84件中 11 - 20件表示
  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た緒方孝市緒方孝市

    12月25日 - 緒方孝市(佐賀県、野球)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 広島桜が丘高等学校

    広島桜が丘高等学校から見た緒方孝市緒方孝市

    緒方かな子(中條かな子)(タレント・広島東洋カープ緒方孝市監督夫人)広島桜が丘高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤充弘

    斎藤充弘から見た緒方孝市緒方孝市

    初奪三振:同上、3回裏に緒方孝市から斎藤充弘 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口功一 (野球)

    谷口功一 (野球)から見た緒方孝市緒方孝市

    初奪三振:1993年5月16日、対広島東洋カープ8回戦(広島市民球場)、8回裏に緒方孝市から谷口功一 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のセントラル・リーグ

    1995年のセントラル・リーグから見た緒方孝市緒方孝市

    ヤクルトを追ったのが、川口に去られた広島。野村謙二郎、江藤智、緒方孝市らの強力打線が活躍。8月にはヤクルトに2.5ゲーム差まで迫ったが、ケガ人が出て失速。1995年のセントラル・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒樹

    渡邉恒樹から見た緒方孝市緒方孝市

    6月1日の対横浜戦でプロ初登板を果たしたが、これは先発の山村宏樹が初回に1イニング4被本塁打を喫し、1死も取れずにKOされたのを受けた緊急登板だった。6月12日の対広島戦で、同点で迎えた6回表1死に救援登板し、三塁のルイス・ロペスの失策で緒方孝市を出塁させたが、その緒方を牽制球で刺して2死とする。続く木村拓也に四球を与えるも、木村の盗塁失敗により3死となった。その裏の攻撃で楽天が決勝点を挙げたため、幸運なプロ初勝利が転がり込んだ。打者1人も打ち取らずに勝利投手となっているので、「こんなんでいいのかな」と感想をもらした。この年は17試合に登板し、1勝2敗、防御率1.93の成績を残した。オフにはフェニックスリーグに参加し、優勝(楽天は5勝1敗4引き分けで1位)を経験した。渡邉恒樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の広島東洋カープ

    2015年の広島東洋カープから見た緒方孝市緒方孝市

    この年の広島東洋カープは、緒方孝市監督の1年目のシーズンである。2015年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 故意落球

    故意落球から見た緒方孝市緒方孝市

    6回表、広島の攻撃。無死一塁で打者の緒方孝市は遊撃手の方向へ低いライナーを打った。中日の井端弘和遊撃手はこのライナーを地面すれすれで捕球した後、すぐにボールを地面に転がして拾い、そのまま二塁に送球し、二塁手はそれを一塁へ転送した。二塁塁審の杉永政信は直ちに故意落球を宣告し、緒方のみがアウトとなって、一死一塁から試合が再開された。故意落球 フレッシュアイペディアより)

  • 内田順三

    内田順三から見た緒方孝市緒方孝市

    現役引退後も広島に残り、二軍打撃コーチ補佐(1983年)、一軍打撃コーチ(1984年 - 1987年)、二軍打撃コーチ(1988年 - 1993年)を歴任。広島二軍打撃コーチとして小早川毅彦、緒方孝市、野村謙二郎、江藤智や前田智徳、金本知憲らの育成に力を注ぎ、赤ヘル野球の攻撃陣を支えた。内田順三 フレッシュアイペディアより)

  • 大下剛史

    大下剛史から見た緒方孝市緒方孝市

    山本浩二・達川晃豊政権下でヘッドコーチを務めていた時代は『鬼軍曹』として恐れられ、達川曰く「胃から汗が出る」と形容するほどの猛練習を若手に課していた。その猛練習により第一次山本政権下では野村謙二郎や前田智徳、緒方孝市、江藤智、達川政権下では東出輝裕、新井貴浩といった多くの有望な選手が育成されたことも事実である。駒大の後輩・野村謙二郎を徹底的にシゴき、野村は「このままじゃ殺されます」と泣き言を言っていたが、高橋慶彦は「それは期待の裏返しでもあった。俺が古葉さんに見込まれて鍛え上げられたように。1番・ショートで使える目途が立った野村を見て、俺のカープでの務めは終わったと感じた」と話している。金本知憲は「大下剛史ヘッドコーチに怒られるのが怖くて、(盗塁を)ちゅうちょすることが多かった。」と語っている。新井貴浩は「特に目をかけてもらっていた」と話している。反面、内川聖一のように持病(骨嚢腫)からその猛練習に不安を感じ、入団拒否を表明した選手もいた。大下剛史 フレッシュアイペディアより)

84件中 11 - 20件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード