371件中 91 - 100件表示
  • 熊谷市ムサシトミヨ保護センター

    熊谷市ムサシトミヨ保護センターから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    1957年4月、埼玉県水産指導所熊谷養鱒試験池として設立(幾度かの組織変更や移転を経て、廃止時には「埼玉県農林総合研究センター水産研究所熊谷試験地」)。確認されている中では唯一のムサシトミヨ(絶滅危惧種)生息地である元荒川源流域の近くにあり、ムサシトミヨの研究・保護活動や元荒川の清流維持のため、井戸水をポンプで汲み上げて元荒川へと流す作業も行なわれていた(元荒川自体は、生活廃水などが流れており、ムサシトミヨの生息に適した環境ではなくなってしまったための生息地存続策。他地域のムサシトミヨがいなくなったことを受けて開始)。熊谷市ムサシトミヨ保護センター フレッシュアイペディアより)

  • 野猫

    野猫から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    狩猟を実施するハンターにおいても、実際は狩猟対象である野猫と狩猟対象外の野良猫や放し飼いの飼い猫の相互の区別が極めて困難(首輪の有無および、野山に住むか街中をうろついているか程度でしか判断が出来ない)である為、野猫を主要な狩猟対象として活動する者は殆どいないとされている。野猫は野犬や特定外来生物のマングース、ヌートリア、アライグマ、ミンク等と同じく日本在来の小動物や陸地に営巣する鳥類を襲い食料とする為、絶滅危惧種の保護上も重大な脅威となっているが、前述の通り狩猟時の判別が極めて困難な為、ハンターによる積極的な駆除が行われる事は稀である。野猫 フレッシュアイペディアより)

  • オオヤマレンゲ

    オオヤマレンゲから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅寸前又は絶滅危惧種(絶滅危惧?類・CR又はEN) - 静岡県、石川県、奈良県 島根県、山口県、福岡県、長崎県、熊本県。奈良県の大峰山脈ではニホンジカの食害による枯死が危惧されている。シカの食害対策として、環境省と奈良県が防護ネットを設置してオオヤマレンゲを保護する事業を行っている。オオヤマレンゲ フレッシュアイペディアより)

  • シークレット・アイズ〜華麗なる作戦

    シークレット・アイズ〜華麗なる作戦から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    カールトン・ダイヤルの活躍を描いた、スピード感あふれる冒険アクションドラマである。ダイヤルは、サンフランシスコにある、世界規模の回収機構インターセプト・コーポレーションのトップ諜報員であり、パートナーのハリー・フラックと共に、回収業務のために、とてつもなく複雑な計画をこなしていく。かつて政府の諜報部員だったダイヤルは、リスクの大きな任務を何度も経験し、未知の土地であれ、かなり危険な任務であれ、何でもござれである。世界中から要請がある、しかし入手するのがきわめて難しいもの?闇の組織の手に落ちた機密書類、武器情報、時には絶滅危惧種の動植物?を、莫大な報酬と引き換えに回収して行く。シークレット・アイズ〜華麗なる作戦 フレッシュアイペディアより)

  • オトメユリ

    オトメユリから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本特産のユリで、宮城県南部、及び新潟県、福島県、山形県が県境を接する飯豊連峰、吾妻山、守門岳周辺にしか群生していない貴重な植物。野生種は環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)、及び国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」ではEndangered (EN)に指定されている絶滅危惧種でもある。オトメユリ フレッシュアイペディアより)

  • ラッコの保護活動

    ラッコの保護活動から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ところが近年、ラッコ生息地域として重要な2箇所で、ラッコの個体数の増加が止まり、あるいは減少が起こっている。アリューシャン列島ではここ数十年間で、大きく減少している。その原因は不明確であるが、ラッコ頭数の変化は、捕食者であるシャチ頭数の増加と傾向が似ている。1990年代、カリフォルニアでは、アラスカとは別の原因で増加が止まった。ラッコの成獣の伝染病罹患率が高まったためである。カリフォルニアのラッコがなぜ病気にかかりやすいのかは分かっていない。その他、ラッコは石油流出による汚染にも非常に弱く、その被害も報告されている。国際自然保護連合(IUCN)は、ラッコを絶滅危惧種に指定している。ラッコの保護活動 フレッシュアイペディアより)

  • 長内蝶眠

    長内蝶眠から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    また環境省レッドデータによる絶滅危惧種の植物の保護、保存や繁殖活動を個人で無償で行なっており、植物の専門家の視点から緑化に関する提言を行う。長内蝶眠 フレッシュアイペディアより)

  • 恩田川

    恩田川から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    横浜市環境創造局環境施設部水・緑管理課が管理する準用河川。準用河川区間延長は3.47km(大田平橋から下流)、うち横浜市改修計画区間は1.90km(神前橋から下流)、流域面積は約450ha。学校法人玉川学園の敷地内にある横浜市青葉区奈良町の奈良池(本山池)()を源とし、緑協和病院の南西側、横浜市立奈良小学校の東側、こどもの国駅と「こどもの国」の間を通り、こどもの国線とこどもの国通りに沿って南下し、横浜市青葉区恩田町の日影橋の下流側()で恩田川に合流する。1973年度に準用河川に指定され、1980年度から準用河川改修事業が行われている。水源の奈良池では、絶滅危惧IA類(CR)であるゼニタナゴが生息するが、水質悪化により、絶滅が危惧されている(または、すでに絶滅したとも言われている)。源流域は、土橋谷戸と呼ばれる小さな谷を形成している。「こどもの国」内に遊水池がある。恩田川 フレッシュアイペディアより)

  • 火打山

    火打山から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    火打山は活火山の焼山と成層火山の妙高山に挟まれた穏やかな山容の山であるが火山ではなく、堆積岩から海生動物類の化石が発見されている。東隣の妙高山に比べ、ハクサンコザクラ、ミョウコウトリカブト、ワタスゲなどの高山植物が豊富である。高谷池付近には天狗の庭を始めとする池塘の湿原があり、登山シーズンには多くの登山者が訪れる。山頂付近はハイマツ帯で、その南南東稜線上には雷鳥広場(雷鳥平)と呼ばれる場所があり、付近は雷鳥の生息地となっている。ライチョウは新潟県のレッドリストの絶滅危惧種(絶滅危惧IB類 Endangered, EN)に指定されている。火打山 フレッシュアイペディアより)

  • サワガニ

    サワガニから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    トカラ列島以南の南西諸島にはサワガニは分布しないが、近縁種が多数分布する。これらは孤立した島嶼や半島部で独自の種分化を遂げたものと考えられているが、同時に分布が局地的で、ほとんどの種類が絶滅危惧種となっている。また、近縁の淡水性カニは、マダガスカル島。や、フィリピンなどの日本国外にも分布する。サワガニ フレッシュアイペディアより)

371件中 91 - 100件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード