371件中 11 - 20件表示
  • 両生類・爬虫類レッドリスト (環境省)

    両生類・爬虫類レッドリスト (環境省)から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    両生類・爬虫類レッドリスト(りょうせいるい・はちゅうるいレッドリスト)は、日本の環境省が公表した両生類・爬虫類のレッドリストであり、日本国内における両生類・爬虫類の絶滅危惧の評価である。日本国内の個体群に対しての評価であるので、世界的にみれば普通種に該当する場合がある。両生類・爬虫類レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • 皇居の生物相

    皇居の生物相から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    皇居内のコケ類の調査では、蘚類77種、苔類29種、ツノゴケ類1種の計107種が確認された。これまで都内で最も多くのコケ類が確認されているのは自然教育園の52種で、東京都区内で皇居のみで見つかっているコケ類は蘚類14種、苔類9種の23種に及び、皇居のコケ類が生物多様性に富んでいることがわかる。また絶滅危惧種であるコウライイチイゴケ、ヤワラゼニゴケが生育しているなど貴重な種が見られ、人家の周辺などに見られ都市化の指標とされるヒョウタンゴケ、ゼニゴケなどが生育しないといった特色も見られる。皇居の生物相 フレッシュアイペディアより)

  • ピリン国立公園

    ピリン国立公園から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    公園は18種のピリン地域固有種、15種のブルガリア固有種、多くのバルカン半島固有種が生育しており、ピリンのシンボルであるエーデルワイスのような絶滅危惧種も多く生育する。ブルガリアのレッドデータブックに記載された絶滅危惧種は126種だが、ピリンに生育する絶滅危惧種の総数はそのうち約60種にもなる。ピリン国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見川

    鶴見川から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    流域は、源流域に緑地地域が多く残り、中流域まで高水敷が広がる。中上流域には絶滅危惧種に指定される淡水魚や鳥類、昆虫類も生息し、下流域には汽水性の魚類、エビ・カニ類、貝類や海鳥が生息する。国土交通省の調査による河川の区域面積あたりの利用者数は、十勝川に次いで多く、特に散策の利用者は全国で最も多い。中流域の鶴見川サイクリングコースや堤防上の歩道、森永橋付近にある横浜市鶴見川漕艇場など、河川利用を促進する施設も整備されている。鶴見川 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫類レッドリスト (環境省)

    昆虫類レッドリスト (環境省)から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    昆虫類レッドリスト(こんちゅうるいレッドリスト)は、日本の環境省が公表した昆虫類のレッドリストであり、日本国内における昆虫類の絶滅危惧の評価である。種全体としての評価ではなく日本国内に生息する個体群に対しての評価であるので、世界的にみれば普通種である場合もある。昆虫類レッドリスト (環境省) フレッシュアイペディアより)

  • オウム

    オウムから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    いくつもの希少種やその近縁種も、また同じく問題を引き起こしていることが記録されている。ニシオジロクロオウム(西オーストラリア州の固有種で、絶滅危惧種)は松の植樹林の害鳥と考えられている。これは成育中の松の芽吹きの先端をかじり取ってしまい、この結果幹が曲がって材木としての価値を下げてしまう。オウム フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース宅配便窃盗事件

    グリーンピース宅配便窃盗事件から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    告発者の従事していた当時の話だと、日新丸の乗組員の8割方(推定)が鯨肉の持去り(原文だと「勝手に..持ち帰り」という表現)をおこなっており、一人 200~300kg ほど(「」では説明つかない量)であり、ベーコン原料である畝須の塩漬けがほとんどだが、脂のある上質赤身やオノミなども抜かれている。また、絶滅危惧種で市場価値も高いナガスクジラの着服に関しては、もっぱら上役が入手してしまっていた、としている。(細かい部分はに記述)。グリーンピース宅配便窃盗事件 フレッシュアイペディアより)

  • ゼニガタアザラシ

    ゼニガタアザラシから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の環境省・水産庁により絶滅危惧種(絶滅危惧?類)に指定されている。2008年に発表された国際自然保護連合のレッドリストでは、軽度懸念(Least Concern)と評価されている。ゼニガタアザラシ フレッシュアイペディアより)

  • 生物多様性

    生物多様性から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    生物学者の中には、現在多くの生物種の絶滅が起きていると考え、これを完新世大量絶滅と呼ぶ者もいる。20世紀の期間中、生物多様性の衰退が観察され続けてきた。2006年には、かなり多くの種が絶滅危惧種に分類されている。多くの科学者が、正式に認知されていない数百万以上の種が危機にさらされていると見積もっている。種数領域理論を用いた計算で、年に最大14万種の消失があるとする推定値があり、議論を呼んでいる。年ごとに生じる新種の数は少ないので、多くの種が消失すると生態学的な諸事象の持続が不可能になる。生物多様性 フレッシュアイペディアより)

  • 京都スタジアム

    京都スタジアムから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    京都スタジアム(きょうとスタジアム)では、京都府内で建設が計画されているサッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどの専用球技場(府がサッカーJリーグの京都サンガF.C.を誘致活動中)について記載する。なお、スタジアム建設予定地に内定している亀岡市の候補地(下記参照)は、絶滅危惧種のアユモドキの生息地と判明している(下記参照)。京都スタジアム フレッシュアイペディアより)

371件中 11 - 20件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード