479件中 81 - 90件表示
  • メスグロヒョウモン

    メスグロヒョウモンから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本産ヒョウモンチョウ類の中では分布が広い方だが、生息地は各地に散在しており、どこにでも生息するわけではない。環境の変化などで見られなくなっている地域もあり、レッドリストの絶滅危惧種に指定している都道府県がある。メスグロヒョウモン フレッシュアイペディアより)

  • ヒメヌマエビ

    ヒメヌマエビから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本の九州以北では生息地が限られ、個体数も少ない。都府県や市町村などのレベルで絶滅危惧種に指定している所もある。ヒメヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • ヒオドシチョウ

    ヒオドシチョウから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅寸前または絶滅危惧種(絶滅危惧I類、CRまたはEN) - 千葉県、東京都ヒオドシチョウ フレッシュアイペディアより)

  • レイヨウジリス属

    レイヨウジリス属から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ネルソンレイヨウジリス - カリフォルニア州サンホアキン・バレーに分布、絶滅危惧種レイヨウジリス属 フレッシュアイペディアより)

  • オオオカメコオロギ

    オオオカメコオロギから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    近年生育地が開発されるなどし、個体数が減少している。10の県で絶滅危惧種に指定されている。オオオカメコオロギ フレッシュアイペディアより)

  • ベルカ公国

    ベルカ公国から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    タウブルグ丘陵 - ベルカ公国中部に位置する丘陵地帯で、世界遺産に登録される壮大な自然の宝庫。元々国立公園に指定される自然保護区であったが、軍拡に伴い「エクスキャリバー」等の軍事施設が建設され、民間人の立ち入りが禁止された事で、結果的に自然保護が更に進んだという特殊な事情を持つ。絶滅危惧種を含む希少な動植物も多数生息しており、周辺はセコイアの森と緩やかな丘陵地形に囲まれている。この地に建設された超高層兵器の圧倒的な威容と大自然の融合が一種異様な景観を生み出している特異な地域である。ベルカ公国 フレッシュアイペディアより)

  • ワインカントリー (カリフォルニア州)

    ワインカントリー (カリフォルニア州)から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ワインカントリーには様々なサンショウウオ、蛇および蛙も棲んでいる。連邦政府が絶滅危惧種に挙げたカリフォルニアアカアシカエルがアナデル州立公園南斜面の北側水域に生息している。幾つかの絶滅危惧種が主にナパ・ソノマ湿地に生息しており、カリフォルニア・オニクイナ (Rallus longirostris)、カリフォルニア・クロコクイナ (Laterallus jamaicensis)、カリフォルニア・カッショクペリカン (Pelicanus occudentalis)、カリフォルニア清水エビ(Syncaris pacifica)、塩水潟カヤネズミ (Reithrodontomys raviventris )、サスーン・トガリネズミ(Sorex ornatus sinuosus)、サクラメント・スプリットテイル (Pogonichtys macrolepidotus) などである。上記の種のうちスプリットテイル、クロコクイナおよびニジマスが連邦政府の指定する絶滅の怖れがある種であり、その他は絶滅危惧種である。ワインカントリー (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ハママンネングサ

    ハママンネングサから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    絶滅危惧II類に指定されている。分布は九州南部から沖縄。国外では台湾とフィリピンのバタン島に分布する。ハママンネングサ フレッシュアイペディアより)

  • 鵜殿のヨシ原

    鵜殿のヨシ原から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    環境省が公表しているレッドリストで、絶滅危惧IA類に指定されているトネハナヤスリが確認されている。鵜殿のヨシ原 フレッシュアイペディアより)

  • シロテテナガザル

    シロテテナガザルから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにて絶滅危惧IB類に指定されている。シロテテナガザル フレッシュアイペディアより)

479件中 81 - 90件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード