116件中 61 - 70件表示
  • 白沢保美

    白沢保美から見た緑化緑化

    白沢 保美(白澤 保美、しらさわ やすみ、しらさわ ほみ、しらさわ やすよし、1868年(慶応4年)4月 - 1947年12月20日)は、日本の樹木学者。東京市の初期、都市緑化事業の指導にあたる。白沢保美 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ステーションシティ

    大阪ステーションシティから見た緑化緑化

    環境にやさしい駅「エコステーション」を目指し、15億円かけて環境対策が行われている。南北両ビルの屋上2,500m2は緑化され、ホーム屋根にはソーラーパネルが設置されている。ホーム上の大屋根に降った雨水は集められ、トイレなどに利用することで、1日あたり700tの水が節水できる予定である。大阪ステーションシティ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・サンカラ

    トーマス・サンカラから見た緑化緑化

    サンカラは自身を革命家であるとして、キューバのフィデル・カストロやガーナのジェリー・ローリングスから多大な影響を受けた。サンカラの大統領在任中には、貧困と腐敗の一掃、教育と社会保障制度の改善、砂漠の緑化事業などを主な政策として、発展途上国から脱却する事を意図した計画経済的かつ社会主義的なプロジェクトを実践し、国民から多くの支持を得る事に成功した。また、政府の中枢に多くの女性を彼の起用した事でも知られている。トーマス・サンカラ フレッシュアイペディアより)

  • イワダレソウ

    イワダレソウから見た緑化緑化

    近年、このイワダレソウを用いての砂漠の緑化も研究されている。また、より小さいが花が目立つヒメイワダレソウ (Phyla canescens (Kunth) Greene) が園芸用に栽培されている(「リッピア」で流通)。イワダレソウ フレッシュアイペディアより)

  • サハラソーラーブリーダー計画

    サハラソーラーブリーダー計画から見た緑化緑化

    電力の利用法としては、送電ロスの少ない超伝導電線によって世界中に電力を届けるほか、アフリカの市街や貧困地域に送電網を敷設すること、さらには砂漠の緑化のための淡水輸送ラインや植物工場の稼働に利用することによって、アフリカに新産業を根付かせ雇用を生み出し、アフリカの生活水準を向上させることが期待される。サハラソーラーブリーダー計画 フレッシュアイペディアより)

  • JFE東日本ジーエス

    JFE東日本ジーエスから見た緑化緑化

    JFE東日本ジーエス株式会社は、JFEスチールグループの総合サービス会社。事業内容は、ビルの管理や、緑化造園・印刷など製鉄所の周辺業務、清掃業務、防災設備の工事および保守点検、食品衛生検査分析、環境分析、廃棄物の収集運搬処理、各種コンサルティング、病院サービスなどと多岐にわたる。JFE東日本ジーエス フレッシュアイペディアより)

  • ムカデシバ

    ムカデシバから見た緑化緑化

    暖地型芝草としてアメリカ南東部でよく利用される。日本では水田の畦畔、道路の法面などの緑化に一部で利用される。耐寒性を改良した品種がある。ムカデシバ フレッシュアイペディアより)

  • 鉱滓ダム

    鉱滓ダムから見た緑化緑化

    鉱滓ダムは鉱山の閉山後も廃水処理場で発生する中和物を堆積させるために利用されることもあるが、それ以外の場合は土を被せて緑化・植林等に努める。しかし、閉山して長年の月日が経ち、特に鉱山を運営する企業が倒産などで消滅した場合には放置されてしまうことが多い。前述の様にダムの堆積物は脆弱な状態にあることが多く、地震や集中豪雨など自然災害によって崩壊し、土砂災害や土壌汚染を引き起こすケースもある。このため、閉山後の管理は休廃止鉱山の最終鉱業権者が、あるいは鉱山会社の破産などで最終鉱業権者が消滅している場合には国や地方自治体などが担い手となり、鉱滓ダムの耐久・緑化工事を施すことが多い。鉱滓ダム フレッシュアイペディアより)

  • 全国都市緑化フェア

    全国都市緑化フェアから見た緑化緑化

    1983年、建設省(現在の国土交通省)の提唱で都市緑化基金(現在の都市緑化機構)が主催する第1回全国都市緑化フェアが大阪府で開催された。公式見解によれば目的は、都市緑化意識の高揚、都市緑化に関する知識の普及等を図り、緑豊かな潤いのある都市づくりに寄与すること、である。全国都市緑化フェア フレッシュアイペディアより)

  • UFJ銀行

    UFJ銀行から見た緑化緑化

    当時のUFJ銀行内は旧三和銀行以来の派閥抗争に終始し、積極的な資本増強策を行っていなかった。UFJ銀行は対等合併とは言われながらも、実際の行内の主導権は規模が旧東海の1.6倍あった旧三和が主導権を握っていた。旧三和行員は、“緑化作戦”(旧三和のロゴカラーが緑色であることによる)と称して旧東海行員を放逐し、愛知県を中心に旧東海店舗を30店近く統廃合していた。また、前述の大口融資先には、こうした人事抗争に敗れた有力OBを天下りさせた経緯もあり、銀行側が事業再生に主体的にかかわることもできず、なれ合い関係が深まっていった。こうした動きは、元々名古屋財界のメインバンクとして機能していた地元銀行を(在阪銀行であった三和により)事実上冷遇した事となり、名古屋財界から顰蹙を買ってしまう。結果、東海3県における預貸シェアは低下し、多くの地元企業が地方銀行、信用金庫などに融資元を変更するに至った(これによる海外進出への弊害も発生した)。皮肉にもこの一件により、住友銀行とトヨタとの因縁により空白地帯となっていた東海圏への三井住友銀行の進出を許してしまう遠因ともなった。UFJ銀行 フレッシュアイペディアより)

116件中 61 - 70件表示

「緑化」のニューストピックワード