前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
336件中 1 - 10件表示
  • ミドリシジミ:県のチョウ、卵確認 芝川第1調整池で /埼玉

    2018年12月16日 毎日新聞

     県版レッドデータブックで「準絶滅危惧」に指定されている県のチョウ「ミドリシジミ」の卵が、芝川第1調整池(さいたま市、川口市)で確認された。

  • ニュースのことば:辺野古の海

    2018年12月15日 毎日新聞

     これまで大規模(だいきぼ)な開発(かいはつ)はなく、サンゴや国(くに)の天然記念物(てんねんきねんぶつ)のジュゴンなど多様(たよう)な生物(せいぶつ)が生息(せいそく)する手(て)つかずの自然(しぜん)が残(のこ)っています。

  • のんびり華麗にツクシガモ 米子水鳥公園に飛来

    2018年12月15日 07:07産経ニュース

     絶滅危惧種の冬鳥ツクシガモが、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来し、華麗な装いを披露している。

  • ジュゴン保護へ法的闘争継続 生物多様性センターが緊急声明  /沖縄

    2018年12月14日 毎日新聞

     【ワシントン=座波幸代本紙特派員】米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、絶滅危惧種のジュゴン保護のために工事の中止を求めている生物多様性センター(CBD)は12日、沖縄のジュゴンを守るための法的闘いを続けるとの緊急声明を発表した。

  • 辺野古・大浦湾5806種の生物確認 うち262種が絶滅危惧種

    ハマクマノミとミツボシクロスズメダイが100匹以上も群れる「クマノミ城」=沖縄県名護市沖で2012年4月27日、三村政司撮影

    2018年12月14日 12:32毎日新聞

     政府が米軍普天間飛行場の移設のために約160ヘクタールを埋め立てようとしている名護市辺野古・大浦湾の海には、多種多様なサンゴや国の天然記念物のジュゴンなどの絶滅危惧種を含む多様な生物が生息している。

  • 関東唯一のラッコ「カンナ」死ぬ 国内飼育は8匹に

    関東唯一のラッコ「カンナ」死ぬ 国内飼育は8匹に

    2018年12月13日 12:12日刊スポーツ

    関東唯一のラッコとしてアクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町)で飼育されていた雌の「カンナ」が11月に死んでいたことが13日、同館への取材で分かった。

  • 関東で唯一のラッコ死ぬ、茨城国内飼育8匹に

    2018年12月13日 11:46京都新聞

     アクアワールド茨城県大洗水族館のラッコ「カンナ」(同館提供) 関東唯一のラッコとしてアクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町)で飼育されていた雌の「カンナ」が11月に死んでいたことが13日、同館への取材で分かった。

  • 関東唯一のラッコ死ぬ、国内飼育8匹に

    2018年12月13日 11:15産経ニュース

     関東唯一のラッコとしてアクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町)で飼育されていた雌の「カンナ」が11月に死んでいたことが13日、同館への取材で分かった。

  • タナゴモドキ 幼魚採集

    2018年12月13日 読売新聞

     ◇絶滅危惧IB類指定 四万十川支流で ◇「繁殖始めた可能性も」 環境省のレッドリストで「絶滅危惧IB類」に指定されているタナゴモドキの幼魚7匹が、四万十市の四万十川支流で採集された。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
336件中 1 - 10件表示

「絶滅危惧種」のニューストピックワード