1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • 給与

    給与から見た地方公共団体

    地方公共団体の長及びその補助機関である職員(専門委員を除く)、その他一定の職員に対して支給する給与のうち、諸手当を除いた基本給を給料といい、その額及び支給方法は条例で定めなければならない(地方自治法第204条、地方公務員法第24条)。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た経常利益

    法人企業統計によると、全産業(除く金融保険業)・全規模の従業員給与は1960年(3.1兆円)から1995年(146.8兆円)まで35年連続で増加していた。しかし、以降は伸びの鈍化、減少が見られるようになり、2011年現在は130.1兆円に落ち込んでいる。また、1990年代半ばまでは経常利益の動向に関わらず従業員給与は増加していたが、近年は経常利益の動向に関わらず従業員給与は減少傾向にある(2002年から2011年の10年間に経常利益は31.0兆円から45.3兆円に増加しているが従業員給与は136.1兆円から130.1兆円に減少している)。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た読売新聞

    公務員においては、以前は手渡しが主流だったが、その後金融口座への振り込みが主流となった。なお、公務員への給与支払いについて、読売新聞が2005年9月26日の記事で、「特に農林水産省の手渡し率が高い」と報道した。それに対し農林水産省は「手渡し率が高かったのは半年前のデータであって、現在(2005年9月時点)は口座への振り込み率はほぼ100%だ」と反論している。行政機構の効率化を求めることから、マスコミが公務員の給与振込の遅れを指摘するが、現金支給については本来違法ではない。また、公務員の支給に際しては「給与の一部を振込、残りは現金支給」を求める職員も多く、農水省の件はその両方をしている職員がいるためにそのようなデータになる。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た博物誌

    また、ローマ歴史学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥスは、プリニウスの博物誌において"1n Rome. . .the soldier's pay was originally salt and the word salary derives from it...".と、「海水」に由来すると述べている。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た労働時間

    給与には、課税の対象となるかどうかで課税給与と非課税給与という分類がある。所得税額を計算するに当たっては重要な区分である。また、毎回決まった額が支給されるかどうかで、「固定的給与」、「変動的給与」という分類が存在する。(固定的給与も昇給などの理由で変動することがある。標準報酬月額、随時改定も参照。)給与の総支給額は固定的給与と変動的給与を足し、不就労部分の給与を差し引くことにより決定される(ノーワーク・ノーペイの原則)。つまり、給与の決定にあたっては、労働時間の把握が重要になってくる。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た

    古代ローマの言葉 salarium は雇用と関係があり、兵士に支給された(Salt)に由来するとされているが、正確な関連性は解明されていない。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た誤用

    一企業に専属してはいるものの、雇用関係にない者が継続的にサービスを提供することで報酬を得る業種(プロスポーツ選手や芸能人など)が受ける報酬(ギャランティー)を「給料」と表現されることが多い。ただしこれらは法律上の観点から見れば誤用である。給与 フレッシュアイペディアより)

  • 給与

    給与から見た給料

    所得税法では第28条において、給与所得とは「俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る所得をいう」と定めており「給料」よりも「給与」のほうが範囲が広い。公務員の勤務の対価も給与という。給与 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「給与・ボーナス」のニューストピックワード