44件中 31 - 40件表示
  • 9月2日

    9月2日から見た緒方耕一緒方耕一

    1968年 - 緒方耕一、元プロ野球選手9月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 簑田浩二

    簑田浩二から見た緒方耕一緒方耕一

    しかし、1985年に頭部に死球を受ける等、その後は怪我に泣かされ、若手の成長もあり1988年、金銭トレードで読売ジャイアンツに移籍(背番号は2)。同年に開場した東京ドームに対応できる守備の名手として期待された。全盛期のプレーは披露できなかったが、若手の見本として、1989年の日本一にも貢献。近鉄に怒涛の3連勝を決められ、後が無くなった第4戦で、不調の緒方耕一に代わり1番で起用され、初回に二塁打を放ち、三進後、浅いセンターフライでタッチをかいくぐり先制得点を挙げ流れを変えた。簑田のバッティング練習を見ていた桑田真澄は、「右の篠塚さんみたいだ」とその高い打撃技術を絶賛した。1990年に山倉和博らとともにシーズン限りでの現役引退を表明し、閉幕まで打撃コーチ補佐や一塁ベースコーチを務めた。簑田浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 岸川勝也

    岸川勝也から見た緒方耕一緒方耕一

    6月、吉田修司との交換トレードで読売ジャイアンツ(以下、巨人)へ移籍(当時の福岡ダイエーは投手陣が手薄だった)。松井秀喜が唯一スタメン落ちした試合では、3番・ライトでスタメン出場した。この年初めて日本シリーズに出場。この西武ライオンズとの日本シリーズでは、第5戦(10月27日)では緒方耕一の満塁弾の直前の打席で10球粘って四球を選んだ。最終戦となった第6戦(10月29日)では工藤公康からタイムリーツーベースヒットを放ち、長嶋茂雄の監督初の日本一に貢献した。は主に控えで5本塁打を放ち、左腕キラーとして活躍。リーグ優勝に貢献した。岸川勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田元司

    藤田元司から見た緒方耕一緒方耕一

    また野手では、川相昌弘・緒方耕一の積極的な起用、駒田徳広・岡崎郁の“名脇役”としての確立等「磨けば光る逸材」を輝かせる事にかけては定評があった。藤田元司 フレッシュアイペディアより)

  • ベースボールLive

    ベースボールLiveから見た緒方耕一緒方耕一

    緒方耕一(2012年 - 2017年。TBSラジオ・日テレジータス解説者兼)ベースボールLive フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県立熊本工業高等学校

    熊本県立熊本工業高等学校から見た緒方耕一緒方耕一

    2013年現在でセンバツ20回、夏20回の計40回の甲子園出場を誇り、これは熊本県内の高校の中では、ダントツの甲子園出場回数となる。甲子園春夏通算勝敗は45勝40敗(春夏通算の甲子園出場回数、勝星数、秋の九州大会優勝回数はすべて九州No.1の好成績)で、夏準優勝3回・ベスト4が5回。なかでも1996年夏の決勝は高校野球ファンに対して印象深い試合である。卒部生としては川上哲治、吉原正喜、後藤次男、山森雅文、伊東勤、井上真二、緒方耕一、前田智徳、塩崎真、田中秀太、荒木雅博などがいる。2008年度の創立110周年記念事業の一環として、野球殿堂入りした川上哲治と吉原正喜の両名を称えるモニュメントが同校敷地内に建立された。熊本県立熊本工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た緒方耕一緒方耕一

    実況:初田啓介、解説:緒方耕一、リポーター:林正浩(日本ハムサイド)、戸崎貴広(巨人サイド)2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た緒方耕一緒方耕一

    実況:椎野茂、解説:緒方耕一、ゲスト解説:三浦大輔(横浜DeNAベイスターズ)リポーター:初田啓介(巨人サイド)、新タ悦男(中日サイド)2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 杉山賢人

    杉山賢人から見た緒方耕一緒方耕一

    は6月から7月にかけては5試合で打者26人を1四球のみに抑えるなどの好投を見せ、オールスターゲームに初出場を果たした。前年と同じ54試合に登板し、同年の日本シリーズでは第5戦で2番手として登板し、3四球で満塁としたところで緒方耕一に満塁ホームランを打たれて敗戦投手になっている。杉山賢人 フレッシュアイペディアより)

  • RCCカープナイター

    RCCカープナイターから見た緒方耕一緒方耕一

    2015年6月24日の試合は(富山)、近年では珍しくRCC制作の裏送りが行われた。また、8月26・27日の試合はMBSがRCCからのネット受け(NRN予備扱い)で対応(両日ともABCは自社制作を実施。25日はMBSも自社制作を実施するため、RCCはJRN予備扱いの自社単独放送。またこの3連戦はTBSも特例で別途素材収録待機を実施し、この期間の『TBSラジオ エキサイトベースボール』(DeNA vs 中日)では番組中で清水大輔アナウンサーの実況録音素材の再生や、清水と解説者の元木大介・緒方耕一との中継リポートの入中がされている)。RCCカープナイター フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示