59件中 11 - 20件表示
  • 緑化

    緑化から見たサハラ砂漠

    また砂漠緑化などは困難であるが、実際にそれができたとしても、その最終的な影響は予想が困難であり、全く意図しない影響をもたらす可能性もある。極端な例としては、サハラ砂漠が完全に緑化されたら、シロッコとして南欧に運ばれる熱がなくなり、ヨーロッパは寒冷化すると思われる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た平方キロメートル

    ヨーロッパでは歴史的に森林の大部分が失われた。EUは1990年から、農家に緑化に補助金を交付している。これは農地を森林に戻す事、森林の維持に対してである。これにより、1993年から1997年にかけて、5000km²以上が緑化された。この計画は第2期が2000年から2006年にも行われ、第3期は2007年に始まった。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た砂漠緑化

    後者は、更に大きく2つに分かれる。一つめは、元来植物が生育していなかった場所、あるいは少なくとも最近しばらくは植物が生育していない場所に、様々な工夫をして植物が生育できるようにすることである。砂漠の緑化、砂丘の緑化などがこれに当たる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た自然保護

    二つめは、人為的攪乱によって作られた裸地を再び植物で覆うことである。開発によって失われた自然を取り戻す意味で、20世紀後半から頻繁に行われるようになった。植物によって裸地を隠すことそのものは、もっと古くからおこなわれたものである。ただし、緑化という言葉が使われるようになったのは、エコロジー運動が盛んになり、自然保護という言葉が認められるようになった後のことである。日本では道路の周辺、のり面などがよくその対象となった。海外では、放牧により失われた森林の緑化が課題となる事もある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た街路樹

    緑化は大きく二つに分けられる。一つは 園芸や街路樹、屋上緑化・壁面緑化 など、人工的な環境に、さらに人工的に植物を植える事であり、もう一つは、自然の森、緑地のようなものを目的とするものである。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見たポプラ

    ロシアでは、第二次世界大戦後にポプラ(露:トーポリ)が緑化の為に大量に植えられた。しかし、綿毛が大量に飛散するため、ゴミとして、またアレルギーの原因になるなどの害が出ている。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た遺伝子移入

    また、植物種自体はその地域に自生するものであっても、地域による変異は、これまでほぼ無視されてきた。植樹に使う種子や苗を、他の地域や、あるいは道路工事などでは中国、朝鮮半島などから運び入れることで、植えられたもののその土地にあまり適応できず、枯れる、成育が悪いなど、効率が悪いことがある。また交雑によって本来の遺伝子プールが損われる遺伝子移入は、取り返しがつかない。たとえ種子や苗が近隣から採取されたとしても、少数の株に由来する場合は、将来的にはその株の子孫が増えすぎることで、やはり遺伝子プールの豊かさを損なうことになる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た南欧

    また砂漠緑化などは困難であるが、実際にそれができたとしても、その最終的な影響は予想が困難であり、全く意図しない影響をもたらす可能性もある。極端な例としては、サハラ砂漠が完全に緑化されたら、シロッコとして南欧に運ばれる熱がなくなり、ヨーロッパは寒冷化すると思われる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た学校

    公共団体が作成する緑の基本計画、再開発計画などのなかで、緑化、植栽の全体計画を策定したり、工場、学校、住宅地などの緑化、植栽計画は「緑化計画」と呼ばれる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た住宅地

    公共団体が作成する緑の基本計画、再開発計画などのなかで、緑化、植栽の全体計画を策定したり、工場、学校、住宅地などの緑化、植栽計画は「緑化計画」と呼ばれる。緑化 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「緑化」のニューストピックワード