44件中 21 - 30件表示
  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た緒方耕一緒方耕一

    10月10日 - 日本代表「侍ジャパン」監督コーチ就任会見が行われ、監督に山本浩二の就任が発表された。また、コーチ陣には、元西武ライオンズ監督の東尾修、元日本ハム監督の梨田昌孝、与田剛、立浪和義、高代延博、緒方耕一の就任も発表された。11月16日の福岡ドームで行われる、国際親善試合キューバ戦より指揮を執る。親善試合である11月のキューバ戦では山本監督の選考ではなく、12球団の監督によるアンケート結果から代表選手を選出することとなった。2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た緒方耕一緒方耕一

    、背番号を「0」に変更。巨人では球団史上初の0番であった。この年藤田元司が監督に復帰すると、第4の存在だった川相と緒方耕一が台頭する。レギュラーに定着したのは、打撃面で伸び悩み、守備要員としても守備位置が一定せず外野手での出場が6割を占めていたこともあった川相であった。なかなか定着しなかった当時の巨人の遊撃手候補は、一軍レベルで見ると遊撃手としてはやや足に難のあった岡崎、打力で川相以上に伸び悩む勝呂、即戦力要員ながら結果が出ず守備も不安があった鴻野と、他のメンバーに一長一短があったという事情もあったが、川相は持ち前の守備能力や確実性のある小技を磨き、絶対的な巨人の2番・遊撃の座を勝ち取った。後半戦、手に死球を受けて骨折して規定打席には届かなかったものの、自己最多の98試合に出場し、初のゴールデングラブ賞を受賞した。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の日本シリーズ

    1989年の日本シリーズから見た緒方耕一緒方耕一

    初回、巨人は不調の緒方耕一に代えて「1番・右翼手」に起用した簑田浩二の二塁打を足がかりに一死三塁として、岡崎の犠牲飛球で先制。6回には3安打2四球を集め3点を奪って点差を広げた。1989年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本シリーズ

    2013年の日本シリーズから見た緒方耕一緒方耕一

    実況:初田啓介(TBS)、解説:緒方耕一、リポーター:小笠原亘(TBS)、飯野雅人(東北放送)2013年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た緒方耕一緒方耕一

    実況:林正浩、解説:緒方耕一、リポーター:戸崎貴広(巨人サイド)、小縣裕介(ABC、阪神サイド)2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 麦倉洋一

    麦倉洋一から見た緒方耕一緒方耕一

    初奪三振:1991年4月10日、対読売ジャイアンツ2回戦(阪神甲子園球場)、8回表に緒方耕一から麦倉洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た緒方耕一緒方耕一

    一方、巨人は、初戦で先発桑田真澄が打ち込まれて敗戦投手となったものの、試合後のミーティングで西武の主力打者の特徴を指摘、2戦目の槙原の完封につながった。槙原は2完投勝利の活躍でMVPに選ばれた。また、後記する、屋鋪要の第2戦最終回の同点を阻止したダイビングキャッチ、第5戦での緒方耕一の満塁本塁打なども試合の行方に大きく影響した。1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ネオスポーツ the documentary!

    ネオスポーツ the documentary!から見た緒方耕一緒方耕一

    緒方耕一(元・読売ジャイアンツ、2012年1月15日 - 2016年3月27日)ネオスポーツ the documentary! フレッシュアイペディアより)

  • 徳光和夫の週刊ジャイアンツ

    徳光和夫の週刊ジャイアンツから見た緒方耕一緒方耕一

    緒方耕一(テレビ東京/日テレG+/TBSラジオプロ野球解説者)徳光和夫の週刊ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 追跡LIVE! Sports ウォッチャー

    追跡LIVE! Sports ウォッチャーから見た緒方耕一緒方耕一

    緒方耕一(番組開始 - 2017年12月23日)追跡LIVE! Sports ウォッチャー フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示