371件中 51 - 60件表示
  • エゾハルゼミ

    エゾハルゼミから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    広葉樹林の伐採やそれに代わるスギ、ヒノキの植林などで生息域が減少している。特に西日本では少ない生息地がさらに狭まっており、各都府県で独自に作成したレッドデータブックでは絶滅危惧種として記載している所が多い。エゾハルゼミ フレッシュアイペディアより)

  • 愛玩鳥

    愛玩鳥から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    なお、こういった絶滅危惧種であっても、巣引きなど人工繁殖によって得られた個体や、そういった種と他種の交雑種は取引規制の対象外とされている。日本においても種の保存法でこうした種の輸入や飼育が認められているが、同じ法律でこれらの他人への販売、譲渡についてはいかなる理由があっても禁止しているので、何らかの理由で飼い主が絶滅危惧種(交雑種は問題ない)の愛鳥を手放さなくてはならない場合は問題になる。愛玩鳥 フレッシュアイペディアより)

  • イシマンガリソ湿地公園

    イシマンガリソ湿地公園から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    クルーガー国立公園(Kruger National Park)やオカヴァンゴ・デルタ(Okavango Delta)のようなアフリカ大陸南部のより大きな公園に比べるとあまり知られていないが、セント・ルシアはより多くの生物種を養っており、特に一部の絶滅危惧種にとっての貴重な生息地を提供している。イシマンガリソ湿地公園 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメウスユキソウ

    ヒメウスユキソウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    田中澄江が『花の百名山』の著書で、木曽駒ヶ岳を代表する高山植物の一つとして紹介した。その産地が限られていることや個体数の少ないことから、長野県が2002年に、絶滅危惧IA類に指定した。学名の「shinanense」は「信濃」を意味し、長野県を代表する高山植物の一つである。ヒメウスユキソウ フレッシュアイペディアより)

  • シロイヌノヒゲ

    シロイヌノヒゲから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    北海道を除く日本と韓国に分布する。地域によっては絶滅危惧種に指定されていることがある。シロイヌノヒゲ フレッシュアイペディアより)

  • ヤクタネゴヨウ

    ヤクタネゴヨウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の九州の南に位置する屋久島および種子島にのみ自生する。自生種は屋久島で1000-2000本、種子島には200本ほどと推定されており、IUCN及び環境省のレッドリストで絶滅危惧種とされている。ヤクタネゴヨウ フレッシュアイペディアより)

  • ホシクサ属

    ホシクサ属から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本のホシクサ属の多くは湿地帯に自生しており、水田にもよく出現した水田雑草でもある。そのため農薬の散布により広大な生育環境が失われた。群生する姿が美しいことからメディアでたびたび取り上げられるシラタマホシクサは環境省のレッドデータブックで絶滅危惧?類に指定されているされている。ホシクサ属 フレッシュアイペディアより)

  • 塘路湖

    塘路湖から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅危惧種の藻類マリモが生息している。塘路湖 フレッシュアイペディアより)

  • ツルリンドウ

    ツルリンドウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    屋久島の固有種である。環境省のレッドリストの準絶滅危惧に指定されている。鹿児島県で絶滅危惧種に指定されている。ツルリンドウ フレッシュアイペディアより)

  • ボホール州

    ボホール州から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ターシャと呼ばれる世界最小猿が生息する。絶滅危惧種に指定され保護されている。ボホール州 フレッシュアイペディアより)

371件中 51 - 60件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード