479件中 31 - 40件表示
  • 皇居の生物相

    皇居の生物相から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    皇居内のコケ類の調査では、蘚類77種、苔類29種、ツノゴケ類1種の計107種が確認された。これまで都内で最も多くのコケ類が確認されているのは自然教育園の52種で、東京都区内で皇居のみで見つかっているコケ類は蘚類14種、苔類9種の23種に及び、皇居のコケ類が生物多様性に富んでいることがわかる。また絶滅危惧種であるコウライイチイゴケ、ヤワラゼニゴケが生育しているなど貴重な種が見られ、人家の周辺などに見られ都市化の指標とされるヒョウタンゴケ、ゼニゴケなどが生育しないといった特色も見られる。皇居の生物相 フレッシュアイペディアより)

  • サンガ川流域の3か国保護地域

    サンガ川流域の3か国保護地域から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    哺乳類は116種が棲息し、霊長類はニシローランドゴリラ(絶滅寸前)、(絶滅危惧種)、、など18種である。ほかにも危急種のマルミミゾウやカバ、準絶滅危惧のヒョウ、アフリカゴールデンキャット、ボンゴ、などが棲息している。サンガ川流域の3か国保護地域 フレッシュアイペディアより)

  • 生物多様性

    生物多様性から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    生物学者の中には、現在多くの生物種の絶滅が起きていると考え、これを完新世大量絶滅と呼ぶ者もいる。20世紀の期間中、生物多様性の衰退が観察され続けてきた。2006年には、かなり多くの種が絶滅危惧種に分類されている。多くの科学者が、正式に認知されていない数百万以上の種が危機にさらされていると見積もっている。種数領域理論を用いた計算で、年に最大14万種の消失があるとする推定値があり、議論を呼んでいる。年ごとに生じる新種の数は少ないので、多くの種が消失すると生態学的な諸事象の持続がほぼ不可能になる。生物多様性 フレッシュアイペディアより)

  • ニホンウナギ

    ニホンウナギから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    国際自然保護連合(IUCN)により、2014年から絶滅危惧種(EN)の指定を受けている。ニホンウナギ フレッシュアイペディアより)

  • 辰巳ダム

    辰巳ダムから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    8月 - 環境保護団体・世界自然保護基金(WWFジャパン)が辰巳ダム近くにある絶滅危惧A類のCにランクされているミゾゴイ生息地を視察、県と意見交換する。辰巳ダム フレッシュアイペディアより)

  • 絶滅危ぐ種

    絶滅危ぐ種から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅危ぐ種 フレッシュアイペディアより)

  • 絶滅危惧生物種

    絶滅危惧生物種から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅危惧生物種 フレッシュアイペディアより)

  • ミズスギナ

    ミズスギナから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本固有種で、関東以西の本州、四国、九州に分布。生息地の減少に伴って個体数は減少しており、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている。ミズスギナ フレッシュアイペディアより)

  • ミズマツバ

    ミズマツバから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本や東南アジア、南アメリカ、アフリカに生息する。日本では農薬の使用や土地利用の変化などが原因となって個体数が減少し、絶滅危惧種に指定されている。ミズマツバ フレッシュアイペディアより)

  • 阿南市立新野西小学校

    阿南市立新野西小学校から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    同校では徳島県指定の天然記念物「桑野川のオヤニラミ」を3匹飼育していた。このオヤニラミは環境省から絶滅危惧種に指定されており、全校児童が飼育に取り組んでいたのも有名であった。阿南市立新野西小学校 フレッシュアイペディアより)

479件中 31 - 40件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード