70件中 21 - 30件表示
  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た関西大学

    大阪府高槻市出身。大阪府立阿武野高等学校卒業。現在は関西大学文学部英語英文学専修に在籍。2010年4月22日、中学時代の同級生女性(当時妊娠4ヶ月)と入籍。10月1日、第1子の男子が生まれた。。2013年1月5日には第2子の男子が生まれた。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たエリック・ボンパール杯

    2007年夏、酒気帯び運転で摘発され、日本スケート連盟から出場停止(国際大会5ヶ月、国内大会3ヶ月)と特別強化指定選手5ヶ月間解除の処分を受け、スケートカナダ、エリック・ボンパール杯への派遣も中止された。復帰戦として注目された11月の西日本選手権は調整の遅れを理由に欠場し、12月の全日本選手権も直前に「過度の精神的重圧」等を理由に欠場した。四大陸選手権と世界選手権の出場権を得ることはできず、年明けのアイスショーにも参加しなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たNHK杯国際フィギュアスケート競技大会

    2005-2006シーズンから本格的にシニア参戦。ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)スケートカナダで3位、NHK杯では初優勝を果たし、本田武史、高橋大輔に続く日本人男子3人目のグランプリシリーズ優勝者となった。トリノオリンピック代表がかかった全日本選手権では、初め優勝と発表されたものの、採点ミスが明らかになり2位に訂正される(詳細は第74回全日本選手権を参照)。この結果、代表選考ポイントでも僅差の2位となり、トリノオリンピック出場を逃した。年が明けてからは四大陸選手権を制し(同大会での日本人男子シングルの優勝者は本田武史以来2人目)、世界選手権でも4位入賞。日本男子シングル出場枠を1から2に増やした。練習では、体力面で他の選手に劣るという指摘を受け、松本整のもとで筋力トレーニングに取り組み始めた。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たISUグランプリファイナル

    2010年バンクーバーオリンピック7位、2006年世界選手権4位、2006年四大陸選手権優勝、2008年全日本選手権優勝、2009年・2010年GPファイナル2位、2005年世界ジュニア選手権優勝。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たバンクーバーオリンピック

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、GPシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権は、SPでフェンスに激突し、フリーでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計は13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠は辛うじて最大の「3」を確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たフリースケーティング

    大変涙もろく、2005年のスケートカナダでは、7位に終わったショートプログラム後に悔し泣きし、大逆転のフリースケーティング後にはうれし泣きをした。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たショートプログラム

    大変涙もろく、2005年のスケートカナダでは、7位に終わったショートプログラム後に悔し泣きし、大逆転のフリースケーティング後にはうれし泣きをした。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た世界ジュニアフィギュアスケート選手権

    2010年バンクーバーオリンピック7位、2006年世界選手権4位、2006年四大陸選手権優勝、2008年全日本選手権優勝、2009年・2010年GPファイナル2位、2005年世界ジュニア選手権優勝。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たスケートカナダ

    大変涙もろく、2005年のスケートカナダでは、7位に終わったショートプログラム後に悔し泣きし、大逆転のフリースケーティング後にはうれし泣きをした。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2006年四大陸フィギュアスケート選手権

    2010年バンクーバーオリンピック7位、2006年世界選手権4位、2006年四大陸選手権優勝、2008年全日本選手権優勝、2009年・2010年GPファイナル2位、2005年世界ジュニア選手権優勝。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「織田信成」のニューストピックワード