371件中 81 - 90件表示
  • 長沢ため池

    長沢ため池から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    池には、絶滅危惧種の淡水産貝であるフネドブガイ、オオルリハムシが、シロネ(白根)を食草して生息しており、オオルリハムシ等の生息に欠かせない自然環境が整っている。長沢ため池 フレッシュアイペディアより)

  • ムラサキ

    ムラサキから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    万葉集にもその名が出るほど歴史は古く、奈良時代から江戸時代末期まで栽培が行われてきた。しかし、明治時代以降は合成染料の登場により商業的価値を失い、ムラサキ自体も絶滅危惧種レッドデータブックIBにランクされるまでになってしまった。そのため、現在も熱心な愛好家たちが栽培を試みているが、種の発芽率が低い上、ウイルスなどに弱いため、株を増やすのは困難である。このため、現在では中国から近縁種(下記)が輸入され、ムラサキとして流通している。ムラサキ フレッシュアイペディアより)

  • オオチャバネセセリ

    オオチャバネセセリから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    日本では基亜種 Polytremis pellucida pellucida が、北海道から九州までの、丘陵地から高山にかけて見られるが、特に平地では生息地・数が減少傾向にあり、地域の絶滅危惧種に指定されている場合がある。その原因は一般に「不明」とされているが、里山的環境の変化や人為的開発などにより生息に適した雑木林周辺(林縁)の減少・荒廃などが一因との指摘がされている。オオチャバネセセリ フレッシュアイペディアより)

  • ビッグサー

    ビッグサーから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    ビッグサーの多様な気候のために、野生のオーキッドで非常に個体数の限られているPiperia yadoniiのような希少種や絶滅危惧種など、生態系の大きな多様さに繋がっている。植物の茂る水辺の森林まで歩いて行ける範囲に乾燥し、埃っぽいシャパラルで覆われた丘陵がある。山岳部は雲から水分の大半を捕まえてしまう。それが夏の霧、冬の雨と雪になる。このことでセコイア (Sequoia sempervirens) の生息域南限など針葉樹林には好都合の環境を生み出している。セコイアは夜に霧に覆われることの多い低い海岸山脈の斜面のみで成長している。ビッグサーのアクセスが難しいセコイア林の多くは切り出されたことが無い。科学者J・マイケル・フェイは2008年にセコイアの生息域全体を横断した結果として、古生セコイアの地図を出版した。セコイア切り出された地域では、その再生能力が高く、20世紀初期に伐採が中止されて以来大きく再生を果たしてきた。希少種のサンタルシアモミ (Abies bracteata) はその名前通りサンタルシア山脈でのみ見られるものである。よくある「外来種」としてはモントレー・パイン (Pinus radiata) がある。これは19世紀後半までビッグサーではあまり見られなかったが、防風林として多くの家屋所有者が植えてきた。タンオーク (Lithocarpus densiflorus) 、海岸生息オーク (Quercus agrifolia)、およびカリフォルニア湾月桂樹 (Umbellularia californica) のような広葉樹も多い。雨蔭では森林が消失し植生は開けたオークの林になり、よりなじみがあり火災に耐性があるカリフォルニア特有のシャパラルの低木地に移って行く。ビッグサー フレッシュアイペディアより)

  • 宮川アジュ

    宮川アジュから見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    1965年、信州に生まれる。服飾学校を卒業後、2年間にわたり、約30ヶ国を放浪した末、芸術家になることを決める。1995年ごろから、石粉粘土を使用したそっくり人形を制作、フジTV「LOVE2あいしてる」で大反響を得る。この頃「タレントそっくり人形の発注をもっとも多く受けた男」、と呼ばれ、テレビ番組やキャラクターグッズなどで多数使用される。2000年頃から絶滅した動物や絶滅危惧種の動物をテーマにした戦え絶滅動物シリーズや伝説の生き物や妖怪、UMA、などのモンスターシリーズを制作。アジュテイストの立体は自身のウェブサイトで公開しているほか、書籍、DVD、グッズ、イベントなど多方面で展開している。2011年株式会社チーム・アジュ設立。宮川アジュ フレッシュアイペディアより)

  • 四川省のジャイアントパンダ保護区

    四川省のジャイアントパンダ保護区から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    四川省のジャイアントパンダ保護区(しせんしょうのジャイアントパンダほごく)は中華人民共和国にある世界遺産。絶滅危惧種であるジャイアントパンダの30%以上がこの地に生息しており、最も繁殖が盛んである。四川省のジャイアントパンダ保護区 フレッシュアイペディアより)

  • あぶくま洞

    あぶくま洞から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    あぶくま洞には多くの洞穴生物が見られる。コウモリやトビムシの仲間をはじめ、水路にはサンショウウオも生息している。コウモリは数種類が生息しており、環境省レッドリストで絶滅危惧II類(VU)に評価されているテングコウモリ(ニホンテングコウモリ)も確認されている。洞内は鍾乳石の観賞用と安全の確保のためにライトアップされているが、特に照明の近傍では壁面に蘚苔類や藻類が付着し生育している。これらは洞の解放後に外界から持ち込まれたもので、洞穴生物には含めない。あぶくま洞 フレッシュアイペディアより)

  • ウコク高原

    ウコク高原から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    この自然環境から、「アルタイの黄金山地」の一部として国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されており、ユキヒョウなどの絶滅危惧種やアルガリ、ソウゲンワシ、ナベコウに生息域を提供している。しかし、中ロガスパイプラインの敷設計画や道路の整備計画、過度の放牧などが脅威になっている。ミイラなどが発掘される地域は中ロの間で係争が起きているが、アルタイ共和国の住民もノヴォシビルスクに保管されている出土品の返還を求めている。ウコク高原 フレッシュアイペディアより)

  • 多度山

    多度山から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    多度大社の奥、八壺谷のアカマツ林の中、みどりヶ池周辺には、面積約3,182 mの東海地方のみに分布する絶滅危惧種のマメナシ(別名がイヌナシ)の自生地がある。日本で最大規模の自生地であり、2010年(平成22年)8月5日に国の天然記念物に指定された。多度山 フレッシュアイペディアより)

  • 椹野川

    椹野川から見た絶滅危惧種絶滅危惧種

    山口県山口市宮野上の坂堂峠付近に源を発し、宮野湖、荒谷ダムを経た後、JR山口線に沿って南西に流れる。椹野川水系最大の支流仁保川、山口市街を流れる一の坂川を合わせ、山口湾に注ぐ。絶滅危惧種のスナヤツメ、アカザ、メダカが生息し、鮎も採れる。椹野川 フレッシュアイペディアより)

371件中 81 - 90件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード