纒向遺跡 ニュース&Wiki etc.

纒向遺跡(まきむくいせき、纏向遺跡)は、奈良県桜井市の三輪山の北西麓一帯にある、弥生時代末期から古墳時代前期にかけての集落遺跡。国の史跡に指定されている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「纏向遺跡」のつながり調べ

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た纒向遺跡

    邪馬台国ともされる纒向遺跡において卑弥呼と同時代の大型建物跡が見つかったと桜井市教育委員会が発表。(2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 関川尚功

    関川尚功から見た纒向遺跡

    関川 尚功(せきがわ ひさよし)は日本の考古学者。橿原考古学研究所の所員として纒向遺跡の発掘調査に携わり、石野博信とともに報告書『纒向』を著した。(関川尚功 フレッシュアイペディアより)

「纏向遺跡」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

関連サイト

「纒向遺跡」
地図情報

「纒向遺跡」のニューストピックワード