119件中 51 - 60件表示
  • 富士市立岩松中学校

    富士市立岩松中学校から見た綱引き綱引き

    運動会では、各学年のクラスを色で分け、色別式に競うようにしている。色別での選抜リレーや綱引き、そして綱引きの優勝チームは親子対抗綱引きに出場することになる。学年別に行われる競技には背渡りなどがあり、3年生は毎年、ムカデ競走を行うのが恒例となっている。富士市立岩松中学校 フレッシュアイペディアより)

  • オイゲン・シュミット

    オイゲン・シュミットから見た綱引き綱引き

    オイゲン・シュミット(Eugen Stahl Schmidt、1862年2月17日 - 1931年10月7日)は、デンマークの元陸上競技選手、射撃選手、及び綱引き競技の選手である。彼は1900年に開催された1900年パリオリンピックの綱引き競技において、デンマークとスウェーデンの混合チームの一員として金メダルを獲得した。オイゲン・シュミット フレッシュアイペディアより)

  • 河合町立河合第二中学校

    河合町立河合第二中学校から見た綱引き綱引き

    主な競技として、100、200、400、800(女子)、1000(男子)mといった単純な競走や借り物(人)競走、リレー種目(女子の400mリレー、男子の800mリレー、スウェーデンリレー(100,200,300,400mを女子→男子→女子→男子の順番で走る))、学年種目(3年生はリレー)や綱引きなどがある。河合町立河合第二中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 糸満市

    糸満市から見た綱引き綱引き

    伝統工芸に、琉球ガラス村に代表されるガラス工芸(琉球ガラス)や漆器がある。旧暦5月4日の糸満ハーレー(市内では糸満の他に喜屋武、名城地区でも行われる。他市町村はハーリーという)船競漕の海神祭、旧暦8月15日の大綱引きは五穀豊穣・無病息災を願う行事である。糸満市 フレッシュアイペディアより)

  • 外輪船

    外輪船から見た綱引き綱引き

    1845年、イギリス海軍が外輪船とスクリュー船で綱引き実験を行った。推進装置以外はほぼ同じ姉妹スループ艦の外輪船アレクトー (HMS Alecto, 1839-) とスクリュー船ラットラー (HMS Rattler, 1843-) が競い、スクリュー船が勝利した。これによりスクリューの優位性が広く知られるようになった。外輪船 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府立山城高等学校

    京都府立山城高等学校から見た綱引き綱引き

    山城高校の体育祭は、基本的に一般的な体育祭と変わりは無く、騎馬戦やリレー、玉入れ、綱引き等の種目が行われるが、騎馬戦には「山城の乱」という様に、各種目には様々な名称が付けられている。また、服装は体操服ではなく、各クラスで制作したTシャツを用いる。なお、この行事は一般には公開されていない。京都府立山城高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 姥神大神宮渡御祭

    姥神大神宮渡御祭から見た綱引き綱引き

    巡行の際には、力をこめる掛け声として「エンヤ!エンヤ!」という声がよくかかる。この他、松寳丸では方向転換の際に力を一気にかける合図の掛け声として「ソーレヤッサードッコイショ!エンヤ!」と言ってから一気に綱・山車本体・てこ棒に力を入れるが、近年では他の山車でも巡行の際、勢いを付ける時や上り坂を上る時の力の入れ始めにこの掛け声を掛ける所も増えている。余談だが、この影響もあって、江差町内の小学校・中学校・高校の運動会や体育祭での綱引きの際に児童・生徒が「エンヤ!エンヤ!」の掛け声を掛けるのが見られる。姥神大神宮渡御祭 フレッシュアイペディアより)

  • つくばわんわんランド

    つくばわんわんランドから見た綱引き綱引き

    当初は遊休地対策として始めた事業であったため、サンスイコーポレーションはいつ撤退するかを検討していたが、2001年に日本経済新聞の取材に対し「最近になってようやく行けるところまで行ってみようという気持ちになった」とコメントをしている。2006年(平成18年)には開園10周年を迎え、同年が戌年だったことにちなみ、筑波山神社の協力で鳥居を設置したり、子供とイヌの綱引きを実施したりした。この頃には年間来園者数が10万人に落ち込んでいたが、2010年代後半には15万人に増加している。2018年(平成30年)には再び戌年を迎えたことから、わんわん神社が設置された。つくばわんわんランド フレッシュアイペディアより)

  • マドラーズ大阪

    マドラーズ大阪から見た綱引綱引き

    マドラーズ大阪(マドラーズおおさか)とは、大阪府堺市にある綱引の女子チームである。マドラーズ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 陸前高田市

    陸前高田市から見た綱引き綱引き

    気仙町にて毎年8月7日に開催される。「うごく七夕まつり」と同様、飾り付けをして囃子組らを乗せた山車が気仙町内を練り歩くが、昼は長部漁港、夜は市街地にて向かい合った山車のロープを互い違いに引っ張ることで正面衝突させて押し合う「けんか」を行うのが特徴。山車の数こそ4台と少ないが、数百人が一斉にロープを牽いて衝突させる衝撃に耐えられるよう太い丸太や藤づるを駆使した頑丈な造りの山車となっており、囃子組等が全員乗車した状態での総重量は4トンを超える。見物客も綱引き大会の要領でロープを牽くことで祭りに参加することができる。東日本大震災の津波で4台の山車のうち3台が流失したが、2012年に1台を新調し、2台で祭りを続けている。壊滅市街地の土地区画整理事業により嵩高工事が行なわれるため、今泉地区八日町通りでの開催は2015年が最後となったが、有志によって気仙町けんか七夕祭り保存連合会が結成されており、継続開催を目指している。陸前高田市 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「綱引」のニューストピックワード