479件中 51 - 60件表示
  • ヤクタネゴヨウ

    ヤクタネゴヨウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の九州の南に位置する屋久島および種子島にのみ自生する。自生種は屋久島で1000-2000本、種子島には200本ほどと推定されており、IUCN及び環境省のレッドリストで絶滅危惧種とされている。ヤクタネゴヨウ フレッシュアイペディアより)

  • スターリングレンジ国立公園

    スターリングレンジ国立公園から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    スターリングレンジ国立公園は絶滅危惧種であるニシオジロクロオウムやが生息し、同じく絶滅危惧種であるボーダンクロオウムの繁殖地となっていることから、バードライフ・インターナショナルにより重要野鳥生息地 (IBA) に指定されている。スターリングレンジ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • チョウジソウ

    チョウジソウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ほとんどの都道府県では、野生絶滅あるいは絶滅危惧種に指定されている。チョウジソウ フレッシュアイペディアより)

  • スミナガシ

    スミナガシから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本では、スギ、ヒノキなどの植林や管理放棄によって雑木林が減少し、それに伴ってスミナガシも個体数を減らしている。絶滅危惧種に指定している自治体も多い。スミナガシ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメシロアサザ

    ヒメシロアサザから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本、中国、朝鮮半島のほか、ロシアにも分布する。日本では水田雑草となることもある一方で、個体数は減少傾向にあり、絶滅危惧種に指定されている。ヒメシロアサザ フレッシュアイペディアより)

  • エビネ

    エビネから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の大多数の都道府県で、レッドリストの絶滅寸前(CR)・絶滅危惧種(EN)・危急種(VU)・準絶滅危惧の種に指定されている。エビネ フレッシュアイペディアより)

  • トリゲモ

    トリゲモから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ヨーロッパ原産だが、各地に導入され、世界中に広く分布する。日本でも全国各地に分布しているが、数は少なく絶滅危惧種に指定されている。トリゲモ フレッシュアイペディアより)

  • 絶滅危惧種法

    絶滅危惧種法から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅危惧種法(ぜつめつきぐしゅほう、Species at Risk Act)とは、2002年に制定されたカナダの法律。絶滅危惧種の保護を目的に策定された。絶滅危惧種法 フレッシュアイペディアより)

  • カギカズラ

    カギカズラから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    丈夫な蔓草として使われることもあるが、多くない。漢方薬としての利用は下にまとめる。学術的には、日本本土では分布の限られた種であり、重視される。千葉県や神奈川県、京都や島根など、分布北限の地域ではそれぞれに程度は異なるが絶滅危惧種に類するランクが与えられている。ただしそれ以南の地域では普通に見られるため、日本全国では取り上げられていない。また、京都市の「松尾大社カギカズラ野生地」は市の天然記念物に指定されている。カギカズラ フレッシュアイペディアより)

  • キカシグサ属

    キカシグサ属から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    キカシグサ属の種の多くは、稲作農家にとっては厄介な水田雑草である。ただし環境破壊などにより生息地は縮小傾向にあり、個体数は減少している。ミズキカシグサなど数種は、レッドデータブックに記載されている絶滅危惧種となっている。キカシグサ属 フレッシュアイペディアより)

479件中 51 - 60件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード