52件中 21 - 30件表示
  • デーブ・ヒルトン (野球)

    デーブ・ヒルトン (野球)から見た緒方孝市緒方孝市

    に春季キャンプでヤクルトスワローズのテストを受けて合格し、入団。主に1番を打ち、開幕から首位打者を争うほど高い打率を残し、ヤクルトの球団創設初優勝、そして日本一に貢献。初回先頭打者本塁打シーズン8本は2007年に高橋由伸が9本を記録するまで史上最多記録だった(右打者としては1986年の石毛宏典・1999年の緒方孝市と並び最多タイ記録)。デーブ・ヒルトン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た緒方孝市緒方孝市

    12月25日 - 緒方孝市(佐賀県、野球)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦貴

    三浦貴から見た緒方孝市緒方孝市

    2002年、緒方孝市に与えた頭部死球をキッカケに相手打者のインコースへ投げられなくなったと言われており、以降は登板機会が無くなってしまった。この年新規定になって初めての危険球退場者であった。同年の日本シリーズは出場機会なしに終わる。三浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 町田公二郎

    町田公二郎から見た緒方孝市緒方孝市

    1年目のから4番を任され、6本塁打を放つ活躍を見せる。大学時代の活躍に加えて、将来のクリーンナップ候補としての期待から入団時は「山本浩二2世」と呼ばれたこともあった。早い時期から右の大砲として首脳陣に期待されるが、前田智徳や江藤智、緒方孝市、金本知憲などの走、攻、守に優れた強力なライバルの台頭もあり、長打力はあったものの、守備や走塁に課題があった町田は、年々スタメンに名を連ねる試合が減少する。以降は右の代打の切り札としての地位を確立し、代打通算本塁打20本はプロ野球歴代2位タイの記録で、セ・リーグ記録でもある。には代打で9打席連続出塁の新記録を打ち立てた。には登録名を「公二郎」から「康嗣郎」に改めた。町田公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た緒方孝市緒方孝市

    野手転向1年目となった1999年には、打率.280、プロ入り初を含む3本塁打を放つ活躍を見せた。二軍でも3割を超える成績を度々残し、2002年には打率.314でウエスタン・リーグ首位打者も獲得したが、持病の腰痛や前田智徳・緒方孝市・金本知憲などの外野手層は厚く、試合出場に恵まれずにいた。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た緒方孝市緒方孝市

    1994年のアジア競技大会開催に合わせて1992年オフに改修を行い、1993年からスコアボードは中堅バックスクリーン上に移設され電光式に。松下電器産業製の大型映像装置「アストロビジョン」も設置された。しかし旧来の放電管方式だったため保守部品の消耗が早く、設置から10年を経過してそれらの入れ替えもままならなくなった。例えば2004年、グレッグ・ラロッカが打撃練習した際、メンバー表の表示画面にボールが直撃、3週間以上そこの部分だけ何も表示されず、例として緒方の表示が「緒_」、または木村拓が「木村_」となっていた(“_”は空白)。そのため、2005年にLED式に改装され、ポジションの数字が大きくなり、ネーム部分は幅がやや狭くなった。表示部は1993年以来の配置を踏襲し、横スクロールで左翼側に映像装置、右翼側に得点(10回まで)と出場メンバー表示が出来るようになっている。また打者はもちろん、塁に出た走者に対しても白地の文字が黄緑色で表示されるという他球場にはない特徴も、パネル式時代の表示方式を踏襲し続けている。スコアボードの得点表示部は、電光化当初は「青地に白文字」で表示していたが、放電管の消耗が著しくなった2000年頃から「黒地に白文字」に設定を変更して点灯部を減らし、放電管の負荷を軽減させていた。LED式に改装後は以前と同様「青地に白文字」に設定を戻している。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・ブラウン

    マーティ・ブラウンから見た緒方孝市緒方孝市

    31年ぶりにキャプテン制を導入し、黒田博樹を投手キャプテン、前田智徳を野手キャプテンに指名する。先発は黒田と大竹寛・ショーン・ダグラスを軸に、大島崇行・佐々岡真司を加えた5投手で中4日のローテーションを組んだ。中継ぎもローテーション形式として1登板につき2イニング30球を限度とし、3連投しない形をとった。守備では逆シングルを推奨し、一・三塁線を大きく開ける守備シフトを敷いた。打線では出塁率を重視し、1番に緒方孝市、2番に前田を据えるが、9試合連続2得点以下という日本新記録をマークしたため、オーダーを元に戻して復活した。また捕手以外の野手(内野手・外野手)を使い切ってしまうことが度々あった。マーティ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 梵英心

    梵英心から見た緒方孝市緒方孝市

    、小窪とのポジション争いが注目される中、オープン戦では打率.227と振るわなかったものの、両リーグ1位の8盗塁を記録し、開幕を2番・遊撃手で迎える。シーズンに入ると3割前後の打率を維持し、1番東出輝裕と共に不動のリードオフマンとして低迷するチームの中で気を吐いた。東出の故障による離脱後は1番に座り、チーム唯一の全試合出場を果たすなど、シーズン終了まで安定した活躍を見せた。3年ぶりの規定打席に到達するとともに初の打率3割を達成。また13本塁打を打ち長打力が戻り、3年ぶりの二桁本塁打となった。横浜ベイスターズの石川雄洋に競り勝ち、自己最高の43盗塁を記録し、盗塁王(チームでは1997年の緒方孝市以来13年ぶり)を獲得した。更にリーグ4位の36犠打、自身初となるゴールデングラブ賞も受賞するなど、過去2年の不振からの完全復活を果たしたシーズンとなった。梵英心 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚典

    鈴木尚典から見た緒方孝市緒方孝市

    3年連続の首位打者を目指したも好調を維持し、打率.328のハイアベレージを記録するも、首位打者はこの年驚異的な成績を上げた同僚のロバート・ローズが獲得し、打率リーグ3位に終わる。また猛打賞20回、年間満塁本塁打3本を記録し、球団新記録となる110得点を残すが、緒方孝市の111得点に及ばずリーグ最多得点はならなかった。しかしながら安打数、打点数などでは自己最高記録をマークしている。は1997年以来の20本塁打をマークし、この年限りで廃止された最多勝利打点の最後の受賞者となった。しかし前半戦の不調が響き4年連続の打率3割はならなかった。この年のオフ、共にマシンガン打線の中軸を担ってきたロバート・ローズが退団した。鈴木尚典 フレッシュアイペディアより)

  • 野口茂樹

    野口茂樹から見た緒方孝市緒方孝市

    初奪三振:同上、1回表に緒方孝市から野口茂樹 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード