!から見た給与給与

    27歳。ナデシコプロダクションのマネージャー。ナデプロのマネジメントを全て取り仕切り、その為ならどんな手段も選ばない傍若無人ぶりだが、マネジメントの腕は超が付くほどの一流。給与とは別に「M費」(「萌え費」と「モチベーション費」の頭文字を取ったもの)の待遇が認められている。しかし一月分が200万円を超える為、少なからずナデプロの経営状態と俊幸の頭痛の種となっている。実はエロゲー愛好家。ナデプロ!! フレッシュアイペディアより)

  • 福利厚生

    福利厚生から見た給与給与

    福利厚生(ふくりこうせい、fringe benefits)・従業員給付(じゅうぎょういんきゅうふ、Employee benefits, benefits in kind)とは、従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給される、非金銭報酬(ベネフィット)である 。福利厚生の目的は、従業員の経済的保障を手厚くすることにより、従業員の組織貢献度を高めることである 。福利厚生 フレッシュアイペディアより)

  • 階級 (公務員)

    階級 (公務員)から見た給与給与

    さらに、一般には事務官や技官、事務吏員や技術吏員といった官名・職務名のみしか与えられていない多くの公務員も、俸給表によって給与の額と担うべき職責の重さに関する基準が存在しており、先に述べた職層階級に応じた係員、主任、係長、主査、課長補佐、室長、課長、次長、局長、特別職といったような事実上の階級的な区分を有していることが普通である。階級 (公務員) フレッシュアイペディアより)

  • 丁稚

    丁稚から見た給与給与

    基本的には主人と番頭を筆頭とした徒弟制度であるが、手代より上には給金が支払われ年季奉公の性格があった。手代までは店住まいであるが番頭より上は自宅を構え家族をもつこともあった。丁稚には給与は無く、衣食住が保障されたのみであった。お盆・暮れの年2回、小遣いや藪入りの際の実家への手土産、新しい衣服(お仕着せ)などが支給されることがあった。店主としては商売の教育を施して飯を食わせるのであるから無給は当然であり、丁稚となる者にとっても商売の経験と将来的な独立への布石、また食い詰めた貧家からの丁稚であれば少なくとも飯が食えるというメリットはあった。この報酬体系から丁稚は、しばしば丁稚奉公(江戸言葉では小僧奉公)と表される。丁稚 フレッシュアイペディアより)

  • 正親司

    正親司から見た給与給与

    正親司は皇籍を管理し皇族への給与(季禄・時服)に関する事務を執り行う。令制以前にはこのような機関は無く、唐の律令制における宗正寺(そうせいじ)を模倣したと考えられる。皇族の名簿を管理するため、長官の正には奈良時代には王が任命されることが多く、平安時代以後は代々白川家(花山源氏)が任じられた。司であるにもかかわらず他の司のように統廃合されることがなく、逆に別当が正の上に置かれた。別当は貴族がつとめその機関を総裁する職で寮に置かれることが多く、司では他に内膳司にしか置かれていない。このことから、この機関は時代が下っても重要な存在であったことがうかがい知れる。正親司 フレッシュアイペディアより)

  • バル・ムレチュニィ

    バル・ムレチュニィから見た給与給与

    第二次世界大戦後、国内のほとんどのレストランは共産主義政権によって国営化されたのちに閉店させられた。当時の政権の方針は、全ての国民に安価な食事を、彼らの職場にて提供することだった。社員食堂での食事分は従業員の給与に含まれていた。しかしそれでも多くの人々が社員食堂のない中小企業に勤務していた。そのためヴワディスワフ・ゴムウカ政権の時代に、政府はセルフサービス式の小規模な大衆食堂を全国に設置することにした。食事には政府から補助金が当てられたため、安価で、しかも誰でも利用することができた。バル・ムレチュニィ フレッシュアイペディアより)

197件中 81 - 90件表示

「給与・ボーナス」のニューストピックワード