1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示
  • 箸墓古墳

    箸墓古墳から見た纒向遺跡纒向遺跡

    纒向遺跡の箸中に所在する箸中古墳群の盟主的古墳であり、出現期古墳の中でも最古級と考えられており3世紀半ばすぎの大型の前方後円墳である。この古墳を、『魏志』倭人伝が伝える倭国の女王「卑弥呼」の墓とする(邪馬台国畿内説)説もある。従来、構築年代が3世紀末から4世紀初頭であり卑弥呼が死亡したされる3世紀前半との時期にずれがあるためその可能性は少ないといわれてきたが、最近年輪年代法や炭素年代測定法による年代推定を反映して古墳時代の開始年代を従来より早める説が提唱されており、箸墓古墳の築造年代を卑弥呼の没年(248年頃)に近い3世紀の中頃から後半と見る説も出てきている。箸墓古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井線

    桜井線から見た纒向遺跡纒向遺跡

    天理駅を出て高架を降りてしばらく南下すると長柄駅・柳本駅・巻向駅と続く。巻向駅は左カーブの曲線部にあり、駅の目の前は邪馬台国の宮殿であった可能性のある纒向遺跡がある。現地説明会が行われた際には、多くの考古学ファンが詰めかけた。巻向駅から緩やかな下り勾配を進み、右手に大きな鳥居が見えてくると三輪駅に至る。大神神社の参道が駅前まで続いており、特に年末年始は多くの初詣客が訪れる。桜井線 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見た纒向遺跡纒向遺跡

    邪馬台国ともされる纒向遺跡において卑弥呼と同時代の大型建物跡が見つかったと桜井市教育委員会が発表。2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居

    鳥居から見た纒向遺跡纒向遺跡

    現在の雲南省とビルマとの国境地帯に住むアカ族(英語:Akha、中国ではハニ族)の「パトォー・ピー(精霊の門)」という村の入口の門では、上に木彫りらしき鳥が置かれることや、鳥を模した造形物を飾る風習もあることが実地を調査した研究者から報告されていることから、日本の神社でよく見られる「鳥居」の原型は、アカ族らが長江流域から南下、避難してくる前、長江流域に住んでいた時代(百越人であった時代)の「鳥居」ではないのか、という説もある。アカ族の村の門には鳥の木形が置かれるが、同様の鳥の木形は日本での稲作文化の始まりとされる弥生時代の遺蹟である池上・曽根遺跡や纒向遺跡でも見つかっており、また他にも多くの遺蹟でも同様である。鳥居 フレッシュアイペディアより)

  • 苅谷 俊介

    苅谷俊介から見た纒向遺跡纒向遺跡

    高校在学中に、学校の近所の発掘現場に通ったことがきっかけで考古学に興味を持つ。俳優となり考古学からは一時遠ざかっていたが、石原プロの社長(当時)であった石原裕次郎の新居建設現場から多数の土器を含む遺跡が出土したことを契機に、再び考古学への情熱が再燃。石原プロの副社長(当時)の渡哲也に事情を説明して所属していた石原プロを円満退社。「考古学研究のため」とはどうしても言えなかったため、表向きの名目はあくまで「独立して俳優をやりたい」ということであった。その後、俳優活動の傍ら考古学の研究を続けており、論文も発表している。邪馬台国の有力候補地である纒向遺跡の調査・研究は20年以上に及ぶ。苅谷俊介 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示

「纒向遺跡」のニューストピックワード