371件中 31 - 40件表示
  • 蕃山丘陵

    蕃山丘陵から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    仙台市都心部に近い丘陵地の多くは宅地開発が進んでいるが、蕃山丘陵も例に漏れず南側斜面に1つ(茂庭)、北側斜面に2つ(折立、錦ヶ丘)の住宅地が開発されている。しかし、近年特別天然記念物で絶滅危惧種のオオタカの営巣地が確認され、開発にブレーキがかかっている。蕃山丘陵 フレッシュアイペディアより)

  • ミツバヤツメ

    ミツバヤツメから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    太平洋の北半球側に生息しているが、日本では北海道のごく一部の河川で見られる。本州の河川にもまれに迷い込んでくる。日本では30尾あまりしか発見されておらず、絶滅危惧種である。ミツバヤツメ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメハルゼミ

    ヒメハルゼミから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    他にも自治体レベルで絶滅危惧種や天然記念物に指定している所が数多い。ヒメハルゼミ フレッシュアイペディアより)

  • ハルゼミ

    ハルゼミから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本ではマツクイムシによるマツ林の減少、さらにマツクイムシ防除の農薬散布も追い討ちをかけ、ハルゼミの生息地は各地で減少している。各自治体レベルでの絶滅危惧種指定が多い。ハルゼミ フレッシュアイペディアより)

  • ミズマツバ

    ミズマツバから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本や東南アジア、南アメリカ、アフリカに生息する。日本では農薬の使用や土地利用の変化などが原因となって個体数が減少し、絶滅危惧種に指定されている。ミズマツバ フレッシュアイペディアより)

  • 大山タイモ畑

    大山タイモ畑から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    タイモ畑にある大山ヒージャーガーや大山ヒャーカーガーなどの湧水地には絶滅危惧種に指定されているオオイシソウ(紅藻)、準絶滅危惧種に指定されているチョウチンミドロ(緑藻)やタニコケモドキ(紅藻)などの生息が確認されており、市街地の中にあって貴重な水辺環境が残る場所となっている。大山タイモ畑 フレッシュアイペディアより)

  • ワンド (地形)

    ワンド (地形)から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    淀川のワンドが天然記念物の稀少種イタセンパラの生息地として注目されるようになると、河川に生物多様性をもたらす要素のひとつとして、河川改修にあわせてワンドを整備するケースが増えている。ワンド (地形) フレッシュアイペディアより)

  • ヒメヌマエビ

    ヒメヌマエビから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の九州以北では生息地が限られ、個体数も少ない。都府県や市町村などのレベルで絶滅危惧種に指定している所もある。ヒメヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • タナゴ亜科

    タナゴ亜科から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ミヤコタナゴとイタセンパラは1974年に国の天然記念物に種として指定され、無許可の採捕や飼育は禁止されている。他にも環境省レッドリストで以下の種類が絶滅危惧種としてリストアップされ、各地で保護活動が行われている(2007年改訂版)。タナゴ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • ショウキラン

    ショウキランから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    北海道西南部、本州、四国、九州、屋久島に広く分布し、山地の比較的日当たりが悪い場所に生育する。大分県や山口県ほか数県でレッドデータブックの絶滅危惧種に指定されている。ショウキラン フレッシュアイペディアより)

371件中 31 - 40件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード