前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た緒方孝市緒方孝市

    新任の三村監督は前年崩壊した投手陣を再編し主に中継ぎ投手だった紀藤真琴、近藤芳久を先発に抜擢し、紀藤は16勝5敗で最高勝率を獲得した。近藤は巨人キラーとして活躍しシーズン11勝を挙げている。野手陣では控えだった金本知憲、緒方孝市、音重鎮等を積極的に起用、一定の成果を残した。前年苦しんだ捕手も西山秀二がゴールデングラブ賞・ベストナインを獲得する活躍をみせた。一時期は最下位から10連勝の快進撃で優勝争いに加わるものの、その後失速し3位に終わる。オフに川口和久が巨人にFA移籍、北別府が引退した。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 浅井樹

    浅井樹から見た緒方孝市緒方孝市

    は7月1日の対巨人戦でプロ初本塁打を含む2本塁打・3打点の活躍を見せ、同年は一軍に定着して打率.303の成績を残した。は9月21日の対阪神戦でファウルボールを打った際に右手有鈎骨を骨折して全治1ヶ月の重傷を負ったが、シーズン通算では.339の高打率をマークし、特に代打成功率は.453にも達した。オフの契約更改では1,500万円増の年俸2,900万円(推定)で契約を更改している。これらの活躍の一方で、当時は同年代の野手に前田智徳や金本知憲、緒方孝市、江藤智がおり、ルイス・ロペスも含めたレギュラーの層は厚く、ポジションを奪うことはできなかった。逆に、代打で結果を残したために代打の切り札に定着してしまうというジレンマもあった。浅井樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た緒方孝市緒方孝市

    6月8日 - 広島の緒方孝市が対オリックス戦で日本プロ野球通算1500安打、史上102人目。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 町田公二郎

    町田公二郎から見た緒方孝市緒方孝市

    は体の開きが早くなるクセのため4、5月は不調だったが、フォームの修正に取り組んで6月17日の対巨人戦では5打点を記録している。同年は主に左翼手として77試合に先発出場している。は同年代の緒方孝市や浅井樹とレギュラーの座を争い、9月10日の対中日戦では初の代打満塁本塁打を放っている。同年は8本塁打、22打点の成績で800万円増の年俸2,300万円(推定)で契約を更改した。町田公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島から見た緒方孝市緒方孝市

    外野フェンスについては、広島球団の緒方孝市をはじめとする選手達からの要望を取り入れた結果、全体の高さに大きな変化はないものの、クッション部分の高さを従来の1m35cmから1m80cmに高めたほか、クッション自体も高性能な衝撃吸収能力を持つ製品(厚さ125 mm)が採用されている。2010年に広島の赤松真人と天谷宗一郎が相次いで成功させた、ホームラン性の打球を外野フェンスによじ登ってキャッチしたプレーはこのクッションの厚みと硬度のおかげとも言われている(プレーの詳細は両名の記事を参照のこと)。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た緒方孝市緒方孝市

    はキャンプからコンディションが整わず、ブラウン監督の若手重視の起用方針もあり、プロ入り初の一軍試合出場ゼロに終わった。緒方孝市の引退試合では花束を渡し、涙ながらに抱擁をした。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た緒方孝市緒方孝市

    10月10日、広島時代の同僚・緒方孝市の引退試合(マツダスタジアム)では、8回からセンターの守備に就いていた緒方に向けて狙ったかのようにフライを放ち、アウトになったにもかかわらず笑顔をみせた。シーズン最終打席は巨人最終戦の10月12日、対ヤクルト戦において7回代打で登場、結果は三塁ゴロだった。この結果、木村の生涯打数は4000となり、生涯打率が公式記録として認められる範囲に入った。日本シリーズでは第1戦、第2戦、第4戦で先発出場するなど、最後まで試合の第一線で活躍し続けた。第4戦の5回に八木智哉から安打を放っている。8回は林昌範に三振を奪われ、これが現役生活最後の打席となっている。チームは4勝2敗で7年ぶりの日本一奪回。木村にとっては初の日本一であった。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木誠也

    鈴木誠也から見た緒方孝市緒方孝市

    広島入団後の2016年にオリックスとの交流戦で2試合連続サヨナラ本塁打を放った直後には、一軍監督の緒方孝市が「神がかっていますね。今時の言葉で言うなら『神(かみ)ってる』よな」とのコメントを残した。このコメントが報じられたことをきっかけに、インターネット上で既に広まっていたとされる「神ってる」という言葉が、「好調な鈴木やチームを象徴する表現」とのニュアンスでメディアやファンに多用。広島球団も、鈴木が絶叫する表情を前面、「神ってる」という文字を背面にプリントで入れたTシャツを、2試合連続サヨナラ本塁打記念公式グッズとして発売した。 同年のシーズン終了後には、2016年新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた(受賞者は?方と鈴木)。野球関連の言葉から唯一「ノミネート語」(全30語)に選ばれたことによるもので、野球関連の言葉としては、前年(2015年)の「トリプルスリー」に続く受賞であった。なお、東京都内で発表・授賞式が開かれた12月1日には、?方を初めとする広島の一軍関係者がセ・リーグ優勝記念旅行先のハワイに向けて出発。鈴木は、旅行への出発を1日遅らせたうえで、スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞の表彰式と新語・流行語大賞の発表・授賞式に単独で出席した。新語・流行語大賞の発表後には、「僕自身が言ったわけではないが、(大賞の受賞を)嬉しく思う。この言葉で僕のことを知ってくれた人も多いので、ありがたい」と感謝しながらも、「『神ってる』と言われるのは『まぐれ』と言われているようで、少し嫌だった。来季(2017年)には、『神ってる』ではなく『実力だ』と思われるように頑張りたい」という表現で決意を新たにしていた。もう1人の受賞者である?方は、鈴木が2017年6月14日のオリックス戦で2年連続のサヨナラ本塁打を放った直後に、延長12回までマツダスタジアムで声援を送ったファンに向けて「今年は(レギュラーに定着した鈴木というより)ファンが神っていた」というメッセージを出している。鈴木誠也 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見た緒方孝市緒方孝市

    「神ってる」(緒方孝市〈広島東洋カープ監督〉・鈴木誠也〈広島東洋カープ外野手〉)が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した(その他の受賞語は後節「」も参照)。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・レモン

    ドナルド・レモンから見た緒方孝市緒方孝市

    1イニング4奪三振:2000年4月14日、対広島東洋カープ1回戦(福岡ドーム)、5回表に東出輝裕・緒方孝市・前田智徳(振り逃げ)・松本奉文から ※史上6人目(7度目)ドナルド・レモン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード