1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示
  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た満塁

    前述した年間先頭打者本塁打8本に加え、通算28本の初回先頭打者本塁打も歴代5位の記録である。初回表の先頭打者本塁打は22本で、福本豊と真弓明信の24本に次ぐ両リーグ歴代3位、セ・リーグでは歴代1位である。その他、1988年にプロ初出場で初安打が初本塁打、1997年9月11日の阪神戦で9回裏2死満塁の状況で3点差をひっくり返す逆転サヨナラ満塁本塁打を放つなど、しばしば本塁打の関係の記録を達成している。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:1回(1999年)緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見たアキレス腱

    1995年には母が死去する不幸に見舞われたが、アキレス腱を断裂した前田智徳の穴を埋める形でレギュラーに定着。このことを評して当時の三村敏之監督は「緒方の母は緒方を二度生んだ」と発言、話題となった。規定打席不足ながら、リーグ8年ぶりとなる40盗塁以上を記録。結局、47盗塁で盗塁王を獲得した。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た打点

    課題は粗さの残る打撃だったが、1995年を境に頭角を現す。特に1998年は右方向へのバッティングを会得し、開幕から高打率を記録。6番という打順の関係上、例年程ではなかったものの、盗塁数も順調に伸び、当時のリーグ新記録となる4年連続盗塁王に加え、首位打者、打点王も視野に入る程の好調で、本塁打も量産し、トリプルスリーへの期待も高まった。しかし、6月12日に甲子園で行われた阪神戦の9回裏、八木裕が放った大飛球を追ってフェンスに跳び蹴りをした際、右足首を捻挫して戦線離脱。1ヶ月半後に復帰し、復帰後も高打率は維持したものの、本塁打、打点、盗塁に関しては数字が伸びなかった。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た月間MVP (日本プロ野球)

    月間MVP:1回(1995年9月)※セ・リーグ歴代3位の月間21盗塁緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
95件中 91 - 95件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード