前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • 纒向型前方後円墳

    纒向型前方後円墳から見た纒向遺跡纒向遺跡

    奈良県立橿原考古学研究所の寺沢薫は、1988年(昭和63年)、奈良県桜井市の纒向遺跡に所在する纒向石塚古墳や纒向矢塚古墳、千葉県市原市の神門古墳群中の神門(ごうど)4号墳・5号墳、福岡県小郡市の津古生掛古墳など墳丘形状が前方後円形をとる墳丘墓を「纒向型前方後円墳」として抽出し、これらの墳墓が箸墓古墳や椿井大塚山古墳に代表される定型化した前方後円墳の成立以前および成立期に、「初期ヤマト政権の中枢たる纒向遺跡との政治的、祭祀的関係のもとに成立した」との見解を示した。纒向型前方後円墳 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向編年

    纒向編年から見た纒向遺跡纒向遺跡

    纒向編年(まきむくへんねん)とは、日本の奈良県桜井市に所在する纒向遺跡において、発掘調査を担当した石野博信と関川尚功による纒向遺跡出土の弥生土器・土師器を分類・整理して得られた編年である。1類から5類に区分される。纒向編年 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマト王権

    ヤマト王権から見た纒向遺跡纒向遺跡

    武光によれば、古代人は三輪山の麓一帯を「大和(やまと)」と呼び、これは奈良盆地の「飛鳥」や「斑鳩」といったほかの地域と区別された呼称で、今日のように奈良県全体を「大和」と呼ぶ用語法は7世紀にならないと出現しなかったとする。纒向遺跡を「大和朝廷」発祥の地と考える武光は、纒向一帯を「古代都市『大和』」と呼んでいる。ヤマト王権 フレッシュアイペディアより)

  • 纏向古墳群

    纏向古墳群から見た纒向遺跡纒向遺跡

    「オオヤマト古墳集団」は、奈良盆地の南東部に所在し、北から、萱生古墳群、柳本古墳群、纒向古墳群、磯城の古墳の4グループに分類され、本古墳群は、天理市から桜井市の「山辺の道」沿いに広がる柳本古墳群の南、かつての「水垣郷」に位置し、広大な纒向遺跡のなかに分布する。地形的には、珠城山丘陵によって柳本古墳群とは分断される。纏向古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • イヅカ古墳

    イヅカ古墳から見た纒向遺跡纒向遺跡

    纒向遺跡第119次調査の国道169号線バイパス建設に伴い発見。イヅカ古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 寺沢薫

    寺沢薫から見た纒向遺跡纒向遺跡

    主要な研究テーマは、考古学視点からの国家形成史、農業史、比較文化史である。纒向遺跡についても重要な見解を展開している。とくに弥生墳丘墓や纏向型前方後円墳、出現期古墳に関する研究では第一人者であり、土器型式に関して「布留0式」を提唱したことで知られる。寺沢薫 フレッシュアイペディアより)

  • 関川尚功

    関川尚功から見た纒向遺跡纒向遺跡

    関川 尚功(せきがわ ひさよし)は日本の考古学者。橿原考古学研究所の所員として纒向遺跡の発掘調査に携わり、石野博信とともに報告書『纒向』を著した。関川尚功 フレッシュアイペディアより)

  • 纒向古墳群

    纒向古墳群から見た纒向遺跡纒向遺跡

    「オオヤマト古墳集団」は、奈良盆地の南東部に所在し、北から、萱生古墳群、柳本古墳群、纒向古墳群、磯城の古墳の4グループに分類され、本古墳群は、天理市から桜井市の「山辺の道」沿いに広がる柳本古墳群の南、かつての「水垣郷」に位置し、広大な纒向遺跡のなかに分布する。地形的には、珠城山丘陵によって柳本古墳群とは分断される。纒向古墳群 フレッシュアイペディアより)

  • 石野博信

    石野博信から見た纒向遺跡纒向遺跡

    石野 博信(いしの ひろのぶ、1933年 - )は日本の考古学者。主として古墳時代を研究領域としており、とくに纒向遺跡の発掘調査に携わったことで知られる。石野博信 フレッシュアイペディアより)

  • オオカムヅミ

    オオカムヅミから見た纒向遺跡纒向遺跡

    平成22年、奈良県の纒向遺跡(まきむく)で3世紀前半と推測される土坑から、2千個以上の桃の種が出土した。祭祀に使われたものとされ、この頃には日本にも、桃に対する信仰が伝来していたと考えられる。平安時代になると、追儺(ついな、節分の起源)で鬼を追うための桃弓や桃杖が使われ、正月には桃の木片で、卯槌(うづち)というお守りが作られた。オオカムヅミ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「纒向遺跡」のニューストピックワード