72件中 21 - 30件表示
  • 緑化

    緑化から見た南欧

    また砂漠緑化などは困難であるが、実際にそれができたとしても、その最終的な影響は予想が困難であり、全く意図しない影響をもたらす可能性もある。極端な例としては、サハラ砂漠が完全に緑化されたら、シロッコとして南欧に運ばれる熱がなくなり、ヨーロッパは寒冷化すると思われる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た住宅地

    公共団体が作成する緑の基本計画、再開発計画などのなかで、緑化、植栽の全体計画を策定したり、工場、学校、住宅地などの緑化、植栽計画は「緑化計画」と呼ばれる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た治水

    二つめは、人為的攪乱によって作られた裸地を再び植物で覆うことである。一般に、前近代では過剰な材木伐採や薪の採取が行われたことを受け、近代では治水の観点から、山林の保水能力を回復し洪水を防止することが指向された。日本では1950年に国土緑化推進委員会が設置され、国土緑化大会が開催された。日本では、道路の周辺、のり面などがよくその対象となった。また牧畜国では、放牧により失われた森林の緑化が課題となる事もある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た

    緑化(りょっか、りょくか)は、草やを植えること、あるいはそれらが育つような算段をすること。またその後、育成管理すること。ただし、通例は収穫は目的ではない。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た帰化植物

    特に初期には、とにかくすぐに緑になればよいと、成長の早い国外の植物が安易に使われる例が多く、帰化植物侵入の重大な経路の一つともなっていた。これに関しては、1990年代頃より、国内の植物を利用する例も増えた。たとえばハギなどは道路の法面に盛んに用いられるようになった。しかし、この場合も、外来種の意図しない紛れ込みが確認されている。国内の植物を植える場合でさえ、その地域本来の植生と異なる植樹がされることがある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た公共団体

    公共団体が作成する緑の基本計画、再開発計画などのなかで、緑化、植栽の全体計画を策定したり、工場、学校、住宅地などの緑化、植栽計画は「緑化計画」と呼ばれる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見たネブラスカ州

    アメリカ合衆国では、ネブラスカ州知事であったジュリアス・スターリング・モートンが、1872年に植樹日を提唱。同年より植樹が開始され、20年後には州の荒蕪地(荒地)に70万エーカーの森林が広がるようになった。また、これら植樹活動は日本にも紹介され、日本国内において愛林日の活動や学校林の活動へ波及した。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た管理者

    住民参加の一形態として、啓蒙的な役割から一定の広がりのある地域に樹木や草花を育成管理することを、店舗者同士または居住者と公共用地管理者が合意する協定を「緑化協定」という。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た遺伝子プール

    また、植物種自体はその地域に自生するものであっても、地域による変異は、これまでほぼ無視されてきた。植樹に使う種子や苗を、他の地域や、あるいは道路工事などでは中国、朝鮮半島などから運び入れることで、植えられたもののその土地にあまり適応できず、枯れる、成育が悪いなど、効率が悪いことがある。また交雑によって本来の遺伝子プールが損われる遺伝子移入は、取り返しがつかない。たとえ種子や苗が近隣から採取されたとしても、少数の株に由来する場合は、将来的にはその株の子孫が増えすぎることで、やはり遺伝子プールの豊かさを損なうことになる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見たポプラ

    ロシアでは、第二次世界大戦後にポプラ(露:トーポリ)が緑化の為に大量に植えられた。しかし、綿毛が大量に飛散するため、ゴミとして、またアレルギーの原因になるなどの害が出ている。緑化 フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「緑化」のニューストピックワード