1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
84件中 81 - 84件表示
  • 中田翔

    中田翔から見た緒方孝市緒方孝市

    広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校3年時に鯉城シニアで日本代表入り。エースで4番を務め、米国遠征で4本塁打を打ちMVPに輝き、世界大会準優勝の原動力となる。投手としても141km/hを計測した。中3時にイベントで訪れたヤクルト・山本樹投手と勝負して3打数2安打、シニアの県大会で御建公園野球場で打った場外ホームランは、隣接する御建神社の屋根を破壊し、神社から弁償を請求された推定170m弾だったといわれる。広島で過ごした少年時代は、当時の広島市民球場でプロ野球選手になる夢を抱いた広島東洋カープファンだった。子どもの頃の実家の近所に緒方孝市宅があり、家に押しかけてサインをもらったこともある。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 田中広輔

    田中広輔から見た緒方孝市緒方孝市

    この判定に対して、広島の緒方孝市監督が、審判団にビデオ判定を要求。田中の左手が大野のタッチより先に本塁に触れていることがリプレー映像で判明したため、責任審判の丹波幸一は、田中の得点と無死走者二塁での試合再開を認めた。日本シリーズにおけるビデオ判定は史上2例目だが、本塁でのクロスプレーに対してビデオ判定を実施したことや、審判による最初の判定がビデオ判定で覆ったことはいずれも初めてであった。田中広輔 フレッシュアイペディアより)

  • 山根良顕

    山根良顕から見た緒方孝市緒方孝市

    神ってる!有吉大明神 〜神ってるアレの理由を大公開!〜(2017年2月11日、RCCテレビ発 TBS系列28局フルネット) - 「広島カープ何故優勝できた?知られざる5つの物語」再現ドラマ - 緒方孝市監督 役:山根良顕山根良顕 フレッシュアイペディアより)

  • 野間峻祥

    野間峻祥から見た緒方孝市緒方孝市

    2014年度プロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープから1巡目指名を受けた。広島は当初、本拠地(広島市)出身の有原航平を1巡目で指名。4球団による重複指名の末に、抽選で独占交渉権を獲得できなかったことから、再入札の際に野間の単独指名へ踏み切った。結局、契約金1億円プラス出来高払い5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という最高条件で入団。会議前に一軍監督へ就任したばかりの緒方孝市が、新人外野手時代に付けていた背番号(37)を着用することも決まった。中部学院大出身のプロ野球選手は、西濃運輸を経て2012年にドラフト4位で阪神に入団した小豆畑眞也以来2人目で、中部学院大学から直接プロに入った選手は野間が初めてであった。野間峻祥 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
84件中 81 - 84件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード