174件中 71 - 80件表示
  • 本間啓

    本間啓から見た緑化緑化

    東京大学農学部旧農業生物学科園芸第二講座緑地学研究室で、都市緑化並びに緑化用植物の研究を進め、特に日本住宅公団住宅における一連の造園緑化手法や東京ベイエリアの調査に基づくエコロジカルコリドーのあり方についても臨海部の森づくりにおいて基礎的調査を実施、臨海埋立地における緑地植物の植栽に関する研究などに取り組んでいる。東京生まれ。本間啓 フレッシュアイペディアより)

  • スゲ属

    スゲ属から見た緑化緑化

    草原を形成する種もあるが、緑化や牧草として積極的に利用される例はない。そのため、同様な姿の草であるイネ科植物に比べると、帰化植物の種が格段に少ない。ただし、近年、そのような目的で持ち込まれた種子に混じる形での帰化種が若干報告されている。スゲ属 フレッシュアイペディアより)

  • 藤山要吉

    藤山要吉から見た緑化緑化

    1896年には後志国塩谷村忍路(後の小樽市忍路)に土地を借り、カラマツを植樹した。一度は山火事のために大部分を焼失したものの、これに屈することなく後には全地積の植林を完成した。1910年(明治43年)にはこの地積すべての付与を受けて植林をし、その数は68万本に達した。同年は古宇郡泊村にも、44ヘクタールにわたっての植林を行なった。藤山要吉 フレッシュアイペディアより)

  • エキゾチックアニマル

    エキゾチックアニマルから見た緑化緑化

    注 - ペット由来の外来種がマスコミに取り上げられ易いものため誤解されがちであるが、ペット由来の外来種はごく一部で、牧草や農作物、緑化用植物、水産資源など実用目的で導入された種は多い。実際に広く流通している生物や、広く緑化事業や菜園に使用される生物の多くも外来種である。また、完全に趣味的な目的で導入されている生物でも、園芸植物の多くは外来種であり、移入の際のリスクはペット同様存在する。こういったペット以外の生物についても、外来生物法による取締りが行われている。エキゾチックアニマル フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川テラス

    隅田川テラスから見た緑化緑化

    隅田川テラス(すみだがわテラス)は、隅田川両岸に沿って整備された親水テラスの総称である。治水上の高水敷にあたる部分をテラス化したもので、舗装や緑化が施されることによって平時には憩いの場、散策路など、公園としての役割が与えられている。隅田川テラス フレッシュアイペディアより)

  • 帰化植物

    帰化植物から見た緑化緑化

    その他:緑化用(シナダレスズメガヤ、ギンゴウカンなど)帰化植物 フレッシュアイペディアより)

  • 国立近現代建築資料館

    国立近現代建築資料館から見た植樹緑化

    建物は旧岩崎邸庭園に隣接し財務省関東財務局東京財務事務所・農林水産省関東農政局東京地域センター・経済産業省関東経済産業局東京事務所が入所する湯島地方合同庁舎敷地の一角にあった別館(1971年竣工)と新館(1984年竣工)を改修(どちらも旧司法研修所)。二棟の間をウッドデッキの通路で繋ぎ一体化、別館を資料室棟、新館を事務室棟とし、別館二階の階段状講堂をフラットにして展示スペースに充てている。新館は東日本大震災で外壁の一部が剥落したため、格子戸風の外装に一新した(外装仕様は左記のテンプレートを参照)。資料室棟は旧別館の時からピロティ構造となっている。資料室棟と事務室棟の二階間を結ぶ吹き抜けの渡り廊下は旧新館建築時に増設されたもの。岩崎邸への景観配慮から建物周囲に植樹を行い庭園との連続性も持たせている。国立近現代建築資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市立岡山中央小学校

    岡山市立岡山中央小学校から見た緑化緑化

    目の教室、聞こえの教室、和室の日本語教室、知的障害者のためのひまわり学級、の特別学級がある。屋根にソーラーパネルを設置して周辺を緑化するなど、環境問題に取り組んでいる。岡山市立岡山中央小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 謝恩碑 (甲府市)

    謝恩碑 (甲府市)から見た植樹緑化

    1950年(昭和25年)4月4日に行われた第1回全国植樹祭は山梨県で開催された。昭和天皇・皇后臨席のもと約2,000人が参加した式典は甲府市山宮町の恩賜県有林で行われ、ヒノキの苗木1万本が植樹された。植樹祭終了後、甲府城跡を訪れた昭和天皇・皇后は謝恩碑のある旧天守高台へ登り、吉江勝保山梨県知事による恩賜林の現況説明、また城跡の一角では招待された複数の年配者に言葉を掛けるなど甲府市民の歓迎を受けた。謝恩碑 (甲府市) フレッシュアイペディアより)

  • プラムポックスウイルス

    プラムポックスウイルスから見た植樹緑化

    治療法や予防薬は2012年3月18日現在見つかっておらず、感染拡大防止策しかない。アブラムシの駆除、感染樹や周辺の樹木の伐採、感染地域の苗木の移植規制などが行われている。伐採後は潜伏期間を考慮し、一定期間再植樹しない。プラムポックスウイルス フレッシュアイペディアより)

174件中 71 - 80件表示

「緑化」のニューストピックワード