59件中 31 - 40件表示
  • 緑化

    緑化から見た都市緑地法

    都市緑地法の規定に基づき用途地域が定められている都市計画区域内で、緑化の推進の必要があるとして、都市計画に敷地面積に対する緑地の割合(緑化率という)の最低限度を定めた地域を「緑化地域」とよんでいる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た帰化植物

    特に初期には、とにかくすぐに緑になればよいと、成長の早い国外の植物が安易に使われる例が多く、帰化植物侵入の重要な経路の一つともなっていた。これに関しては、1990年代頃より、国内の植物を利用する例も増えた。たとえばハギなどは道路の法面に盛んに用いられるようになった。しかし、この場合も、外来種の意図しない紛れ込みが確認されている。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た全国都市緑化フェア

    公共事業として、全国植樹祭、全国都市緑化フェアがある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見たギンネム

    第二次世界大戦時に、陣地を掘り下げる際に出た土砂を隠すために、沖縄県や小笠原諸島でギンネムが植えられたことがある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た材木

    緑化は植樹、植林とも重なる部分があるが、植樹は往々にして単独の木を植えることを意味し、植林は材木の生産を目的として、有用樹種を一斉に植えて人工林を作ることが多い。これに対して、緑化は、その場に植物が生長すること自体を目的とするものである。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た法面

    二つめは、人為的攪乱によって作られた裸地を再び植物で覆うことである。開発によって失われた自然を取り戻す意味で、20世紀後半から頻繁に行われるようになった。植物によって裸地を隠すことそのものは、もっと古くからおこなわれたものである。ただし、緑化という言葉が使われるようになったのは、エコロジー運動が盛んになり、自然保護という言葉が認められるようになった後のことである。日本では道路の周辺、のり面などがよくその対象となった。海外では、放牧により失われた森林の緑化が課題となる事もある。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た公共団体

    公共団体が作成する緑の基本計画、再開発計画などのなかで、緑化、植栽の全体計画を策定したり、工場、学校、住宅地などの緑化、植栽計画は「緑化計画」と呼ばれる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た塗料

    極端な例では、とにかく緑になればよいとして、緑色の塗料を吹き付けた例があった。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見た朝鮮半島

    また、植物種自体はその地域に自生するものであっても、地域による変異は、これまでほぼ無視されてきた。植樹に使う種子や苗を、他の地域や、あるいは道路工事などでは中国、朝鮮半島などから運び入れることで、植えられたもののその土地にあまり適応できず、枯れる、成育が悪いなど、効率が悪いことがある。また交雑によって本来の遺伝子プールが損われる遺伝子移入は、取り返しがつかない。たとえ種子や苗が近隣から採取されたとしても、少数の株に由来する場合は、将来的にはその株の子孫が増えすぎることで、やはり遺伝子プールの豊かさを損なうことになる。緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 緑化

    緑化から見たポーランド

    ポーランドでは、第二次世界大戦後に森林面積(森林率)は国土の20%まで低下し、植林が政府により計画された。2006年12月31日の時点では29%となった。2050年までに33%とする計画である。緑化 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「緑化」のニューストピックワード