174件中 21 - 30件表示
  • 造園工事

    造園工事から見た緑化緑化

    造園工事(ぞうえんこうじ)とは、造園工事業者が行う整地、樹木の植栽、景石のすえ付け等により庭園、公園、緑地等の苑地を築造ならびに維持管理するための専門の建設工事。道路や建築物の法面や壁面、屋上等を緑化し、又は植生を復元する工事も含む。造園工事 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都植木農業協同組合

    東京都植木農業協同組合から見た緑化緑化

    東京都内の植木生産を主とする農家を組合員にした農業協同組合である。購買事業(組合員の事業または生活に必要な物資の供給)、販売事業(組合員の生産する植木類の販売・あっせん)、指導事業(後継者の育成、植木生産技術の指導)、植木市場の4部門を主な事業としている(専門農協であるため、金融や共済等の扱いはない)。販売事業については、植木交換会(市場)を設置し、組合員の生産した街路樹や公園緑化樹を始め、屋上緑化、壁面緑化用の緑化用植物全般を取引している。東京都植木農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 神道の緑性

    神道の緑性から見た緑化緑化

    神道の緑性(しんとうのりょくせい)は、樹木を神格化し、森林を聖域とすることに象徴される、社会における神道の緑化の機能を表現する言葉である。それは近代以降、新たに神道の聖地となった皇居の杜や、明治神宮の鎮守の杜が都内に残された最大の緑地であるということに典型的に見ることができる。神道の緑性 フレッシュアイペディアより)

  • 新田伸三

    新田伸三から見た緑化緑化

    緑化工技術: 1979年8月新田伸三 フレッシュアイペディアより)

  • 法面

    法面から見た緑化緑化

    法面はしばしば緑化される。該当記事を参照。法面 フレッシュアイペディアより)

  • サワスズメノヒエ

    サワスズメノヒエから見た緑化緑化

    耐塩性が強いことは、塩害に耐性があることを意味する。また、海岸に近い地域では得られる水に塩分を含むことが多く、真水を芝生の維持に利用するのは大きなエネルギーの浪費となる。そのため清浄な水は飲用などに限定し、再利用の水や塩分を含んだ水をそれ以外の用途に用いようとの方向性がある。この種を芝生に使えば、塩分を含んだ水を、さらには海水そのものをも灌漑に利用できる。1980年代にハワイのゴルフ場に最初に導入され、広く使用されるに至った。ゴルフ場の芝生としては他にカリフォルニア、テキサス、中東、南アフリカ、アルゼンチン、中国、タイ、インドネシア、フィリピンなどで使われている。ポロの試合場に使われた例もある。また、1970年代から砂地にこの種を植栽して安定させ、緑化するためにも用いられている。そのほか、飼料としての利用もアフリカ、オーストラリア、南北アメリカから報告されている。サワスズメノヒエ フレッシュアイペディアより)

  • とび・土工工事業

    とび・土工工事業から見た緑化緑化

    緑化系・砂防系工事のうち、法面処理工事、地すべり防止工事、種子吹付工事、とび・土工工事業 フレッシュアイペディアより)

  • カロライナジャスミン

    カロライナジャスミンから見た植樹緑化

    近年では、道路の街路樹の他、公園や遊歩道などにもよく植樹されている。サウスカロライナ州の州花になっている。カロライナジャスミン フレッシュアイペディアより)

  • ナルトサワギク

    ナルトサワギクから見た緑化緑化

    日本へはシロツメクサなど埋立地の緑化用にアメリカから輸入された植物の種子に混入して侵入したと考えられている。1976年に徳島県鳴門市瀬戸町の埋立地で発見され、サワギク(S. nikoensis)に似ていることから命名された。1986年には淡路島でも発見されており、「コウベギク」と名付けられている。長いこと学名は諸説あったが、1996年に徳島市立徳島城博物館に所蔵されていたアルゼンチン産の標本が発見され、日本産の標本がスミソニアン博物館の分析により正式に同定され、学名が確定した。ナルトサワギク フレッシュアイペディアより)

  • どんぐり銀行

    どんぐり銀行から見た緑化緑化

    どんぐり銀行(どんぐりぎんこう)とは、ドングリを産出する樹木を増やす目的で、銀行の仕組みを模して、利用者が各種のドングリを集め、翌年、苗木として受け取り植える、子供らが参加しやすい緑化運動のこと。どんぐり銀行 フレッシュアイペディアより)

174件中 21 - 30件表示

「緑化」のニューストピックワード

  • 戦犯はプリズン・フレンズ

  • 韓国の対応待つ

  • 韓国政府が日韓関係の法的基盤を損なわないように対応してくれると思うので、それを待ちたい