前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 緑化

    緑化から見た屋上緑化

    緑化は大きく二つに分けられる。一つは 園芸や街路樹、屋上緑化・壁面緑化 など、人工的な環境に、さらに人工的に植物を植える事であり、もう一つは、自然の森、緑地のようなものを目的とするものである。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た公共事業

    公共事業として、全国植樹祭、全国都市緑化フェアがある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た工場

    公共団体が作成する緑の基本計画、再開発計画などのなかで、緑化、植栽の全体計画を策定したり、工場、学校、住宅地などの緑化、植栽計画は「緑化計画」と呼ばれる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た中国

    また、植物種自体はその地域に自生するものであっても、地域による変異は、これまでほぼ無視されてきた。植樹に使う種子や苗を、他の地域や、あるいは道路工事などでは中国、朝鮮半島などから運び入れることで、植えられたもののその土地にあまり適応できず、枯れる、成育が悪いなど、効率が悪いことがある。また交雑によって本来の遺伝子プールが損われる遺伝子移入は、取り返しがつかない。たとえ種子や苗が近隣から採取されたとしても、少数の株に由来する場合は、将来的にはその株の子孫が増えすぎることで、やはり遺伝子プールの豊かさを損なうことになる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見たハギ

    特に初期には、とにかくすぐに緑になればよいと、成長の早い国外の植物が安易に使われる例が多く、帰化植物侵入の重要な経路の一つともなっていた。これに関しては、1990年代頃より、国内の植物を利用する例も増えた。たとえばハギなどは道路の法面に盛んに用いられるようになった。しかし、この場合も、外来種の意図しない紛れ込みが確認されている。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た壁面緑化

    緑化は大きく二つに分けられる。一つは 園芸や街路樹、屋上緑化・壁面緑化 など、人工的な環境に、さらに人工的に植物を植える事であり、もう一つは、自然の森、緑地のようなものを目的とするものである。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た侵略的外来種

    アメリカでは、20世紀前半、クズ(葛)が土壌浸食を防ぐカバープラントとして政府によって奨励されたなどの経緯で導入された。ところが余りに広く繁殖、拡散したため、侵略的外来種として大変有害となっている。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た園芸

    緑化は大きく二つに分けられる。一つは 園芸や街路樹、屋上緑化・壁面緑化 など、人工的な環境に、さらに人工的に植物を植える事であり、もう一つは、自然の森、緑地のようなものを目的とするものである。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た全国植樹祭

    公共事業として、全国植樹祭、全国都市緑化フェアがある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た農業

    この場合の緑化は、その地域の環境そのものを人間の生活により適したものに変えようとの意図がある。植物が生育するようになれば、農業も行いやすくなる、またうまくゆけば気候も和らぐ(地表面の温度上昇が抑えられる等)などと期待して、行われる。緑化 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「緑化」のニューストピックワード