52件中 41 - 50件表示
  • 金本 知憲

    金本知憲から見た緒方孝市緒方孝市

    日清食品「出前一丁」(広島時代、1998年の懸賞キャンペーンTVCM(中国地区限定)に江藤智・野村謙二郎・町田公二郎・緒方孝市らと共演)金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た緒方孝市緒方孝市

    現監督でもある野村の「預かり番号」とされ、緒方孝市の9とともに「若手や中堅の伸び悩み」のため空き番号となっていた。が、2013年より堂林翔太が着用する。野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方 かな子

    緒方かな子から見た緒方孝市緒方孝市

    1991年に中條かな子として芸能界デビュー。桜っ子クラブさくら組の創立メンバーでもあった。当時はアーティストハウス・ピラミッドに所属し、グラビアを中心にアイドルとして活躍。学園祭の女王の異名をとった。その後も女優、歌手、パーソナリティーとして幅広く活躍したが、1996年に広島東洋カープ外野手の緒方孝市と結婚し、翌春限りでひとまず芸能界を引退。その後、広島を中心にタレント活動を再開。家庭生活と両立させながら現在も活動中。緒方かな子 フレッシュアイペディアより)

  • 広島エフエム放送

    広島エフエム放送から見た緒方孝市緒方孝市

    緒方かな子(広島東洋カープ緒方孝市外野手夫人)広島エフエム放送 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩二

    山本浩二から見た緒方孝市緒方孝市

    監督時代、第一期では前田智徳や緒方孝市、江藤智など、第二期には新井貴浩や嶋重宣、栗原健太を打線の主力として育成した。山本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛宏典

    石毛宏典から見た緒方孝市緒方孝市

    シーズン初回先頭打者本塁打:8本(1986年)※当時の日本プロ野球タイ記録(2007年高橋由伸が9本で更新)、現在もパ・リーグタイ記録(1972年福本豊・96年ロブ・デューシーとタイ)。右打者としては1978年デイブ・ヒルトンや1999年緒方孝市とならび日本プロ野球最多タイ記録、パリーグ記録石毛宏典 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年

    1968年から見た緒方孝市緒方孝市

    12月25日 - 緒方孝市、元プロ野球選手1968年 フレッシュアイペディアより)

  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た緒方孝市緒方孝市

    は開幕から7試合1番打者として起用されるが、前年に盗塁王を獲得した緒方孝市の存在もあり、4月中旬からは主に3番打者を務めた。7月6日の対ヤクルトスワローズ戦で8回に二盗を試みた際に左足首を負傷し、担架で運ばれて退場、翌日から3試合を欠場。歩行にも支障を来すほどで骨折が疑われたが、球団からは捻挫と発表されて痛み止めを飲みながら出場を続けた。三村敏之は休養を考えたが、控えに有力な遊撃手がいないことと、本人が出場を直訴したという。しかし左足首を庇ったことで負担がかかり、両足の太腿やふくらはぎにも痛みが広がり、9月に入ると全力疾走できないほど状態が悪化した。チーム成績も負傷前の45勝24敗からその後は26勝35敗と急激に悪化し、この負傷が巨人にメークドラマを許す一因になったとも言われている。負傷のため個人成績は芳しくなかったが、オフにはチームを引っ張る働きを評価されて2000万円増の年俸1億9000万円で契約を更改し、選手会長に就任した。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見た緒方孝市緒方孝市

    緒方孝市(広島東洋カープ、1987年-2009年)フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た緒方孝市緒方孝市

    は、変化球でカウントを整えられない弱点を克服するため、新球としてチェンジアップを習得。これが見事にはまって、かねてからの課題だった走者を背負ってからの投球でも大崩れすることがなくなり、開幕から抜群の安定感を見せた。また帽子のつばに書いた言葉をピンチの場面で読むなど精神面での制御法を見つけ、ピンチでも落ち着いた投球が出来るようになった。4月28日の巨人戦初回から5月31日の楽天戦6回途中までは、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新し、セ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。この月は、月間5勝0敗、防御率1.56という甲乙つけ難い成績を残した巨人のディッキー・ゴンザレスとの同時受賞となったが、これは月間MVPが投手野手一括選考だった1986年以来23年ぶり2度目、投手だけで選考されるようになってからは初の月間MVP2人同時受賞となった。オールスターではファン投票・選手間投票ともに圧倒的な1位で選出され、地元広島で開催された第2戦で先発を果たした。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。試合時間はわずか1時間52分で、セ・リーグでは1999年7月4日の巨人対横浜戦(試合は上原浩治が完投勝利)以来およそ10年ぶりに試合時間が2時間を切った。防御率は自己最高の2.81を記録した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード