纒向遺跡 ニュース&Wiki etc.

纒向遺跡または纏向遺跡(まきむくいせき)は奈良県桜井市、御諸山(みもろやま)とも三室山(みむろやま)とも呼ばれる三輪山の北西麓一帯に広がる弥生時代末期から古墳時代前期にかけての大集落遺跡である。建設された主時期は3世紀で、前方後円墳発祥の地とされている。邪馬台国に比定する意見もあり、卑弥呼の墓との説もある箸墓古墳などの6… (出典:Wikipedia)

「纒向遺跡」Q&A

  • Q&A

    纒向遺跡 邪馬台国やな?

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2016年6月14日 10:08

  • Q&A

    唐古鍵遺跡に行ってきました。 ここは従来説の畿内説では邪馬台国の本拠地とされて来た…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年5月31日 12:44

  • Q&A

    纒向遺跡の中に、箸墓古墳があるという解釈で 間違いないですか? それとも全く別物で…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年2月14日 00:39

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「纏向遺跡」のつながり調べ

  • オオカムヅミ

    オオカムヅミから見た纒向遺跡

    平成22年、奈良県の纒向遺跡(まきむく)で3世紀前半と推測される土坑から、2千個以上の桃の種が出土した。祭祀に使われたものとされ、この頃には日本にも、桃に対する信仰が伝来していたと考えられる。平安時代になると、追儺(ついな、節分の起源)で鬼を追うための桃弓や桃杖が使われ、正月には桃の木片で、卯槌(うづち)というお守りが作られた。(オオカムヅミ フレッシュアイペディアより)

  • 石野博信

    石野博信から見た纒向遺跡

    石野 博信(いしの ひろのぶ、1933年 - )は日本の考古学者。主として古墳時代を研究領域としており、とくに纒向遺跡の発掘調査に携わったことで知られる。(石野博信 フレッシュアイペディアより)

「纏向遺跡」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「纒向遺跡」のニューストピックワード