95件中 71 - 80件表示
  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た捻挫

    課題は粗さの残る打撃だったが、1995年を境に頭角を現す。特に1998年は右方向へのバッティングを会得し、開幕から高打率を記録。6番という打順の関係上、例年程ではなかったものの、盗塁数も順調に伸び、当時のリーグ新記録となる4年連続盗塁王に加え、首位打者、打点王も視野に入る程の好調で、本塁打も量産し、トリプルスリーへの期待も高まった。しかし、6月12日に甲子園で行われた阪神戦の9回裏、八木裕が放った大飛球を追ってフェンスに跳び蹴りをした際、右足首を捻挫して戦線離脱。1ヶ月半後に復帰し、復帰後も高打率は維持したものの、本塁打、打点、盗塁に関しては数字が伸びなかった。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た三塁打

    2009年には41歳となり、加齢と積年の怪我による足腰の衰えや、新たな右ひじの故障による打撃不振によって活躍できず、10月1日、同シーズン限りで現役を退くことを表明。松田元オーナーより、二軍コーチ就任を打診された。10月10日にマツダスタジアムで行われたシーズン最終戦で引退試合が開催され、八回表より守備に就き、元チームメイトの木村拓也のセンターフライも捕球した。その裏には三塁打を放ち、有終の美を飾った。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た選手会長

    選手会長に就任し、チームの顔となった2000年、2001年は大きな故障に苦しみ、出場試合数が激減した。故障箇所の多くが下半身だったこともあり、この2年間を境に緒方の盗塁数は激減することになる。2002年、緒方はセンターのレギュラーとして復活を果たした。衰えが懸念された打撃は、開幕から安定した数字を残し、打率.300と自身3度目の3割を記録。本塁打も25本放った。カムバック賞こそ、同じく復活を果たした同僚の前田に譲ったものの、成績的には緒方が受賞してもおかしくない位の数字を残している。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た広島県立びんご運動公園野球場

    1500本安打:2009年6月8日、対オリックス・バファローズ4回戦(しまなみ球場)、8回裏に清水章夫から代打中前2点適時打 ※史上102人目緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た跳び箱

    1998年に放送された『スポーツマンNo.1決定戦』では、その身体能力の高さを遺憾なく発揮し、見事、総合No.1に輝いた。なお、同番組の「ショットガン・タッチ」では当時の世界記録である「13m20cm」を樹立した(翌1999年に当時ヤクルトスワローズの飯田哲也が「13m30cm」を記録)。ちなみにモンスターボックス(跳び箱)でも活躍し、当時のプロスポーツマンタイ記録である18段を成功させ、この種目でもNo.1となっている。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た骨折

    また、同年5月に楽天の戸叶尚から顔面に死球を受け、左眼窩を骨折したが、翌日から通常通りチームの練習に参加、その次の試合では代打で復帰するなど、衣笠祥雄ばりの鉄人ぶりも見せている。ちなみにこのシーズンを振り返って緒方は、「大きな怪我もなくやれた」と振り返っている。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た規定打席

    1995年には母が死去する不幸に見舞われたが、アキレス腱を断裂した前田智徳の穴を埋める形でレギュラーに定着。このことを評して当時の三村敏之監督は「緒方の母は緒方を二度生んだ」と発言、話題となった。規定打席不足ながら、リーグ8年ぶりとなる40盗塁以上を記録。結局、47盗塁で盗塁王を獲得した。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見たスライディング

    特にスタートダッシュの素晴らしさと、スピードが全く落ちないスライディング(一般的にはスライディングをするとスピードが落ちるが、緒方の場合は減速しないので「加速しているように見える」という選手もいる)は相手チームや、二盗を刺す立場にある捕手にとって脅威であった。古田敦也(ヤクルト)をして「投げた瞬間に『刺せる!』と思って、唯一刺せなかった選手」と言わしめ、また走攻守のスケールの大きさから「自分が監督になったら一番欲しい選手」とまで言われたことがある。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た打率

    課題は粗さの残る打撃だったが、1995年を境に頭角を現す。特に1998年は右方向へのバッティングを会得し、開幕から高打率を記録。6番という打順の関係上、例年程ではなかったものの、盗塁数も順調に伸び、当時のリーグ新記録となる4年連続盗塁王に加え、首位打者、打点王も視野に入る程の好調で、本塁打も量産し、トリプルスリーへの期待も高まった。しかし、6月12日に甲子園で行われた阪神戦の9回裏、八木裕が放った大飛球を追ってフェンスに跳び蹴りをした際、右足首を捻挫して戦線離脱。1ヶ月半後に復帰し、復帰後も高打率は維持したものの、本塁打、打点、盗塁に関しては数字が伸びなかった。緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た東京ドーム

    1000本安打:2003年5月5日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、5回表に真田裕貴から右翼フェンス直撃二塁打 ※史上212人目緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

95件中 71 - 80件表示

「緒方孝市」のニューストピックワード