479件中 41 - 50件表示
  • 人工繁殖

    人工繁殖から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    人工繁殖(じんこうはんしょく)とは、生物を人工的手段により繁殖させること。時には人工授精や体外受精などの手法も用いられる。特に野生の状態のままでの繁殖が難しく、絶滅が危惧される絶滅危惧種を繁殖させることを指す。対語は自然繁殖。人工繁殖 フレッシュアイペディアより)

  • 椹野川

    椹野川から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    山口県山口市宮野上の坂堂峠付近に源を発し、宮野湖、荒谷ダムを経た後、JR山口線に沿って南西に流れる。椹野川水系最大の支流仁保川、山口市街を流れる一の坂川を合わせ、山口湾に注ぐ。絶滅危惧種のスナヤツメ、アカザ、メダカが生息し、鮎も採れる。椹野川 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    核実験は技術的な問題以上に、政治的に「核武装の実証を公言」するため必須となる。1970年代初頭に当時の防衛庁の行なった研究では「国内に実験場が無い」ことを核武装断念の理由としている。これを本土から離れた無人島で地下核実験を行えば良いという意見もあるが、現実問題としてそのほとんどが国定公園である離島を核実験場にすることは固有種や絶滅危惧種、生態系など環境への深刻な影響を与える。これは核実験の放射能の影響云々以前に、核実験場という施設の建設や、維持する人員によって惹起されるものである。また、地下核実験を行っても問題が無い地層地質であるかの研究はまったく行われていないため、候補地そのものを探すところから始めなければならない。日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • 国際保護鳥

    国際保護鳥から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    国際保護鳥(こくさいほごちょう)は、レッドリストのような絶滅危惧種の指定制度がまだなかった1950年代頃に、国際鳥類保護会議(ICBP、現バードライフ・インターナショナル)が指定した、当時特に絶滅の危機にあると考えられていた鳥類である。国際保護鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 紀の川大堰

    紀の川大堰から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    既にアユの遡上が確認されているが、長期的な影響については未確認である。淀川大堰(淀川)ではワンドを整備したにも関わらず湛水域の拡大でヨシ群落が水没、イタセンパラなどの絶滅危惧種が減少したという報告もあり、長期的スパンで今後の厳重なモニタリングが重要との指摘も多い。紀の川大堰 フレッシュアイペディアより)

  • 中津港

    中津港から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    中津港にある中津干潟は、ズグロカモメ等の渡り鳥の重要な渡来地であり、カブトガニやアオギス等の絶滅危惧種の貴重な生息地でもあるため、港湾整備に伴う自然破壊が懸念されている。中津港 フレッシュアイペディアより)

  • フィッシュサステナビリティ

    フィッシュサステナビリティから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    マグロは日本の食文化に欠かすことの出来ない水産資源であるが、中でも最高級とされるクロマグロの8割が日本で消費されており、そのクロマグロを巡って世界は熱い論争を繰り広げている。2010年3月カタールのドーハで開催されたワシントン条約締結国会議では、大西洋・地中海産のクロマグロを絶滅危惧(きぐ)種に指定して、国際取引を禁止するモナコや欧州連合(EU)の提案について可決される可能性があったが、中国や日本のロビー活動が功を奏して、かろうじて禁止案は否決された。しかし、大西洋・地中海ではICCAT(International Convention for the Conservation of Atlantic Tunas)=大西洋のまぐろ類の保存のための国際条約、を中心に進められている漁業規制に違反した操業が頻発し、実際のところクロマグロは絶滅危惧種状態にあるのは専門家の常識となっている。フィッシュサステナビリティ フレッシュアイペディアより)

  • アカオタテガモ

    アカオタテガモから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    イギリスで飼育されていた個体が逃げ出して帰化し、そこから移動した個体の子孫がヨーロッパ中に広く生息するようになった。本種は繁殖行動が荒っぽく、絶滅危惧種カオジロオタテガモと雑種を形成することから、南ヨーロッパでは特に問題になっている。現在イギリスでは外来種アカオタテガモを根絶する計画が進行中であり、論争を呼んでいる。アカオタテガモ フレッシュアイペディアより)

  • GRIN (データベース)

    GRIN (データベース)から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    その情報はオンライン公開されており、作物など利用価値のある植物も野生種を含め、約1万種、全500,000 アクセション件数(別個の品種数)について、その分類学的情報(学名)や一般名 をデータ化する。さらに外来種や地域外来種でとくに「有害雑草(noxious weed)」の指定を受けたものや、希少または絶滅危惧種にも触れる。各種が自生する生息地の情報(世界分布)も充実しており、 輸出入や入管手続的な「パスポート情報」も記載する。 GRIN の一部に 経済利用植物データベースがある。GRIN (データベース) フレッシュアイペディアより)

  • マルバオモダカ

    マルバオモダカから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本や中国をはじめ、アジア大陸やヨーロッパ大陸、オーストラリアなどに分布する。ただし日本やヨーロッパでは個体数が減少しており、多くの地域で絶滅危惧種に指定されている。また、スイスなどでは既に絶滅している。マルバオモダカ フレッシュアイペディアより)

479件中 41 - 50件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード