62件中 11 - 20件表示
  • 半澤朝彦

    半澤朝彦から見た緒方貞子緒方貞子

    緒方貞子)『グローバル・ガヴァナンスの歴史的変容――国連と国際政治史』(ミネルヴァ書房, 2007年)半澤朝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 国際女性デー

    国際女性デーから見た緒方貞子緒方貞子

    なお「ユニフェム国内委員会」の設立10周年を迎えた2003年6月には来賓に緒方貞子元国連難民高等弁務官、ユニフェム事務局長 (当時) を迎えてシンポジウムを開いた。国際女性デー フレッシュアイペディアより)

  • 開発学

    開発学から見た緒方貞子緒方貞子

    また、21世紀の戦争主体の変容や国際犯罪、地域紛争、民族紛争、汚職などの問題から、個々の人間をそうした脅威から守る人間の安全保障論からみた国際開発論も登場している。1994年にUNDPがこの概念を世に広く知らしめたが、人々は開発の過程の中でさらされる各種の危険や欠乏から不自由であってはならず、それを保障するのが開発にとっても不可欠であるという思想である。人間の安全保障論に関しては,緒方貞子およびアマルティア・センのUNDPに対する貢献が大きい。開発学 フレッシュアイペディアより)

  • 芳沢光雄

    芳沢光雄から見た緒方貞子緒方貞子

    芳沢 光雄(よしざわ みつお、1953年1月23日 - )は、日本の数学者。桜美林大学リベラルアーツ学群教授。専門は数学・数学教育。曽祖父は元内閣総理大臣の犬養毅で、祖父は元外務大臣の芳澤謙吉。元国連難民高等弁務官の緒方貞子はいとこ。芳沢光雄 フレッシュアイペディアより)

  • ソウル平和賞

    ソウル平和賞から見た緒方貞子緒方貞子

    第5回(2000年)国際連合難民高等弁務官、緒方貞子ソウル平和賞 フレッシュアイペディアより)

  • 世界政治学会

    世界政治学会から見た緒方貞子緒方貞子

    2006年の第20回大会は日本の福岡市の福岡国際会議場などにおいて、約70カ国・地域から約2200人が参加して開催された。大会組織委員長は佐々木毅が務め、公開講座ではコロンビア大学名誉教授のドナルド・キーンや国際協力機構理事長の緒方貞子らが講演し、日本文化体験として茶道体験や華道の展示、着物試着が行なわれた。世界政治学会 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤和津

    安藤和津から見た緒方貞子緒方貞子

    東京柳橋に、後に法務大臣を務める犬養健の妾の子(非嫡出子)として生まれ、のち子として認知される。犬養とは年が離れているため、親子というよりはむしろ孫と祖父と見られることも多かったという。祖父は内閣総理大臣を務めた犬養毅。母は柳橋の芸者で料亭“をぎの”経営者の荻野昌子。評論家犬養道子は異母姉、犬養康彦は異母兄で、国際協力機構(JICA)理事長の緒方貞子は従姉の娘にあたる。安藤和津 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野重昭

    宇野重昭から見た緒方貞子緒方貞子

    大学院の博士課程から卒業後の数年間に渡り、東京大学の東洋政治外交史コースの責任者であった植田捷雄のもとで坂野正高、衛藤瀋吉、関寛治らとの研究会(放談会と称したが外国人が多数出席しての学問的交流会)にて、東洋政治外交史および太平洋戦争の実証研究を行った。その後、細谷千博、関寛治、緒方貞子、斉藤孝らとも共同研究を進め、極東国際軍事裁判の分析が事実とずれているということから、事実を押さえ直し、太平洋戦争に至るプロセスの実証研究による再検討を行った。太平洋戦争研究は、当時公開されたばかりの公文書、中国関係の未開拓資料やビラに至る細かい資料も発掘して資料考証し、解釈の問題点をたたきあう徹底した社会科学的アプローチがとられ、日本国際政治学会から1962 - 63年に『太平洋戦争への道』(朝日新聞社)として刊行、著名な歴史研究書として結実している。宇野重昭 フレッシュアイペディアより)

  • サイレント津波

    サイレント津波から見た緒方貞子緒方貞子

    ジェフリー・デヴィッド・サックス委員長による英語「Silent Tsunami」(サイレント・ツナミ)を「サイレント津波」と訳しているのは、日本国外務省の外交官薮中三十二、行政独立法人国際協力機構(JICA)理事長緒方貞子らである。国際連合世界食糧計画(WFP)日本事務所は「静かな津波」と訳している。他、「静かなる津波」「沈黙の津波」等に訳出されている。サイレント津波 フレッシュアイペディアより)

  • 平和

    平和から見た緒方貞子緒方貞子

    2001年1月に緒方貞子国連難民高等弁務官(当時)とアマルティア・セン・ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ学長(当時)を共同議長とする「人間の安全保障委員会」が創設され、2003年2月の最終報告書では「安全保障」の理論的枠組みを再考し、安全保障の焦点を国家のみを対象とするものから人々を含むものへ拡大していく必要があり、人々の安全を確保するには包括的かつ統合された取り組みが必要であるとしている。グローバル化や相互依存の深まりによって、戦争に限らず、貧困、環境破壊,自然災害、感染症、テロ、突然の経済・金融危機といった人々の生命・生活に深刻な影響を及ぼす国際課題に対処するためには、従来の国家を中心に据えたアプローチだけでは不十分になってきているという背景もある。平和 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「緒方貞子」のニューストピックワード