371件中 61 - 70件表示
  • エビネ

    エビネから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の大多数の都道府県で、レッドリストの絶滅寸前(CR)・絶滅危惧種(EN)・危急種(VU)・準絶滅危惧の種に指定されている。エビネ フレッシュアイペディアより)

  • オオヒョウタンボク

    オオヒョウタンボクから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    山梨県で、レッドリストの絶滅危惧種(絶滅危惧種IB類・EN)指定を受けている。環境省としての、レッドリストの指定はない。オオヒョウタンボク フレッシュアイペディアより)

  • 谷戸沢廃棄物広域処分場

    谷戸沢廃棄物広域処分場から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    環境改善工事などの実施により、破壊された森林などの復元が進んでおり、現在では国蝶のオオムラサキや、国内で絶滅の恐れがあるカヤネズミなどの生息が確認されている。また、谷戸の渇水対策として沢水を溜める貯水池が造られた、山鳥のみならずに水鳥なども確認されている。谷戸沢廃棄物広域処分場 フレッシュアイペディアより)

  • 冷凍動物園

    冷凍動物園から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    サンディエゴ動物園等のいくつかの動物園や Audubon Center for Research of Endangered Species等の研究プログラムは、絶滅危惧種の遺伝的多様性を守るためや、タスマニアタイガーやマンモス等の絶滅種を将来再び蘇らせることを目的として、遺伝物質を低温保存している。冷凍動物園 フレッシュアイペディアより)

  • キカシグサ属

    キカシグサ属から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    キカシグサ属の種の多くは、稲作農家にとっては厄介な水田雑草である。ただし環境破壊などにより生息地は縮小傾向にあり、個体数は減少している。ミズキカシグサなど数種は、レッドデータブックに記載されている絶滅危惧種となっている。キカシグサ属 フレッシュアイペディアより)

  • トリゲモ

    トリゲモから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ヨーロッパ原産だが、各地に導入され、世界中に広く分布する。日本でも全国各地に分布しているが、数は少なく絶滅危惧種に指定されている。トリゲモ フレッシュアイペディアより)

  • 自然保護団体

    自然保護団体から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    主な活動は動植物に於ける在来種の保護、絶滅危惧種の保護、あるいは貴重な自然環境の保護などを目的とし、多くの団体がそのための啓発活動に力を入れている。自然保護団体 フレッシュアイペディアより)

  • オンタデ

    オンタデから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    北海道の大雪山と本州中部以北の亜高山帯-高山帯にかけて分布する。木曾の御嶽山で最初に発見されたことからこの名がついた。基準標本は富士山のもので、富士山の高山帯(標高2,400-3,300 m )に多く分布している。風衝地、砂礫地、岩礫地、火山の荒地などの他の生物が生育しにくい場所に真っ先に生育し始めるパイオニア植物である。秋田県で、レッドリストの絶滅危惧種の指定を受けている種である。オンタデ フレッシュアイペディアより)

  • 行徳可動堰

    行徳可動堰から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    しかし、人工物とはいえ設置から50年以上の年月が経っているため、改修工事によってこの間に形成された環境が改変されてしまう懸念も出されている。このため、堰周辺にある絶滅危惧種であるヒヌマイトトンボの生息地や干潟などをどう保全していくかが改修の検討における論点の一つとなっている。行徳可動堰 フレッシュアイペディアより)

  • 人工繁殖

    人工繁殖から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    人工繁殖(じんこうはんしょく)とは、生物を人工的手段により繁殖させること。時には人工授精や体外受精などの手法も用いられる。特に野生の状態のままでの繁殖が難しく、絶滅が危惧される絶滅危惧種を繁殖させることを指す。対語は自然繁殖。人工繁殖 フレッシュアイペディアより)

371件中 61 - 70件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード