前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • 造園

    造園から見た緑化緑化

    私的な空間である庭園や公共的な空間である公園などの緑地/緑空間を土木的な基盤整備、意匠、植物の栽培管理、石等の鉱物資源などによって造ることである。さらには水辺海辺、山林や里山、広場などの空間整備、緑にからんだ都市計画や地域環境整備、諸施設の外部空間等の空間整備や各種緑化施策、自然環境の保全保護や観光農園や棚田などの農空間・田園環境の創出および、それら一連の調査計画?維持管理、景観の形成および修正(修景)に関する分野、植木樹木生産管理、緑を創る植栽基盤整備、農園や園芸のうち家庭園芸/ガーデニング、花壇などの展示植栽、園芸療法に関する分野も含まれる。造園 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都植木農業協同組合

    東京都植木農業協同組合から見た緑化緑化

    東京都内の植木生産を主とする農家を組合員にした農業協同組合である。購買事業(組合員の事業または生活に必要な物資の供給)、販売事業(組合員の生産する植木類の販売・あっせん)、指導事業(後継者の育成、植木生産技術の指導)、植木市場の4部門を主な事業としている(専門農協であるため、金融や共済等の扱いはない)。販売事業については、植木交換会(市場)を設置し、組合員の生産した街路樹や公園緑化樹を始め、屋上緑化、壁面緑化用の緑化用植物全般を取引している。東京都植木農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 襟裳岬

    襟裳岬から見た緑化緑化

    そのため林野庁は1953年以降治山事業を開始。まず、草本の種子を蒔き、風を防ぐため海藻で覆うことにより最終的に草本緑化を完了。その後、防風垣で覆った上でクロマツを中心とした植林が行われ、1999年度末で、荒廃地面積のほぼ89%にあたる170ヘクタールの木本緑化を終了した。襟裳岬 フレッシュアイペディアより)

  • クズ

    クズから見た緑化緑化

    北アメリカでは1876年にフィラデルフィアの独立百年祭博覧会の際に日本から運ばれて飼料作物および庭園装飾用として展示されたのがきっかけとして、東屋やポーチの飾りとして使われるようになった。さらに緑化・土壌流失防止用として政府によって推奨され、20世紀前半は持てはやされたが、原産地の中国や日本以上に北アメリカの南部は生育に適していたためか、あるいは天敵の欠如から想像以上の繁茂・拡散をとげた。そのため有害植物及びに侵略的外来種として指定されたが、駆除ははかどっていない。現在ではクズの成育する面積は3万km2と推定されている。クズ フレッシュアイペディアより)

  • 街路樹

    街路樹から見た緑化緑化

    東京の都市緑化事業での街路樹は、1874年(明治7年)、銀座通りにサクラとクロマツが植えられたのが始まりである。しかし、木の成長が悪く、1884年(明治17年)にシダレヤナギに植え替えられた。1906年(明治39年)に長岡安平が林学博士・白沢保美と子爵・福羽逸人(ふくばいつせん)に計画依頼し、街路樹の改良計画が急速に進展した。1907年(明治40年)、両者により街路樹の改良計画が立てられる。10樹種が街路樹として選定・植栽され、現在の街路樹の元となり、今まで継承される樹種の基本となった。スズカケノキ、イチョウ、ユリノキ、アオギリ、トチノキ、トウカエデ、エンジュ、ミズキ、トネリコ、アカメガシワ(以上10種)街路樹 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートアイランド (書籍)

    ヒートアイランド (書籍)から見た緑化緑化

    ヒートアイランドについて解説している著書で、主にヒートアイランド現象の現状と仕組み、クールアイランド(ヒートアイランドの緩和策)とその技術について語っている。多くの場面で東京特別区および首都圏を例に挙げ、そのデータの分析を通して、ヒートアイランドの解決に向けた都市計画について考察をしている。後半では、水域の再生、緑化、地下空間の更なる利用、未利用エネルギーの活用、ライフスタイルを変える事など、様々な面から見たヒートアイランド対策、クールアイランド方法について紹介・解説している。ヒートアイランド (書籍) フレッシュアイペディアより)

  • 日本製紙総合開発

    日本製紙総合開発から見た緑化緑化

    主要な事業は、造園工事の設計施工や緑化工事などの緑化事業、丸沼高原スキー場の運営などのスポーツ・レジャー事業、保険代理店運営などの保険・リース事業、不動産売買や駐車場運営を行うテナント・不動産事業の4つ。王子木材緑化とともに製紙系造園会社の一つ。日本製紙総合開発 フレッシュアイペディアより)

  • 石見茂夫

    石見茂夫から見た緑化緑化

    ランドスケープアーキテクトとしての主な業務に造園設計都市・地域計画、レクリエーション計画、砂漠緑化、農業開発のマスタープラン作成がある。石見茂夫 フレッシュアイペディアより)

  • 植樹

    植樹から見た緑化緑化

    植樹 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋延清

    高橋延清から見た緑化緑化

    北海道林木育種協会会長、社団法人北方林業会会長、北海道自然保護協会理事、北海道林業構造改善審査会会長等を歴任。北海道林業発展のため森林・林業関係団体の指導者として、緑化・自然保護・林業問題に関する指導的な役割を果たした。高橋延清 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「緑化」のニューストピックワード