70件中 51 - 60件表示
  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2009/2010 ISUグランプリファイナル

    2009-2010シーズン、エリック・ボンパール杯、中国杯とGPシリーズで連勝。GPファイナルでは2位と好成績を残しオリンピック日本代表に内定した。バンクーバーオリンピックでは、フリーで靴紐が切れたことによる演技の一時中断と転倒による計3点の減点が響き7位に終わった。世界選手権ではSPですべてのジャンプに失敗し、フリーに進めなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た第76回全日本フィギュアスケート選手権

    2007年夏、酒気帯び運転で摘発され、日本スケート連盟から出場停止(国際大会5ヶ月、国内大会3ヶ月)と特別強化指定選手5ヶ月間解除の処分を受け、スケートカナダ、エリック・ボンパール杯への派遣も中止された。復帰戦として注目された11月の西日本選手権は調整の遅れを理由に欠場し、12月の全日本選手権も直前に「過度の精神的重圧」等を理由に欠場した。四大陸選手権と世界選手権の出場権を得ることはできず、年明けのアイスショーにも参加しなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たカールシェーファーメモリアル

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、GPシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権は、SPでフェンスに激突し、フリーでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計は13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠は辛うじて最大の「3」を確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たホトトギス

    織田信長から数えて17代目の末裔(参考:織田信高系統(旗本高家))にあたるとしているが、家系図などの客観的な証拠がなく、その系譜の信憑性を疑問視する声もある。織田家の末裔と称していることは海外でも紹介されており、デヴィッド・ウィルソンが2004-2005シーズンのフリープログラムに『座頭市』を選んだのも信長にちなんでのことだという。かつて信長の子孫であることが先行して取りあげられた時期があり、そのころは違和感を持っていたが、スケートの実力が伴った現在では楽しんでいる。テレビ番組で「戦国三武将で有名なホトトギスの歌を詠むなら」とインタビューされた際は「鳴かぬなら それでいいじゃん ホトトギス」と詠んだ。2010年1月には愛知県清須市の「清須越四百年事業」のPR役として信長も居城とした清洲城の名誉城主に就任した(任期は1年間)。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2011年エリック・ボンパール杯

    2011-2012シーズン、かねてからの左膝蓋骨靱帯炎の治療と、膝以外の使える筋肉を使ってのトレーニングを続けながら挑んだGPシリーズ初戦の中国杯では2位に入ったが、第2戦のエリック・ボンパール杯では7位と沈み、3年連続GPファイナル進出はならなかった。全日本選手権は左膝の故障のため欠場。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2009年中国杯

    2009-2010シーズン、エリック・ボンパール杯、中国杯とGPシリーズで連勝。GPファイナルでは2位と好成績を残しオリンピック日本代表に内定した。バンクーバーオリンピックでは、フリーで靴紐が切れたことによる演技の一時中断と転倒による計3点の減点が響き7位に終わった。世界選手権ではSPですべてのジャンプに失敗し、フリーに進めなかった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2006/2007 ISUグランプリファイナル

    2006-2007シーズン、スケートアメリカで優勝し、NHK杯では高橋大輔に次いで2位。2年連続で進んだGPファイナルでは銅メダルを獲得した。世界選手権ではショートプログラムで14位と出遅れたが、プログラムを『ミッション:インポッシブル』に変えて臨んだフリースケーティングでは冒頭の3回転アクセル-3回転トウループ-3回転ループから次々にジャンプを成功させて追い上げ、総合7位に入った。同時に、高橋大輔が2位になったため、2人の順位合計により翌2008年大会の日本男子シングル出場枠は3枠となった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た2007年世界フィギュアスケート選手権

    2006-2007シーズン、スケートアメリカで優勝し、NHK杯では高橋大輔に次いで2位。2年連続で進んだGPファイナルでは銅メダルを獲得した。世界選手権ではショートプログラムで14位と出遅れたが、プログラムを『ミッション:インポッシブル』に変えて臨んだフリースケーティングでは冒頭の3回転アクセル-3回転トウループ-3回転ループから次々にジャンプを成功させて追い上げ、総合7位に入った。同時に、高橋大輔が2位になったため、2人の順位合計により翌2008年大会の日本男子シングル出場枠は3枠となった。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たネーベルホルン杯

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、GPシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権は、SPでフェンスに激突し、フリーでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計は13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠は辛うじて最大の「3」を確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見た文学部

    大阪府高槻市出身。大阪府立阿武野高等学校卒業。現在は関西大学文学部英語英文学専修に在籍。2010年4月22日、中学時代の同級生女性(当時妊娠4ヶ月)と入籍。10月1日、第1子の男子が生まれた。。2013年1月5日には第2子の男子が生まれた。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「織田信成」のニューストピックワード