276件中 51 - 60件表示
  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た直下型地震

    原理上、震源に近い地域ほど、発表から揺れまでの猶予時間が短く、間に合わない場合が生じる。現在の観測網では、直下型地震で大きな揺れに見舞われる地域では多くの場合間に合わない(速報受信と大揺れが同時の場合もあり得る)。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た水道

    列車の運転制御、高度道路交通システムへの速報の組み入れ、運転中の車両への通知や誘導、信号機制御や交通規制、空港での発着規制、津波に備えた船舶への通知、津波に備えた水門の閉鎖の迅速化、施設内や人が多い場所での避難誘導・指示、家庭や職場などでの安全確保、電話などの通信回線の制御、エレベータや遊具などの制御、工場での稼働中システムの制御、医療や工事現場など危険性の高い場所での安全確保、電力系統・上下水道・都市ガスなどの制御など、多岐にわたる。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見たアナウンサー

    緊急地震速報のチャイム2回を流した後、テレビ(ローカル番組の放送中割り込みも含む)では画面下半分に、「『緊急地震速報 (気象庁)』」の表示が現れたすぐ後、その下に伸びるように、例えば「千葉県で地震 強い揺れに警戒」との文言、および予測震源地と警戒区域の地図・都道府県名を表したテロップ(約1分間・生放送番組中は震度情報が入るまで継続して表示)と同時に「(チャイム2回)緊急地震速報です。強い揺れに警戒して下さい」(声は末田正雄アナウンサー)と2回繰り返しで自動音声が流れ、中波・FM放送およびラジオ国際放送(日本国内同時放送時のみ)では通常の番組を強制中断し、発生する都道府県地域を自動音声で伝える。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た小田原市

    地震発生直後の観測データを解析して速報を出すため、P波とS波がほぼ同時に到達するような震源に近い地域では、速報が大きな揺れに間に合わない。現在の算出式ではP波到達後3秒後の波形から規模を算出しているため、3秒+算出処理時間数秒 - 数十秒間が発表までの処理に伴うロスである。仮に深さ0kmで地震が発生した場合理論上1秒当たり約2.3kmの差があるので、震央距離がロス時間×2.3kmの範囲で、S波到達までに間に合わないと考えることができる。実際には深さや地域による差があるので1秒当たり2 - 4km程度の値をとる。例として、2007年10月1日未明に神奈川県西部で発生し最大震度5強を観測したM4.9の地震では、仮にシステムが運用されていても箱根町や小田原市でP波検知とほぼ同時にS波が到達しており、速報発表が初期微動検知から32秒後であったためこのケースに該当する。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た岩手県沿岸北部地震

    「一般向け」運用開始後で見ると、2008年7月24日未明の岩手県沿岸北部地震で誤差が顕著だった。実際には岩手県沿岸北部で震度6弱から震度4を観測し、震源が深さ108kmで規模はM6.8と推定(ともに暫定値)された。一方、緊急地震速報では最大予測震度(対象に同地域を含む)が「4程度」または「5弱程度」だった。詳細には、第5報まで=「高度利用者向け」では最大予測震度が「4程度」で予測規模が「M5.8」から「M6.5」、検知20.8秒後に発表した第6報=「一般向け」とその続報では「5弱程度」で「M6.9」であり、岩手県の全域で警報が間に合わなかった。気象庁は誤差の原因として、1.震源が深い場合、震度が大きくなる事例が少ないので、速報を出す予測式の精度が高くないこと、2.この地震では、徐々に波形が大きくなる揺れ方だったこと、を挙げている。このように「一般向け」発表開始後しばらくの間は、地震のマグニチュードを実際より過小評価してしまうことが多かった。その後、気象庁はマグニチュード算出に使用する計算式を改良し、この地震について再予測を行ったところ、4.4秒で警報を発表できることがわかった。このプログラム改善は2009年8月3日から運用されている。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た東日本

    2007年の開始以降、緊急地震速報(一般向け)が実際に発表された回数には地域差があり、これが原因とみられる住民の意識の違いも指摘されている。東日本で緊急地震速報の発表が急増した東北地方太平洋沖地震から1年後の2012年3月に日本大学文理学部社会学科が行った住民への意識調査では、東日本と西日本とで緊急地震速報に関する認識や評価に差があるとされた。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た東海道・山陽新幹線

    2013年8月8日16時56分ごろ、「奈良県を震源とするM7.8の規模の地震が発生。奈良県と大阪府で震度6弱から7程度の揺れの恐れ」という緊急地震速報が発表された。緊急地震速報の対象範囲は東は千葉県を含む関東・甲信、西は九州北部まで広い地域に渡った。これを受けて、東海道・山陽新幹線が一時運転を見合わせた。しかし、震度1以上を観測した地点はなく、同時刻頃には和歌山県北部を震源とするM2.3の地震が発生していたほか、在来線や私鉄にも遅延・運休が出た。この地震の発生とほぼ同時刻に、三重県南東沖に設置していた海底地震計がノイズを検知しており、気象庁は、これを地震動として計算を行ったため実際より過大な揺れを予想したものだとし、この緊急地震速報が誤報であると認め謝罪するとともに、この海底地震計のデータ利用を中止した。気象庁は、警報が発表されながら有感地震とならなかった例は、2009年8月の千葉県東方沖を震源とする地震以来で、対象範囲としては過去最大としている。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た地震計

    地震の発生直後に、震源に近い観測点の地震計で捉えられた地震波のデータを解析して震源の位置や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせるものである。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見た著作権

    その後、2011年に入ってからはチャイム音だけでは分かりづらいという見解から日本テレビと同様の動きを取る局も出た。在京他局の追随例として、TBSは「緊急地震速報」(声は柳沢怜〈TBS954情報キャスター〉)、テレビ朝日はNHKと同じで「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」(声は市川寛子〈テレビ朝日アナウンサー〉)など。なお、フジテレビ(地上波・BS・CSの全チャンネル)は2013年3月まではアナウンスなしのチャイム音のみであったが、同年4月から、チャイムを4回鳴らした後、NHK同様のアナウンスが流れるようになった(声は向坂樹興〈フジテレビアナウンサー〉)。テレビ東京は2016年11月の六本木移転まではアナウンスなしのチャイム2音のみであったが、移転後はフジテレビと同じくチャイムを4回鳴らした後、NHKと同様のアナウンスが流れるようになった(なお、NHKのチャイムの著作権はNHKが所有)。一秒を争うため、番組放送中のみならず、CM中・提供クレジットの読み出し中でも中断して放送する。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急地震速報

    緊急地震速報から見たコミュニティ放送

    2012年6月28日には一般を対象とし、全国瞬時警報システム(J-ALERT)を運用する地方公共団体、防災行政無線による放送を実施する地方公共団体、庁舎内放送を実施する地方公共団体、その他の放送(コミュニティFM)等を実施する地方公共団体など256団体のほか合計1400団体が参加し全国的な訓練が実施された。緊急地震速報 フレッシュアイペディアより)

276件中 51 - 60件表示

「緊急地震速報」のニューストピックワード