70件中 31 - 40件表示
  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2006年世界フィギュアスケート選手権

    2010年バンクーバーオリンピック7位、2006年世界選手権4位、2006年四大陸選手権優勝、2008年全日本選手権優勝、2009年・2010年GPファイナル2位、2005年世界ジュニア選手権優勝。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た第74回全日本フィギュアスケート選手権

    2005-2006シーズンから本格的にシニア参戦。ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)スケートカナダで3位、NHK杯では初優勝を果たし、本田武史、高橋大輔に続く日本人男子3人目のグランプリシリーズ優勝者となった。トリノオリンピック代表がかかった全日本選手権では、初め優勝と発表されたものの、採点ミスが明らかになり2位に訂正される(詳細は第74回全日本選手権を参照)。この結果、代表選考ポイントでも僅差の2位となり、トリノオリンピック出場を逃した。年が明けてからは四大陸選手権を制し(同大会での日本人男子シングルの優勝者は本田武史以来2人目)、世界選手権でも4位入賞。日本男子シングル出場枠を1から2に増やした。練習では、体力面で他の選手に劣るという指摘を受け、松本整のもとで筋力トレーニングに取り組み始めた。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たバンクーバーオリンピックにおけるフィギュアスケート競技

    2010年バンクーバーオリンピック7位、2006年世界選手権4位、2006年四大陸選手権優勝、2008年全日本選手権優勝、2009年・2010年GPファイナル2位、2005年世界ジュニア選手権優勝。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たシングルスケーティング

    織田 信成(おだ のぶなり、1987年3月25日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たフィギュアスケート

    織田 信成(おだ のぶなり、1987年3月25日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2011年中国杯

    2011-2012シーズン、かねてからの左膝蓋骨靱帯炎の治療と、膝以外の使える筋肉を使ってのトレーニングを続けながら挑んだGPシリーズ初戦の中国杯では2位に入ったが、第2戦のエリック・ボンパール杯では7位と沈み、3年連続GPファイナル進出はならなかった。全日本選手権は左膝の故障のため欠場。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たISUグランプリシリーズ

    2005-2006シーズンから本格的にシニア参戦。ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)スケートカナダで3位、NHK杯では初優勝を果たし、本田武史、高橋大輔に続く日本人男子3人目のグランプリシリーズ優勝者となった。トリノオリンピック代表がかかった全日本選手権では、初め優勝と発表されたものの、採点ミスが明らかになり2位に訂正される(詳細は第74回全日本選手権を参照)。この結果、代表選考ポイントでも僅差の2位となり、トリノオリンピック出場を逃した。年が明けてからは四大陸選手権を制し(同大会での日本人男子シングルの優勝者は本田武史以来2人目)、世界選手権でも4位入賞。日本男子シングル出場枠を1から2に増やした。練習では、体力面で他の選手に劣るという指摘を受け、松本整のもとで筋力トレーニングに取り組み始めた。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2009年エリック・ボンパール杯

    2009-2010シーズン、エリック・ボンパール杯、中国杯とGPシリーズで連勝。GPファイナルでは2位と好成績を残しオリンピック日本代表に内定した。バンクーバーオリンピックでは、フリーで靴紐が切れたことによる演技の一時中断と転倒による計3点の減点が響き7位に終わった。世界選手権ではSPですべてのジャンプに失敗し、フリーに進めなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2008年世界フィギュアスケート選手権

    2007年夏、酒気帯び運転で摘発され、日本スケート連盟から出場停止(国際大会5ヶ月、国内大会3ヶ月)と特別強化指定選手5ヶ月間解除の処分を受け、スケートカナダ、エリック・ボンパール杯への派遣も中止された。復帰戦として注目された11月の西日本選手権は調整の遅れを理由に欠場し、12月の全日本選手権も直前に「過度の精神的重圧」等を理由に欠場した。四大陸選手権と世界選手権の出場権を得ることはできず、年明けのアイスショーにも参加しなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た全日本フィギュアスケートジュニア選手権

    母の織田憲子が元スケート選手で、兄や姉もスケートをしていたため、自然な流れで7歳からスケートを始めた。1998-1999シーズン、全日本ノービス選手権8位。1999-2000シーズン、全日本ジュニア選手権27位。2001-2002シーズンは左腕を骨折したため競技会に出場しなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「織田信成」のニューストピックワード