84件中 71 - 80件表示
  • 赤松真人

    赤松真人から見た緒方孝市緒方孝市

    には、ゲーム終盤の代走・守備要員として一軍公式戦89試合に出場した。盗塁成功率は.857(企図14成功12)で、4年振りに8割を上回った。また、打席数が少ないながらも、打率.368を記録した。6月14日の対埼玉西武ライオンズ戦(マツダ)では、同点で迎えた9回裏2死1・2塁の打席で安打を放ったところ、二塁走者の菊池涼介が本塁へ突入。木内九二生球審は菊池にアウトを宣告したものの、広島の緒方孝市監督の抗議でビデオ判定を実施した末にコリジョンルールの適用によってチームがサヨナラ勝利を収めた。なお、同ルールの適用によるサヨナラ安打はNPBの公式戦史上初めてであった。さらに、チームが25年振りのリーグ優勝から日本シリーズ進出へ至ったことから、赤松自身もプロ入り後初めて日本シリーズへ出場した。赤松真人 フレッシュアイペディアより)

  • 日本選手権シリーズ

    日本選手権シリーズから見た緒方孝市緒方孝市

    2016年・第2戦では同年より導入された本塁クロスプレーでのビデオ判定が行われた。6回裏、無死二塁の場面で広島東洋カープ・菊池涼介がバントの構えからバスターに切り替えて打った打球はレフト前へ抜ける。これを見た二塁走者の田中広輔は本塁へ向かった。日本ハム左翼手・西川遥輝から捕手・大野奨太へ際どいタイミングで返球され、球審の白井一行はアウトと宣告した。これに広島・緒方孝市監督がビデオ判定を要求、審判団の協議によりビデオ判定が行われた。その結果、「大野のタッチより先に田中の手が本塁に触れていた」として、判定を覆して田中の生還を認めた。日本選手権シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 畝龍実

    畝龍実から見た緒方孝市緒方孝市

    2015年は緒方孝市監督から投手起用に関する全権を与えられた。オープン戦では黒田博樹の復帰戦となった3月8日のヤクルト・スワローズ戦で、黒田の球数を10球間違え、予定より早く降板させてしまう勘違いがあった。レギュラーシーズンでは、エースの前田健太と黒田を別々のカードで起用し、大型連敗を防ぐローテーションを組んだ。3、4月は試合日程に余裕があったこともあり、先発投手の月間防御率が2.11とリーグ2位の結果を残した。救援投手の防御率も2.75とリーグ2位の好成績であったが、接戦での失点が目立ちわずか1ヵ月で8敗を喫した。予定していた勝ちパターンの一岡竜司、中崎翔太、デュアンテ・ヒースの全員が救援失敗する事態となり、リリーフ再編を余儀なくされた。5月にはセットアッパーを日替わり起用とする方針を示し、6月には戸田隆矢をセットアッパーとして起用することを明らかにした。しかし、戸田も制球難から崩れる場面があり、信頼を得ることができなかった。地元マスコミや球団OBらの声もあり、最終的には、先発で勝ち星に恵まれていなかった大瀬良大地を交流戦限定でリリーフ起用する方針を示し、そのままシーズン終了まで大瀬良と中崎を勝ちパターンとすることで落ち着いた。中盤は配置転換が奏功し、序盤とは打って変わってリーグ屈指の強力リリーフ陣となった。「3連戦の初戦はしっかり勝つ」という方針から、勝ちパターンの2人に登板を集中させ、4点以上リードがある場面や同点時、回跨ぎ、連投などの起用も辞さなかった。大瀬良はシーズン終盤に大きく調子を落とし、クライマックスシリーズ進出がかかった大事な試合でのリリーフ失敗が続いた。また、大瀬良が抜けた先発ローテーションの再編に苦慮し、6連戦が続く8月には前田、K.ジョンソン、黒田、福井以外に2人足りないことが常態化してしまった。9月には雨天中止の影響で12連戦が組まれたが、中4日ローテの導入など登板間隔を詰めることで対処した。崩壊したリリーフ陣を配置転換により立て直し、大瀬良と中崎の勝ちパターンを確立したことが評価されたが、その勝ちパターンに起用が集中したことや、一軍にいながらほとんど登板機会に恵まれない投手がいたことについては批判が寄せられた。10月28日に一軍投手コーチ留任が発表された。畝龍実 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛宏典

    石毛宏典から見た緒方孝市緒方孝市

    シーズン初回先頭打者本塁打:8本(1986年)※当時の日本プロ野球タイ記録(2007年高橋由伸が9本で更新)、現在もパ・リーグタイ記録(1972年福本豊・96年ロブ・デューシーとタイ)。右打者としては1978年デイブ・ヒルトンや1999年緒方孝市とならび日本プロ野球最多タイ記録、パリーグ記録石毛宏典 フレッシュアイペディアより)

  • 新井貴浩

    新井貴浩から見た緒方孝市緒方孝市

    は、4月26日に対東京ヤクルト3回戦(明治神宮野球場)の第二打席、ヤクルト先発の成瀬善久からレフト線への適時二塁打を放ち、47人目の2000本安打を達成。続いて8月2日には、史上42人目の300本塁打と立て続けに大記録を達成。その後も連続出場による疲労を回避するため、先発を外れたり、試合終盤にベンチに下がるなどの配慮を受けながらも、シーズンを通して4番に座り、シーズン終盤まで打点王に立つなど好調を維持。チームの快進撃の原動力となった。そしてチームは優勝マジックを1とした9月10日の巨人戦(東京ドーム)で逆転勝ちし、25年ぶりのリーグ優勝を果たす。試合終了直後に監督の緒方孝市、この年限りで引退し背番号が永久欠番にもなった黒田博樹と共にチームメイトから胴上げをされた。チームはクライマックス・シリーズも優勝し、広島所属としては初めて日本シリーズにも進出。日本一はならなかったが、プロ18年目にして初めて歓喜の美酒を味わった。個人としては打点王はリーグ優勝決定後に休養とポストシーズンへの調整のために出場機会を少なくした影響で9月下旬に筒香嘉智にその座を譲り2011年以来の栄冠はならなかったものの、主要6部門は全て6年ぶりの打率.300(自己3位)、19本塁打(同5位)、100打点(同4位)、出塁率.370(同2位)、長打率.480(同3位)、OPS.850(同3位)の大台を達成する全盛期並みの成績を残し、本塁打王を獲得した2005年以来自身2度目のベストナインを受賞。2015年に9年ぶりに同賞を受賞した福留孝介を抜くセ・リーグ史上最長ブランクでの受賞となった。さらに同賞の表彰のため出席した11月28日のNPB AWARDS 2016にて、その年のリーグの最高栄誉であるリーグMVPの受賞が発表・表彰された。39歳での同賞の受賞は、2010年に38歳で受賞した和田一浩の記録を塗り替え、同賞受賞のセ・リーグ史上最年長記録を樹立した。史上初めて2000安打・300本塁打・リーグ優勝・リーグMVPを同時に達成した、本人曰く「夢のようなシーズン」となった。新井貴浩 フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た緒方孝市緒方孝市

    9:緒方孝市(外野手) 2010年 - 2013年野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 金本知憲

    金本知憲から見た緒方孝市緒方孝市

    日清食品「出前一丁」(1998年の中国地区限定懸賞キャンペーンTVCMに江藤智・野村謙二郎・町田公二郎・緒方孝市らと共演)金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見た緒方孝市緒方孝市

    またには、前田智徳と緒方孝市が怪我で離脱し、FA権を行使して巨人に移籍した江藤智の穴埋めとしてジェフ・ボールを獲得したが期待外れに終わるなど(そのためルイス・ロペスが復帰することになる)、誤算も相次いだ。この年は若手の活躍もあったが、結局チームは2年連続5位に終わり(最下位に低迷していた阪神タイガースに2年連続で負け越した)、成績不振の責任を取る形で同年辞任した。ただ、後に阪神に移籍した金本知憲は達川時代を振り返り「チームは弱かったけど楽しかった」と語っている。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • ケイン・コスギ

    ケイン・コスギから見た緒方孝市緒方孝市

    MONSTER BOXでは跳び箱を跳ぶのは初めてというケインだったが、15段終了時点でNo.1が確定。その後当時緒方孝市が持つプロスポーツマン記録であった18段を楽々クリアした。更に19段も前に突っ込みすぎたもののクリアした。初挑戦で19段の記録を残す。ケイン・コスギ フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀県立香楠中学校・鳥栖高等学校

    佐賀県立香楠中学校・鳥栖高等学校から見た緒方孝市緒方孝市

    緒方孝市(元プロ野球選手。広島東洋カープ、広島東洋カープ監督)佐賀県立香楠中学校・鳥栖高等学校 フレッシュアイペディアより)

84件中 71 - 80件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード