479件中 61 - 70件表示
  • ザ・ラストバトル

    ザ・ラストバトルから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ドラゴンの外見を持つ。昔では、コッパス族のイカダ付近でも飛んでいるのを確認されていた。現在では、絶滅危惧の種族となっている。ザ・ラストバトル フレッシュアイペディアより)

  • ヒメビシ

    ヒメビシから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本、朝鮮半島、台湾、中国などに生育している。日本では各地で個体群が消滅し、絶滅危惧種に指定されている。ヒメビシ フレッシュアイペディアより)

  • キバナノコマノツメ

    キバナノコマノツメから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    アカイシキバナノコマノツメ(赤石黄花の駒の爪 V. b. var. akaishiensis)、南アルプス、長野県でレッドリストの絶滅危惧?B類(EN)に指定されている。キバナノコマノツメ フレッシュアイペディアより)

  • キラキラ☆アキラ

    キラキラ☆アキラから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    アキラの父。第10回に電話で声だけの後、第13回で初登場。 絶滅危惧種の動物を研究している学者で、17歳の頃から眼鏡をかけている。イリコが好物。キラキラ☆アキラ フレッシュアイペディアより)

  • オグラセンノウ

    オグラセンノウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    オグラセンノウ(小倉仙翁)は、ナデシコ科センノウ属の多年草。夏に引き裂いたような紅い色の花をつける。朝鮮半島北部、九州地方、岡山県以西の中国地方などの山間部の湿地帯に生育する。絶滅危惧種オグラセンノウ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルムート・ジック

    ヘルムート・ジックから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ヘルムート・ジック(Maximilian Heinrich Friedrich Hellmuth Sick、Helmut Sickとして知られる。1910年1月10日 - 1991年3月5日)は、ドイツ生まれの鳥類学者である。後にブラジルに帰化した。ブラジルの絶滅に瀕する鳥類に関する著書を著した。ヘルムート・ジック フレッシュアイペディアより)

  • 響灘ビオトープ

    響灘ビオトープから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    2012年10月6日オープン。北九州市若松区響町二丁目に位置し、響灘を廃棄物処分場として埋め立てた敷地に自然発生した。整地されていない埋立地に雨水が溜まって湿地ができ、鳥などが運んできた植物の種から木が自生し、環境省の絶滅危惧種(鳥類レッドリスト絶滅危惧IB類)に指定されているチュウヒをはじめとする237種の鳥類や、284種の植物などが確認されている生態系を守るため全体(約41ha)のうち約7haが公開されている。響灘ビオトープ フレッシュアイペディアより)

  • ルポルタージュ

    ルポルタージュから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    鎌田慧によると、ルポライターの多くが肩書をノンフィクション作家に変えたため、ルポライターは絶滅危惧種になりつつあるという。ルポルタージュ フレッシュアイペディアより)

  • カタヒバ

    カタヒバから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    いずれもそれ以南の東南アジアまで分布する種である。どちらも日本ではごく自生地の限られたものであり、絶滅危惧種にあげられるものである。イヌカタヒバに関しては、山野草としての栽培を元に、本州各地で帰化、繁殖している。今後の動向に注意を要する。カタヒバ フレッシュアイペディアより)

  • 漢那ダム

    漢那ダムから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    整備後はビオトープ「めだかの学校」として市民の環境教育に利用されている。湿地生物として絶滅危惧種に指定されているタウナギ、メダカ、タイワンキンギョなどの生息が確認されている。また、2000年(平成12年)から絶滅危惧種に指定されているマルタニシの移植放流が行われたものの定着には至らなかった。漢那ダム フレッシュアイペディアより)

479件中 61 - 70件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード