254件中 21 - 30件表示
  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見たウェザーニューズ

    既存のインターネット回線とパソコン端末を用いた有償サービス「The Last 10-Second」の提供をウェザーニューズが2007年10月15日より開始した。Windows 2000以降を搭載したPC及び常時接続可能なインターネット回線が必要である。2008年4月現在、個人が緊急地震速報に対応した専用端末を導入するためには多額の導入コストが必要であるが、既存の設備を活用することで安価にサービス提供できる点を特徴として挙げている。高度利用者向け緊急地震速報の分類に入るため、国内やその近海で発生したM3.5もしくは震度3以上の地震であれば、設定ですべてを受信することも可能。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た三洋電機

    三洋電機 TEL-LANW60 家庭用電話機緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見たワンセグ

    また地上デジタル放送では、これまでのアナログ放送に比べて受信地域によって異なるものの数秒の遅延があることから、先行して画面上部にの文字スーパーを表示する対応策をNHK全局で実施することを2010年8月20日に発表し、実施している。「文字スーパー」の表示は7秒間、チャイム音は4秒間続く。これにより約1.0-2.5秒間の短縮が見込まれていて、これまでの地上アナログ放送での「地図付きスーパー」の表示開始と地上デジタル放送での「文字スーパー」の表示開始の時間は、地上デジタル放送の受信地域によって異なるもののほぼ同じタイミングとなった。なおワンセグでは文字スーパーの表示は行われない。この対応策は在京民放5局、2011年8月以降は在阪広域4局でも、さらにDlifeでは2012年3月の開局時から実施されている。また、2012年以降、時期は不明であるがびわ湖放送でもこの「文字スーパー」を実施している。(ただしびわ湖放送については文字スーパーと警報音の表示のみ行っており、共通チャイム、テロップ、地図等の表示は行わない。)この文字スーパーと同時にNHK・民放各局共通のチャイムも流される。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た気象業務法

    気象業務法の2007年12月1日施行の改正で、緊急地震速報は地震動の予報・警報に位置づけられ、他の予報・警報と同じく気象庁の義務とされている(第十三条)。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た余震

    2009年度までは大きな震度の回数も少なく的中率も75%を超えていたが、2010年度末期3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震後は余震も相次いで発生し、ほぼ同時に発生した複数の地震を一つの大きな地震と誤った判断もあり的中率は28%まで下がった。その後小規模な地震を予測計算から除外するようプログラムを改修し翌2011年度の的中率は56%に上昇した。気象庁は2015年度の的中率は85%以上を目標としている。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た津波

    屋外では、転倒物や看板・照明や窓ガラスなどの落下物から離れ、できれば耐震性の高い建物の中に避難することが求められる。加えて崖などの近くでは、崖崩れや落石のおそれがあるため、できるだけ崖などから離れることも求められる。海岸に近い場合は、津波に備えて速やかに高台や建物の高層階に避難することも必要である。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見たエレベーター

    自動車の運転中は、まずハザードランプの点灯などで警告を行い、慌てずゆっくりと減速して、道路の左側に車を寄せて停止する。追突のおそれがあるため、急停止や急ハンドルは避ける。バスや電車の中では、つり革・手すりなどにつかまってしっかりと体を支えられるようにすることが求められる。また、エレベーター内にいる際は最寄の階で止まるようボタンを押して、すばやくエレベーターから出ることが求められる。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見たiPhone

    スマートフォンでは対応が遅れていたが、東日本大震災以後、対応の必要性が高まり、Android端末では2011年夏以降に各社から対応した機種が発売されたほか、既発売の機種も一部を除きソフトウェアアップデートで対応するようになった。またiPhoneもiOS 5の標準機能として緊急地震速報の機能が追加された。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た地震計

    地震の発生直後に、震源に近い観測点の地震計で捉えられた地震波のデータを解析して震源の位置や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせるものである。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た気象業務支援センター

    地震動(初期微動や主要動など)の情報は、気象庁の約220と防災科学技術研究所の約800の合わせて全国約1,000箇所に設置されている地震計を利用している。それぞれの地震計から、地震波形データをリアルタイムで気象庁に集計し、これを解析・処理して同庁から発表される緊急地震速報は、気象業務支援センターを経由して利用者へ配信される。また、これら直接の利用者から末端のユーザーへの二次配信が行われることもある。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

254件中 21 - 30件表示

「緊急地震速報」のニューストピックワード